2014年03月15日

 春黄金花


 裏庭のサンシュユが今年は花を沢山
 付けました。小さな苗木を頂戴し植え
 たものですが、かれこれ3~4年経つで
 しょうか、しっかり根を張ったようです。

別名 『ハルコガネバナ』 早春に地味ながらも黄色い小さな
花がつくことからそう呼ばれたものでしょう。花にあやかって
コガネが溜まると良いですねえ。風水的には西に黄色いもの
があると良いのだとか、正にこの木は芋乃市場の西側にあり
ます。まあ、その手の 『ウラナイ』 の類は一切信じていま
せんので、信じぬものは救われますまい。

植物は偉いものです、一所に根を下ろしたらそこがどれだけ
厳しい環境でも生きることに一所懸命です。特に今年の冬は
難儀だったことでしょう、それでもグズグズ言うことも無くがっ
しりと生きている様に感心します。そういった生きざまにこそ
学ぶ点が多くあると思いますので、占いなどに寄りかからず、
自分の足の裏にリキを入れて頑張って稼ぎましょう。

posted by かまなりや at 17:55| 哲・考・生