2014年04月23日

 ぬかおこし


 冬の間、眠らせていた糠床が目を覚ま
 してきましたので、生糠を足し塩を振り
 よーくかき混ぜてから大根を漬け混んで
 起こしにかかりました。

秘訣などありはしないのですが、経験的に私はお猪口に一杯
ほどの清酒を加えてかき混ぜます。こうすることで糠の乳酸
菌に刺激を加えるとともに、まだ活性が上がらず発酵が遅い
糠でもまあまあ漬かります。

あとは陽気が暑くなるのを待つばかり、25℃を超えてくれば
みるみる活性も上がり忙しいほどになります。そのころには
夏の野菜も美味しくなり、糠漬けのシーズン本番です。

ああ、瓜の糠漬けが食べたい。

posted by かまなりや at 17:08| 梅干し・漬物・保存食