2016年08月05日

 中華もり




昨日の記事で紹介した星野物産の 『マルボシ中華そば』 を食べてみました。 美味い! これは及第です。今日はシンプルに鷺沼よしみやさんのそばつゆで 『もり』 でいただきました。細麺でつるっとした茹であがりに縮れ加工が効いて、つゆのからみ良く、とても美味しく感じました。

これで、200円(4人前)は安い。乾麺は日持ちが抜群ですので、買い込んできましょう。

posted by かまなりや at 17:36| そば・うどん・麺類

2016年08月04日

 まるぼし




港北ニュータウンのスーパーロピアで、見慣れない中華乾麺を発見。細打ちのストレート麺で、よく見ると細かなウェーブ処理がしてあり、縮れ加工を付けてあります。見るからに麺数寄を惹きつける心憎い小技が効いています。一人前一把80gの四把入りで200円前後という廉価、迷わず買いました。

製造は群馬の星野物産。 さて、お味の方はいかがでしょうか、明日食べてみましょう。

posted by かまなりや at 17:19| そば・うどん・麺類

2016年07月18日

 lasagna




先日打ったパスタ皮を使って、ラザニアを女将が焼きました。美味かったです。はじめて使うデュラム粉だったので少々心配ではありましたが、打った感触は上々でしたのでまずは大丈夫だろうと思ってはいましたがやはり食べてみないことにはその真価はわかりません。結句、及第の味で満足です。

カプートのリマチナータ、これからも贔屓にしましょう。

画像は女将りえ子がスマートホンで撮ったものです。あたしのきたねぇ手が写っていてスミマセン。

関連記事 2016年7月15日 生パスタ

posted by かまなりや at 17:01| そば・うどん・麺類

2016年07月15日

 生パスタ



ずいぶん久しぶりにパスタを打ちました、ラザニアの皮です。麺線に切らない分、手間はかかりませんが何分久しぶりなのでちょっと緊張しつつ、でも、打ち始めればカンがよみがえり、きれいなラザニアシートができました。


ここの所しばらく打っていなかったのは良い粉が手に入らなかったからです。重宝に使っていたディチェコのデュラム粉がネットショップから消えてしまい、意気消沈していたのですが新しくカプートというメーカーの粉が出回り始めました。試しに取り寄せて打ったのが今日のパスタですが、粉の香りも良く挽き具合も細かめで良い感じでした。

明後日、芋乃市場のベンガラ染め教室の参加者の皆さんと夕飯に頂く予定です。生のパスタはモッチリ感が格別です。特にラザニアのようなソースたっぷりのお料理には最適。乾麺パスタに慣れた方には硬さが物足りないかもしれませんが、生のパスタは打たないと中々口にできないものですので、明後日の参加者の皆さんにはその辺を味わっていただけたら幸いです。

味が良いようならば、この粉を贔屓にしましょう。そして、切り麺のパスタも市場で献立できるように女将と相談しましょう。

posted by かまなりや at 18:56| そば・うどん・麺類

2016年07月06日

 おないどし




有楽町東京交通会館のアンテナショップ 『兵庫わくわく館』 で、イトメンのチャンポンめんを発見!迷わず買いました。即席ラーメン図鑑で見知ってはいたものの、食べたことのなかった即席麺ですが、イトメンという変わった名前と、イメージキャラクターのトンボのイラストが印象的で、いつか関西へ行くことがあれば買いたいものだと思っていた袋麺です。早速作って食べてみましたが、名称と相反してチャンポンのようなとんこつこってり味ではなく意外や薄味の塩ラーメン。でもダシはしっかりしているので物足りなさはありません。メーカーのサイトで調べてみると、あっさりした味なのでどんな具材にも合わせやすいことからチャンポンという命名になったのだとか。

発売開始は何と1963年(昭和38年)私と同い年です。関東では全く流通していない模様ですが、メーカーの通販サイトで買えますし、アマゾンでも売ってました。昨今、とんこつ醤油に代表されるような濃ゆい味の物が主流のようですが、薄味の中に滋味のある物こそが本当の美食と云えましょう。贔屓にさせていただきましょう。

がんばれ イトメン チャンポンめん、これからも一緒に歳をとっていきましょう。

posted by かまなりや at 19:07| そば・うどん・麺類

2016年06月29日

 夏のそば




自分で打ったそばを久しぶりにゆっくり食べました。とは言え、売り物にならなくなった残りそばで足がつくギリギリくらいの物です。でも、美味しかったです。昨年は益子の秋ソバが不作で、今年のこの時季はたいそう厳しい状況です。でも暑い時分ほど、さっぱりと冷たいもりそばが食べたくなるもの。厳しい環境でも、打つ側の愛と技術で乗り切って美味しいおそばを打ちましょう。そして、秋の新ソバが出るのを待ちましょう。

今年は、豊作でありますように。

posted by かまなりや at 18:07| そば・うどん・麺類

2016年05月23日

 うどん




今月の芋乃市場用に、うどんを打ちました。本業の繁忙に圧迫されて、3月4月は芋乃市場用のうどんを打ちませんでしたが、今月はうどんメニューも召し上がっていただけます。

香川県産 『さぬきの夢』 と食塩水だけで打った、混じりっ気無しのうどんをご賞味願います。5月の芋乃市場は明後日25日からです、皆様のお越しをお待ちいたしております。

posted by かまなりや at 18:42| そば・うどん・麺類

2016年04月29日

 すなほ




今朝も心素直におそばを打ちました。昨秋の益子産常陸秋蕎麦は、不作を通り越して凶作と云ってよいほどの作柄だそうで、贔屓の製粉所さんも頭が痛い様子でした。先月分までは単味の粉を売ってもらえたのですが、今月分からはストックしていたものとのブレンド・・・あまり悪くは云いたくないですが、香りが物足りません。

良い粉は実に馥郁としたナッツのような香りがあるのですが、今月の粉はほとんど香りません・・・味や手触りはまあまあなのですが、一等とは言い難い状態。まあでも、こういう年もあるのがこの世界ですから、職人魂を奮い立たせて、せめて真っ直ぐにきれいな麺を打ってお客様にご提供いたしましょう。

今月の芋乃市場は明日30日まで、皆様のお越しをお待ちしております。

posted by かまなりや at 19:01| そば・うどん・麺類

2016年04月19日

 199




昨日のこと、備蓄麺類を仕入れに港北インター傍のスーパー 『ロピア』 へ、出向きました。ここは、マルちゃんの 『昔ながらの中華そば』 シリーズが安く、重宝しています。ついでに生麺の冷し中華を買おうと売り場へまわってびつくり、何と4食入りのものが199円という安価で売られていました。普通は3食入りで198円くらいですので、安かろう不味かろうではと訝しみつつも買って帰り食べてみると、どうしてどうして美味かったです。

ロピアというスーパーは神奈川県以外は千葉と東京にぽつりぽつりとしかないマイナーなスーパーですが、元がお肉屋さんだという経緯もあり肉の品揃えに定評があります。神奈川にいらした際には、ちょいと覗いてみて下さい。

posted by かまなりや at 21:08| そば・うどん・麺類

2016年04月01日

 はじめました




年度が明けて陽気も良くなりましたので、昼食のお献立に冷し中華を解禁し、美味しくいただきました。いつもながら具は一切無しの 『かけ冷し中華』 です。

これからどんどん陽気がよくなって、そうめんや冷麦も美味しくなりますねぇ〜。

実に、楽しみです。

posted by かまなりや at 00:00| そば・うどん・麺類

2016年03月06日

 まんぷく




先日の献血の帰り道、お昼を食べに寄った上星川の中華料理店。昔からあるいかにも中華飯店といった有り体な店ですが、ずっと気にかけていた店でした。その名も 『満腹亭』 さてどんなもんかいなと店に入れば、言っちゃあ申し訳ないですがきたねぇ店内、雑然としたカウンターに灰皿は山積み。こりゃぁ繁忙時はタバコ臭くて食事にならんぞと腹の中でひとりごちながら、昼過ぎの中途半端な時間とて他に客はおらず、神奈川生まれのサンマ―メン(680円)を食べてきました。

いやぁ、期待していなかったのですが麺も具もとても美味しくてびつくり、とてもバランスのとれたお料理でした、さらに安いときますから頭の中では 『のど自慢』 の合格の鐘が鳴り響きました。会計の時に店主の方(画像左奥でニヤリとしているチョビ髭のあんちゃん)と少しお話しましたが、みごとなチャイナ訛りの日本語でした。

満腹亭、ぜひにももう一度いや二度三度赴きましょう、今度は焼きそば系列を食べてみましょうか。献立が頗る豊富なのも嬉しいです、でも、なるべく混んでないときに行きましょう。たった一人でも喫煙者が居れば、美味しいものも台無しになってしまいますからねぇ。

上星川 『満腹亭』 いい〜シゴトです。

posted by かまなりや at 18:38| そば・うどん・麺類

2016年02月18日

 ダブル




久しぶりにマルちゃんのダブルラーメン(塩)を食べました。特段の美食ではありませんが、北海道でしか手に入らない限定品の喜びと、二食入りの嬉しさで幸せ度は正にダブル!即席麺とは云え、豊かな昼食になりました。

こんな小さなことで、気分はずいぶん変わるもので、『気』 が好ましければ一事が万事良い方向へ進むように思います。

北海道から買ってきてくれたヤマシタ君、サンキュー(べーやん)

posted by かまなりや at 18:25| そば・うどん・麺類

2016年01月28日

 たまごとじ




昨日の売れ残りのおそばを、お昼に 『玉子とじ』 にして食べました。玉子とじは比較的簡単な種物ですが、シンプルなだけに難しく、おそば屋さんの力量が解る献立だといわれます。つゆの濃さ、玉子のふわふわ加減、おそばのタイミング、作ってみるとなるほど細やかさが必要な献立です。

まあ、自分で食べるのですからうるさいことは云いっこなしで、沸騰したつゆに溶き玉子を流しいれてふわりとしたところでそばにかけ廻し、海苔と三つ葉(今日はセリ)を乗せてできあがり。美味しくいただきました。

生玉子をぽかりと乗せた 『月見』 も乙ですが、絶妙に火を通した玉子とじもまた、乙の上にも乙ですな。

また一つ、お命頂戴しました、な〜む〜。

posted by かまなりや at 18:11| そば・うどん・麺類

2016年01月25日

 零 下




今朝は横浜も頗る冷え込んで、なまら寒い朝でした。工房の寒暖計は零下1℃、作品が凍らないように早朝にストーブを点け、次いでおそばを打ちに市場へ行くと給湯器は凍ってお湯が出ず、寒さに凍えながらそばを打ちました。本当に寒かった〜。

でも、昨日師匠の仕事に刺激を受けたせいかとても気が乗って打てました。ノリついでに動画を撮っちゃいました、下記のアルバムサイトに揚げてあります。短い動画ですが、お閑な方は覗いてみて下さい。

http://30d.jp/kamanariya/24 合い言葉(PW) いものいちば

さて、明日も冷えることでしょう。明日はうどんとそばを二色打ちます、がんばるべ〜い。

posted by かまなりや at 18:15| そば・うどん・麺類

2016年01月24日

 さぎぬま




明日からの芋乃市場用のつゆを買いに、鷺沼よしみやさんへ行って来ました。お昼をいただき方々ご挨拶をと思いましたが、師匠はちょうど打ち場で製麺中。奥様にご挨拶をしてゆっくりと鴨南そばを堪能してきました。

久しぶりに師匠の仕事を見せていただきましたが、素晴らしい職人芸、美しい!緊張して手ブレしていますが、この二本の巻棒で巻いて打つその量たるや4s(そば粉の量)加水した玉は6s近い生地です。すごい!私が一回に打つ量の2.5倍です。

良い仕事を見せていただき、気持ちが高まりました。明日からの市場のそばも気合を込めて打ちましょう。

みなさまのお越しをお待ちしております。

posted by かまなりや at 18:02| そば・うどん・麺類

2016年01月07日

 阿佐ヶ谷そば会




昨日、賑々しく開催された阿佐ヶ谷そば打ち大会はたいへん盛況でした。ホストのミナミさんご一家は旧知のお友達ですが、近所仲良しさんにお声掛け頂いて総勢12名のご宴会。頗るアットホームな雰囲気の中で楽しくおそばを打たせていただきました。何より、ミナミさんの2人のお子さんがとても好意的且つ積極的にそば打ちに興味を示してくれて、切るところはご一緒に実践していただきました。


こちらお兄さんのYOU君、中々良い手つきで包丁を使って呉れました。(撮影:女将)


こちらは弟さんのSEY君、大胆な包丁使いで楽しんでくれました。(撮影:YOU君 ミナミさんのFBより)

私は焼き物も麺も梅干しもすべからく独学で道を探求していますし、弟子などとる気もありませんが、伝える喜びというものは日々教室等で感じています。昨日も小さな弟子をとった様な気持ちで、一緒にそばを打つ感覚を楽しみました。

ミナミさん、奥様、YOU君、SEY君、楽しい時間、美味しいお酒、ありがとうございました。
またいつでも呼んでください、道具一揃い持ってすっ飛んで伺いまーす。

はい、ここで拍手ー  ワー パチパチパチ!

posted by かまなりや at 19:00| そば・うどん・麺類

2015年12月29日

 地 粉




年越しそば用の割り粉を発注し忘れ、今朝になって気付いたものの間に合わず慌ててららぽーと横浜の富沢商店に買いに走りました。いつも使っている香川や栃木の粉はありませんが、群馬県産の中力粉がありましたので買って来ました。これでまずは一安心です。

でも、 『ぢごな』 の、ぢの字にはインパクトがありますね、ちょっと水戸様がヒリヒリするような・・・。

posted by かまなりや at 17:47| そば・うどん・麺類

2015年12月16日

 たぬき




『たぬきそば』 と 『きつねうどん』 ではどちらが好きかと尋ねられたら、ちと迷いますが、たぬきそばを選びます。関東人ですから、ちょっと黒めのつゆにそばが泳ぎ、揚げ玉が散らされた種物にほどけの良い海苔が乗っていれば云うことはありません。上等な献立ではないですが、町のおそば屋さんには必ずあり、駅そばに至っては黄金メニューです。

駅そば研究家の鈴木弘毅氏は、たぬきそばはその店の実力が一番測りやすいメニューだと云います。天ぷらそばでは油っこい、きつねでは甘みが強い、かけでは物足りない、というのがその理由ですが、流石に全国2,000軒を食べ歩いた強者の言葉には説得力があります。

揚げ玉の状態は意見が分かれるところではありますが、私はもちろん 『やわやわ』派 です。

posted by かまなりや at 18:36| そば・うどん・麺類

2015年11月29日

 そばきり




やっと、新そばをいただきました。自分で打っていながら、商売物のそばは口に入らないことが多く、切りはじめと切りあまりの端そばを試食はしても、ゆっくりと味わうことができないのが実情。でも今日は昨日の残りそばがありましたので、お昼に 『つけトロ』 にしてじっくりと味わいました。

やっぱり、加水がベストとは云えず心もち締まったそばなってしまっていましたが、味は上々。とろろの浮いたつゆでつるつるともりそばを楽しみました。

さて、今月の芋乃市場も明日一日。明朝もはりきって細く打ちましょう。

posted by かまなりや at 17:28| そば・うどん・麺類

2015年11月28日

 そばねり




芋乃市場用の新そばを打ち始めて四日目、やっと適正な加水量が見えてきました。今朝も寒く、水回しから練ってまとめるまでは暖房をつけました。今日は49%の水が入りました、気候のせいばかりではないでしょうがもう少し冷えてきたら50入っちゃうかもしれません。

画像はソバ玉の練り込み、所謂 『菊練り』 これ、まるっきり土の練り方と一緒です。おそば屋さんはこういう練り方はしないでしょうねえ、この作業だけは本業の焼き物屋流です。

私が師と仰ぐ 『鷺沼よしみや』 大塚氏のそのまた師匠は、今は閉じてしまいましたが小田原の名店 『星月』 の諸星氏。氏の流儀はソバを締めないこと。あくまでふんわり打つのが眼目で、私も末席ながらそれを踏襲しているつもりです。毎日食べても体に負担が少なく、白くて細いしなやかなソバ、そんなイメージで日々打っています。

益子産常陸秋そばの秋新粉は、ほんのり青みがあって香りが良く甘くてバランスのとれた良い粉です。今月の市場はあと30日一日だけの営業ですが、ぜひ私の打つ益子の秋新を召し上がりに、足をお運び願います。

posted by かまなりや at 17:44| そば・うどん・麺類