2014年05月07日

 おにぎり


 握り飯というものは実に美味いもの
 です。私のお握りはまん丸型、三角
 も俵も握れますがやはり地球の恵み
 は、星のように丸くあるべきです。

そして、どんな形でもしっかりと握ったものが好きです。
食べている間にポロポロするのは嫌です。なるだけ、表面
はしっかり中はふんわりするように心がけます。お寿司の
ように中に少し空気を残すのがコツでしょうか。

海苔は直巻き、隙間なくびっしりと埋め尽くし、ご飯の水分
で海苔がしんなりしたらいただきます。中身は無くても構わ
ず、塩をきちんと効かせ米と海苔の味を噛みしめます。大き
なものを握るなら、梅干し、こぶ、鮭などの具を勘案します
が一等はやはり 『おかか』 これに勝る物は在りません。

真っ黒いまん丸なお握りをみていると、これが地球なら我々
はこの海苔くらいの存在なのだろうなあと思います。地球の
中はほとんどがマントルという鉄とニッケルの塊であるとか。

地球の生物は美しいですが、ずいぶん薄っぺらいところに
貼りつくように生きているのですなぁ。

つくづく、地殻活動の安定を願うばかりです。

posted by かまなりや at 16:58| 哲・考・生