2018年12月08日

 でんきがま




出稽古先の江戸川の施設の窯は小振りな電気窯なのですが、プログラムコントローラという制御版付きのとても便利な窯です。焼成パターンをセッティングしてスイッチを入れるとその通りに昇温してくれて、希望の温度で自動的に止まります。ある温度で一定時間温度を保持することも可能、24時間以内ならタイマーで点火時間を予約することもできます。とーっても、お利口さんなのです。

ずぶずぶマニュアルな灯油窯を焚いている私は最初は心配で心配で窯の側を離れるのが不安でしたが、今はすっかり慣れてしまって、これっきりボタンを押した後は他の仕事に没頭しています。何とも便利な世の中になったものですが、この窯は酸化焼成しかできません。オプションでバーナーを設置すれば還元もできるらしいですが、さすがに窯内の還元雰囲気(炭酸ガス濃度)は制御できますまい。

然しながらこの窯、実にいい仕事をしてくれます。織部や黄瀬戸、朱泥の焼き締めなどには重宝な窯です。備前の火襷などにも持って来いだと思いますが、いかんせん街中の住宅街ですので、藁をぐるぐる巻きにした作品を焼いて煙を出したら、消防車が素っ飛んで来てしまうでしょうねぇ。試しに今度ひと窯ヒダスキで焚いてみましょうか。

即刻、閑を出されるでしょうね・・・ やめときましょう。

posted by かまなりや at 18:44| 焼きもの

2018年11月18日

 がいし




碍子が好きで、電信柱やちょっと古い建物の配線を見るとマニア心がときめきます。家庭屋内配線ではすっかり使われなくなってしまった碍子引きですが、高圧電線などでは未だに磁器製の絶縁体として他の追随を許さない独壇場です。

画像は今年の秋の益子土祭で見た工場跡地の配線、ブレーカー型の配電盤が普及する以前の美しい配置に胸が躍りました。工業製品としての陶磁器をランキングするとしたら、第3位は建築タイル、そして2位は碍子でしょう。では、第1位はというと、やはり衛生陶器でしょうねぇ。さしもの碍子も日本のお便器の技術には歯が立ちますまい。然しながら、日本の鋳込み製法絶縁碍子は素晴らしい技術であり、あちこちの電線でけなげに絶縁している姿を見ると、我がことのように誇らしく感じます。

がんばれ、碍子。

posted by かまなりや at 18:18| 焼きもの

2018年11月08日

 ちょこ




先日5日に益子の陶器市で買った、猪口形のぐい呑みです。作者は、見目陶園(けんもくとうえん)の見目木実(けんもくこのみ)さん。すーっと挽いた轆轤は力みが無く、とても大らかなロクロ目で、砂目の赤土に白化粧がこれまたサックリとかかって小気味の良い景色を作っています。お酒を注いで呑んでみると口縁の山道も口当たりが心地よく、持ち重りせずしっくりと手に馴染みます。多分ですが、作家さんがほぼ無意識にたくさんの品物を作っているうちに生まれた一つでしょう。

大正から昭和にかけて、とある哲学者が民芸と称して職人の仕事をひと括りに論じたことがありましたが、現代の工芸界は多彩に発展し、一昔前の民芸論は時代にマッチしなくなったように思います。哲学者が『無学』と称した職人さん達は今はひとかどの作家として自覚、自立しています。益子は今でも民芸の里などと云われていますが、陶器市を歩いてみて感じるのは、個性ある作家さん達と活気ある窯元さんの協力関係が調和した自由な雰囲気です。

このぐい呑みにも民芸の『数多く作る中に健康な美が宿る』という美意識は、遺伝子として内包されているとは思いますが、作家個人の製作過程のフィルターを通ることで昇華されているように感じます。それゆえに、益子の作家さん達が民芸の『手仕事の美』を各自咀嚼した上で自己の製作理路を優先して作る作品は、個々に魅力的で好ましく思います。

昭和は過ぎ、平成も終わります。来る新時代、益子焼がどのように進化するのかはわかりませんが、これからの時代を同じ時間軸で過ごしていけることは、末席ながら陶器に携わる者として果報この上もありません。


posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2018年10月18日

 ふなむし




骨董趣味の生徒さんから、じわりと漏るんだよねぇとご相談を受けた備前焼の花入れです。食器用の防水財を施してみましたが、どうやら縦にヒビが入っているらしく防水剤では止まりそうもありません。でも、中々珍しい形の花入れですので写真を撮らせていただきました。この形は備前では『船虫』と言います。瀬戸内の片上湾が近い備前伊部の里らしい造形です。両脇に付いたもにょもにょした造形がフナムシの形を象徴しているのでしょう。

控えめにかかった胡麻(灰が溶けた自然釉)も何となく虫っぽくて愛らしい逸品です。そんな有機的な備前にぽんと一輪秋の野花でも挿して眺めるのも乙な物でしょう。良い物を見せていただきました。

posted by かまなりや at 16:29| 焼きもの

2018年10月17日

 こひき




長野県泰阜で作陶している工房草來舎さんの作品展を観に、品川へ行ってきました。女房も時間が合うというので夫婦連れ立って横浜から京浜急行快特であっという間に品川着。ちょうど大越さんご夫婦もいらっしゃり、更に懐かしい人とも会うことができて、ちょっと楽しい時間を過ごしてきました。

画像は展示会で買い求めた『粉引き』のぐい呑みです。折り良く長野須玉遠藤酒造の清酒『渓流』の純米があったので自作の片口でお燗をし、大越さんらしい端正なロクロのぐい呑みできゅーっといただきました。頗る、美味でした。年々、無駄を削いだ作風になっていくようにお見受けするお二人の仕事ですが、釉薬の工夫から化粧がけ、また登り窯という薪窯の仕事はいよいよ年季が入って作品に渋みが増しているように思います。

飽きの来ない品物を生むのは難儀なことですが、このぐい呑みは正にそういうお仕事。長く使うことでしっくりと使う側の手と口に馴染み、化粧の地に雨漏りの景色なども表出して、こなれてくることでしょう。それまで、じっくりと座右に置いて楽しみましょう。そうしてこちらが歳をとるとともに器にも時代が付いてきたら、若さん好みということで桐箱を誂えて、作家さんと私とで仰々しく箱書きなどしたためて、鑑定団にでも高く売りましょうか。

うっしっしっし。

posted by かまなりや at 18:50| 焼きもの

2018年10月09日

 とうごう




先日益子で見た風景。

信号待ちをしているトラックの荷台に、むき出しの陶土がどさりと山積みされていました。いかにも『陶郷』といった風情があって、運転席からiPadでパチリと写真を撮りました。

いつ伺っても、ホッとする町です。

posted by かまなりや at 18:08| 焼きもの

2018年09月21日

 スエモノ




今月の芋乃市場で展示をして下さる市橋晴菜さんの陶器が焼き上がりました。メインは絵ですが、市橋さんの作る陶器の人形(ヒトガタ)も、とても魅力的です。ムニョムニョしたのは形が面白く、顔がある大きなものは不思議な知的生命体といった印象、土偶のような作品は人型をしていながらもどこか無機的な偶像に見えます。

今月の芋乃市場は25日火曜日から、市橋さんの不思議世界をぜひお楽しみ願います。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2018年09月16日

 窯再開




猛暑の8月は窯を焚く気になれず、ひと窯も焚きませんでした。9月になって涼やかになたことと、作品が積もり始めたのでせっせと焚いています。この連休も休まず仕事をしていますが、明日の敬老の日は仕入方々益子の土祭(ヒジサイ)へ行ってこようと思います。

お相撲の秋場所が白熱していますねぇ、今日は中日であと一週間の場所ですが、楽しめそうです。

画像の『テッポウ厳禁』は国技館ではお目にかかれません。気になる人は検索してみて下さい。

posted by かまなりや at 18:48| 焼きもの

2018年06月20日

 ふうりん




小さな陶器製の風鈴を貰いました。明治ブルガリアヨーグルトのおまけのようですが、色々に検索しても情報がありません。画像での検索も試みましたが照合しませんので、同定は諦めました。故にどのような経緯で配られたものかは判然としませんが、何にもせ商品キャンペーンの一環であろう事は疑う余地も無く、増して風鈴ですから夏場のものでしょう。

小さなものだけに音色は高音ですが音は小さめで、ちりちりとかわいい音がします。蒐集物ですから提げて使う気は無く、珍品陶器として宝箱に仕舞っておきましょう。職業柄へんてこな陶器を見つけると欲しくてならず、けっこうな珍品逸品を持っています。例えば『未使用の蛸壺』とか、『陶器の手榴弾』とか。いずれ纏めてご披露できるようにしようかとも思います。(いつよ?)

そんなサイトができましたら、いの一番にこの日報でお知らせします。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2018年06月14日

 つくろい




女将が粗相をして欠いてしまったお気に入りの皿を直して呉れろと云うので、金繕いをしてみました。本来なら、漆を使って直すのですが、そんな本格的なやり方はコスト高ですし、漆にもかぶれるのでケミカルな接着剤で代用したインチキ繕いです。

まずは欠けた部品を陶磁器用のエポキシ接着剤で補修、その後にタイル用のパテで隙間を埋めます。それらが程々に硬化したところでヒビの上にやはり接着剤を塗り、金箔ならぬ洋箔(真鍮箔)を蒔絵のように貼って出来上がり。見た目は洒落た金繕いですが、きっと長く使っているうちには箔が剥げてしまうでしょう。まあそれでも、一応は使える状態になりましたので良しとしましょう。

お気に入りの器は、直し直しでも長く使いたいものですよね。 

関連記事 2014年7月15日 ましこやき

posted by かまなりや at 18:27| 焼きもの

2018年06月07日

 こひき




先日、京都の料理家高谷亜由さんにいただいた京都豆政の豆を粉引きの小皿に盛り付けてお八つにいただきました。さすがに老舗の豆菓子は美味い!豆好きにはとても嬉しいお土産でした。

『粉引き』は所謂化粧陶器で、鉄分の強い赤土に白い土を全体にコーティングして白く見せるファンデーションのような技法です。部分的に塗りつける刷毛目、模様を彫って埋め込む象嵌とともに人気のある化粧技法ですが、縁が欠けやすい、シミができやすいという弱点もあり、苦手な人も見受けます。韓国から伝播した技法と伝えられていますが、白い肌の磁器を焼く前の時代に発達して一つの様式になった化粧は日本でも九州沖縄に多く見られます。

画像のものは長野の友人大越夫妻の作品です。窯変模様の緋色(御本)がアクセントになって良い感じです。そんな大越夫妻の工房『草来舎』の作品展が東京日本橋高島屋で開催中!薪窯を使った豪放な花入れや、丁寧なろくろの日常食器など、使いやすさを追求する作風は民芸調でありつつも、お二人の個性がきちんと表現された器は暮らしに役立つ逸品ぞろい。おすすめです!

詳しくは工房草来舎のサイトからどうぞ。

posted by かまなりや at 18:02| 焼きもの

2018年05月30日

 マルちゃんマグ



ヤフオクで見つけ、ついつい買ってしまいました『マルちゃんのマグカップ』大好きなキャラクターマルちゃんの1962年当時の姿が意識されたデザインですが、三面に上絵付けされたこちらはメーカーのCIロゴ Smiles for All.


持ち手を右にした面は『いただきます』


くるりと回して持ち手を左にした面は『ごちそうさま』

実に小粋な趣向になっていて、眺めて使って楽しい逸品になっています。最近アールグレイ紅茶のミルクティーがとても気に入っていて大振りのカップで午後のおやつにお煎餅をかじりながら飲んでます。このカップも大振りですので、紅茶を淹れて牛乳をたっぷり入れて飲みましょう。

焼き物屋の癖に面白いものがあると買っているので女房には呆れられています。特に麺メーカーのキャラクターには弱いのでまた何か見つければ買っちゃうかな〜、とりあえず割れてしまった時に備えて、もう一つ同じ物を入札しておきましょう。

posted by かまなりや at 18:00| 焼きもの

2018年05月27日

 みこみ




お茶道の拝見の作法で茶碗の内側を『見込み』と言いますが、これは覗き込む仕草からそう呼ばれるのだという説があります。私はてっきり削って仕上げる外側の形を見越して内側の印象を優先して轆轤挽きするからだろうと思っていました。まあ、どっちでもいいことなのではありますが、器の見込みの印象というものは眺めていて楽しいものです。特にぐい呑みは、お酒の向こうに見える轆轤目や釉調が良い景色であればあるほどおいしいです。

先日島田市の志戸呂焼利陶窯さんで買ってきたこのぐい呑みは、右回しで挽いた逆さのの字のろくろ目がすっきりと浮かび、意図的に変化をつけたであろう口の歪みが心憎いばかりです。難を云えば高台が普通すぎて少々野暮ったいのですが、まあそこはそれ遠州好みということで了見しましょう。

器の表情は、実に趣き深いものですな〜。

関連記事 2018年5月13日 しどろぐいのみ

posted by かまなりや at 18:45| 焼きもの

2018年05月21日

 か ま




おぎのや』さんの『峠の釜めし』の容器に紙製のものが導入されたということをラジオで耳にし、すわ益子焼の陶器製はなくなってしまうのか?つかもとさん釜を焼くのやめちゃうのか?と少々混乱をきたしましたが、良く調べてみると一部の直営店で紙容器を使用するだけで従来の益子焼の釜が無くなるのではないことを確認し、ホッと胸をなでおろしました。やはり陶器にかかわる身にはこの容器は陶器製であって欲しいです。

然しながら容器としての利便性を鑑みれば軽くて丈夫で環境にもやさしい紙の容器(デザインもすっきりしているではありませんか!)も時代の要求であろうかと思います。いずれ段々と重くてかさばる陶器製は淘汰されてしまうかも知れませんねぇ・・・実際、空いた容器の使い道は少ないですもんねぇ・・・因みに我が家では、せんねん灸の燃えがら入れになっています。

まあ、いますぐどうにかということでもないでしょうから、じっくりとその移り変わりを観察しながら益子焼の釜と一緒に歳をとって行きましょう。

posted by かまなりや at 19:24| 焼きもの

2018年05月13日

 しどろぐいのみ




今月一日に見学させていただいた折に買い求めた『志戸呂焼のぐい呑み』が、箱も整って昨日手元に届きました。昨日は江戸川へ出ていましたので、夜の帰宅後に軽ーく冷やでいただきましたが、この器で呑みました。小ぶりで手になじみ、口当たりがとても滑らかで気持ちの良い器です。心持ち失透した釉はお酒で湿るとねっとりと艶っぽく、地味ながらとても色気のある器だなぁと感じました。

まるで挽き茶の茶碗を小さくしたような姿の一部には飴色の釉がたれて、所謂ナダレの景色を作っています。茶器ならばこちらが正面でしょう。小さいながらも遠州好みの逸品、大事に使って時代が付けばさらに味わい深い器になることでしょう。
 
また一つ、良いコレクションが増えました。うれしい、うれしい。

関連記事 2018年5月1日 しどろやき

posted by かまなりや at 18:18| 焼きもの

2018年05月01日

 しどろやき



浜松へ出ばった帰り道、島田市の『志戸呂利陶窯』さんへ立ち寄り見学させていただきました。窯元二代目の青嶋利陶さんに志戸呂焼について色々とお話を伺い、窯やろくろ場を見せていただきました。大井川鉄道が側を走る山あいの窯場はのどやかな雰囲気で陶器の仕事にはとても似つかわしいなぁと思いました。


乙なぐい呑みを一つ買いました。土味はねっとりとキメ細かく、地薬の釉薬がてろりと溶けていかにも遠州好みといった雰囲気です。几帳面なろくろ挽きながら心持ち口縁に変化をつけている造りが心憎いです。箱をお願いしたのでまだ手元にありませんが、手元に届いたら早速この器でお酒を呑みましょう。

志戸呂は地名では『しとろ』と読むそうですが、陶器はしどろという表記の文献が残っているそうです。静岡県には他に森焼、賤機(しずはた)焼という窯業地があります。愛知の窯業地に比べると少々地味な印象ですが各工房がしっかりと地に足をつけて仕事をしていて好ましい限りです。今回は志戸呂しか廻れませんでしたが次回は森焼や賤機焼にも足を伸ばしてみましょう。

良い勉強ができました。

posted by かまなりや at 00:00| 焼きもの

2018年04月05日

 モミガラ



焼き締め用に使う籾殻を1月に笠間で買ってきました。大きなビニール袋に入って200円という破格(茨城に住んでいた頃はタダで幾らでも貰えた)でしたが雨ざらしで湿気って居り、忙しさにかまけて放ってあったのを先週やっと干し始めました。暖かくなってきたのでこのままではカビが生えて使いにくくなってしまいます、そうなっては200円も高い買い物になって業腹ですので、裏庭にシートを敷いて籾殻を広げました。

かれこれ一週間、お天気も安定して昨日などは暑いくらいでしたのできれいに干しあがりました。さて、これで今年も籾殻を使った炭化の焼き締めが焼けます。年々ワラやモミガラが手に入りにくくなりますが、日本人は稲藁や籾殻をとても重宝に使用してきた民族です。これからも使い続けていきたいものです。

桜の時期に干したので、花びらがたくさん混じってしまいました。まあ、これもまた乙なもの、一緒に焼いてみましょう。

posted by かまなりや at 18:26| 焼きもの

2018年04月04日

 デザート皿



ジョニー(johnnyxxx)こと、増谷考紀さんからのご注文品が出来上がり、昨日納品して来ました。本日から世田谷松陰神社 Grand Arbre(ゴン アルブル)にて個展がスタート。昨日はその搬入にぎりぎりで滑り込みました。


増谷さんのデザインスケッチです。スケッチは有機的な感じですが、私がピリッときたのは『出来るだけフラットに』という文言。これが無ければ手捻りではんなり作りたいところですがこの一言で職人魂にメラメラと火が点き、ビシッと型物で仕上げました。

作家さんご本人もとても気に入ってくださり、早速今日の初日にデザートを盛った写真がジョニーさんのインスタグラムに揚がっていました。増谷さんの個展は本日から2週間、お近くの方はぜひどうぞ。

関連記事 2018年3月25日 つちがた

posted by かまなりや at 16:45| 焼きもの

2018年03月25日

 つちがた




フラットな面の平丸皿のご注文をいただき、試作しています。あくまで試作品ですので土の型での型おこし成型ですが、中々良い感じにできました。型は石膏で作るのが定石ですが、試作で石膏型を作ってそれを使わなくなると石膏の型ばかりが増えてしまい始末に困りますので再生のできる土型が重宝です。

いよいよ量産となったらば、きちんと石膏型を拵えましょう。

posted by かまなりや at 18:14| 焼きもの

2018年03月14日

 珈琲碗




コーヒーを飲む習慣がありません。日本茶、紅茶は頻繁に嗜みますし、麦茶は通年常飲していますのでお茶類は好物です。では、お茶の器は『湯呑み』かといえばそうではなく、コーヒーカップを使っています。熱いお茶を飲むのに持ち手があるのが好ましいからで、この機能性の良さは湯呑みには無いものだなぁと感心しつつお茶をカップで啜っています。

職業柄たくさんのカップを持っているのですが、今のところのお気に入りは画像の三点。左から大きい順に工房草來舎・大越さんの薪窯カップ、砥部焼梅山窯の呉須赤絵、笠間の鯨井円美さんの失透系釉、です。草來舎は質実剛健実直な王道陶器、砥部焼きはずっぽし民芸、鯨井さんのは笠間らしい作家物、これをその日の気分とお茶の種類で選ぶのは日々の楽しみです。

自分の作品は・・・?

案外、使わないんですよねぇ。

posted by かまなりや at 19:34| 焼きもの