2014年05月02日

 みずづけ


 やってみました、噂の 『水漬け
 パスタ』 麺は贔屓のディチェコの
 フェデリーニ。鍋に水を張って浸す
 こと1時間しんなりふやけました。

これを茹でてみました。もののサイトには1分で茹であがる
とありますが、煮え前嫌いの私には茹で2分と少々の蒸らし
時間が必要でした。噂通り歯ごたえが心なしかもっちりとし
て美味でした。が、まるで生パスタのようだなどという評判
は大袈裟でしょう。

何より、燃料費が少なくて済むのが経済です。この乾麺の
標準の湯で時間は6分ですから、三分の一の燃費です。

時間が短くできるのも良いですね、これはお勧めです!

posted by かまなりや at 17:22| そば・うどん・麺類

2014年04月30日

 そばせんべい


 そば生地を切っていくと、最後の方は
 短いものになってしまいます。これは、
 そば切りとしては選外となってしまうの
 で、敢えて麺線にせず短冊に切ります。

それを油で揚げて煎餅にするとこれがまた美味しいのです。
揚げたてに塩を振り、酒の肴にしますが、後を引くうまさで
ついついポリポリと口に運ぶこととなります。そばなどを手
打ちしているとこういった余禄もあるので果報です。

芋乃酒場などでは突き出しに使ったりしていますが、市場
ではスタッフのおやつ扱い。いつか工夫をしてメニューに
加えましょうか、ちなみにこれもふやかして食べると更に
美味でぃす。

今月の芋乃市場も無事に終了いたしました。
ご来場いただいた皆様には誠にありがとうございました。

posted by かまなりや at 17:57| そば・うどん・麺類

2014年04月28日

 ひやしちゅうか


 昨日今日と、関東横浜も初夏のような
 陽気になって正に行楽日和。 『盆暮
 正月黄金週間』 には一切出かけない
 身には、ただの良いお天気。

コウ陽気が良いと冷やし中華が美味しゅうございます。自分
で作ると一切 『具』 などのせず、ひたすらに麺を楽しむの
ですが、家人が作ると画像のように具だくさん。混ぜて食べる
美味しさは格別ですし、見た目にも華やかで結構なものです。

元祖の冷やし中華はこんもりと三角形に盛り付けたのだとか、
富士山を模したという話です。嘘か本当か神田が発祥だとか。

冷やし中華はトーキョーの味なのですねぇ。

posted by かまなりや at 17:30| そば・うどん・麺類

2014年04月02日

 さとうようすけ


 辛夷と桜が今年もいっぺんに咲き
 ましたので、里芋を蒔き付けました。
 陽気が良かったのでついに食べま
 した、佐藤養助商店の干し饂飩

『かんざし』 ではない稲庭うどんを食べるのは本当に
久しぶりです。増して佐藤養助ですからその口福たる
や特等です。少々長いのが玉に瑕ですが、そのつるつ
る感は手延べ饂飩ならではのなめっこさ、更に稲庭流
の平たい麺はつゆのからみ良く、のどごしも快感でした。

お天気は今夜から荒れ模様になるとか、撒いた芋に
はちょうど良い湿りになることでしょうが、明日鎌倉に
作品を運ぶ私らには悩ましいお天気になりそうです。

何はともあれ、今年も芋畑ができてホッとしました。

posted by かまなりや at 18:14| そば・うどん・麺類

2014年03月07日

 はなうどん


 埼玉県の茂呂山町が練ったり踏んだり
 しないうどんを開発し、町おこしをしてい
 ます。その名も 『華うどん』 Youtube
 動画が揚がっていたので見てみました。

本当に最小限しか練らず、踏みもせず、寝かすこともせずバン
バン伸してどんどん切っちゃいます。一般的には良く踏んで
グルテンの網目構造を作りうどんの腰を保ちますが、そこを
超多加水で補うという理屈。そうすると生地がズルズルで切っ
た麺線がくっついてしまいそうですが、そうはならないから
不思議です。

早く、そして労力もかからずに美味しいうどんが打てるに越し
たことは無いですから、このやり方はかなり画期的です。今度
ぜひ、試してみましょう。幸い先日買った 『イワイノダイチ』 が
ゴマンとありますので試作には事欠きません。

世の中には面白いことを発案する人がいるものですねぇ。

posted by かまなりや at 16:40| そば・うどん・麺類

2014年02月17日

 うどん


 マルちゃん正麺のうどんが中々に美味
 しいです。つるりとしていて、程々に腰も
 あり、平麺でちょっと伸びやすいかなとは
 思いますが茹で時間を鑑みれば合格です。

おつゆのついていない麺だけの製品を10食入りなどで売り出し
てくれないでしょうか。

posted by かまなりや at 17:01| そば・うどん・麺類

2014年01月30日

 麺 飯


 焼そばという麺は実に穀物と相性が良い
 ものです。パンに挟んでよし、お好み焼き
 によし、ご飯によし、きっと饅頭やお餅の
 中に入れても美味でありましょう。

画像は、お昼にいただいた 『焼そばご飯』 盛り付けがカレー
みたいで愉快です。 

差詰め、ソバーライスですかな、ライスソバーでもいいか。

posted by かまなりや at 17:17| そば・うどん・麺類

2014年01月25日

 押出製麺機


 押出し式の手動製麺機をamazonで発見し、
 勇んで買いました。メーカー不肖の商品と
 いうことでしたが、届いてみれば中国製。
 Limai(立麦)というブランドのものでした。

には、Stainless Steel Pressure Surface Machine と書いて
あります。漢字で 『圧面机』 麺じゃないの?と思いつつsurface
という単語を調べると表面と約されています。なるほど面だ。

押出し麺は前々から作ってみたかったので、楽しみです。
パスタ、冷麺、ビーフンなどなど夢は膨らみます。

さてさて、どれほど使えるものでしょう・・・

posted by かまなりや at 16:33| そば・うどん・麺類

2014年01月01日

 年明饂飩


 新年、明けましておめでとうございます。
 関東横浜は快晴の上天気、初日は明るく雲
 ひとつ無い空は青く晴れ渡り、平成26年は
 前途洋々の好発進と存じます。

やってみました、『年明けうどん』 いや〜、イイもんです。麺に
始まり麺に終る。愛麺家としては毎年恒例としたいところ。麺は
もちろん自家製手打ちうどん栃木産イワイノダイチ十割です。

2014年が皆々様にとりましてご繁栄この上ない年となりますよう、
神奈川横浜よりお祈り申し上げます。

本年も、陶房かまなりやを何卒ご贔屓に願いあげ奉ります。

posted by かまなりや at 16:47| そば・うどん・麺類

2013年12月31日

 越年蕎麦


 本年最後の、おそばを打ちました。
 今年は益子産 『常陸秋ソバ』 に、栃木県
 産小麦 『イワイノダイチ』 という下野地粉
 での年越し二八そばです。

さて、今年の厄はそば切りでふっつり払い明日からの新年は細く長く
達者で暮らしましょう。

今年も一年、陶房かまなりやをご贔屓いただき、誠に有難う存じます。

どうぞ皆様、健やかで素晴らしい新年をお迎え願います。

posted by かまなりや at 15:45| そば・うどん・麺類

2013年12月21日

 イワイセウドン


 栃木県産イワイノダイチの手打ちうどんで
 伊勢うどんを作って食べてみました。軟ら
 かめに茹でましたが、さすがに40分は茹で
 ませんでした。 たいそう美味でした。

丼に生卵を割りいれて、茹で上がったうどんを湯切りをしてザッと
盛り、贔屓のみなみ製麺のたれをかけて青葱をトッピング、あとは
混ぜて食べるのみ。ほわほわの軟らか麺ではなくても充分に伊勢
うどんの醍醐味は味わえました。

讃岐には茹でたてのうどんに卵をのせて生醤油を好みでかけ、混ぜ
ていただく 『釜揚げ卵うどん』 通称かまたまがありますが、それの
応用だと考えれば邪道ではありますまい。うどんを打ったら、ちょく
ちょくやりましょう。

posted by かまなりや at 17:06| そば・うどん・麺類

2013年11月30日

 平成25年産


 先日試食して気に入った栃木県産地小麦粉
 『イワイノダイチ』 2013年産を取り寄せました。
 どーんと25s袋です!流石にこれだけの大
 袋になると、デザインも堂々としています。

ほんとうは10sくらいで頼もうと発注先の笠原産業さんへ問い合わ
せをしたら、1sの小袋の上は25sですと、そこは製粉元だけあっ
て他のロットはありませんと膠も無く断られました。そう云われて、
ああさいですかとしっこんだんじゃぁ後生が悪いですから、じゃぁ
その大袋で送っつくんねぇと意地を張って注文したものの、これは
中々に使い出があります。

うどんは元より、ピザ生地、花巻などの蒸しパンに応用して使うこ
とにしましょう。直近では、若林りえ子の食卓えん期間中にこの粉
でうどんを打ちます。どうぞ皆様、栃木の地粉うどんを召し上がりに
いらしてください。

『若林りえ子の食卓えん』 は、12月18〜22日(20休)の4日間です。

関連記事 2013年11月8日 いわいのだいち

posted by かまなりや at 17:21| そば・うどん・麺類

2013年11月23日

 たねもの


 昼に 『天ぷらそば』 をいただきました。
 もちろんそばは自家製手打ち、天ぷらは出来
 合いのものでしたが、コウさぶくなってくると
 温かい種物がことのほか美味しいです。

11月も下旬に入りました、もういつ霜が降りてもおかしくないで
しょう。迂闊にも鼻風邪をひき、ここ二三日難儀しました。症状は
軽くほぼ平癒しましたが、体調など崩せば予定は狂い、詰まらぬ
ものです。

どうぞ皆様、風邪などひかれぬようご自愛願います。

posted by かまなりや at 17:05| そば・うどん・麺類

2013年11月21日

 ましこ


 月初めの栃木出張の際に益子で買ってきた
 新そば粉 『常陸秋ソバ』 を打ってみました。
 とても良い粉です!香りはナッツのようで、
 水を回すとしっとり粘ります。

茹でるとほんのり緑がかりつつも透き通るように白く、プリプリと麺に
弾力があり角がきりりと立って、口に含むと甘みがしっかりしています。
さすが金砂郷在来の後継品種!

いつもブレンドの粉を使用しているせいか、単一品種の粉の清らかさに
我ながら驚きました。1sだけしか買ってこなかったのが悔やまれます。

今年の年越しそばは、この粉に決めましょう。余力があれば、ご注文で
承ります、詳細は暮れが近くなりましたら揚げましょう。

益子産常陸秋ソバ』 優品です。

関連記事 2013年11月5日 三田焼き

posted by かまなりや at 17:20| そば・うどん・麺類

2013年11月08日

 いわいのだいち


 打ってみました。栃木県産中力粉、所謂地粉
 『イワイノダイチ』 手ざわり良く、色はきれいな
 クリーム色、グルテンの粘弾性もしっかりして
 おり 『さぬきの夢』 に引けをとらない粉です。

若干、タンパク質特有の香りが少ないものの関東栃木県にこれほど
良い粉があるというのは嬉しい限り。 『さぬきの夢』 は私のうどんの
筆頭小麦ですが、この 『イワイノダイチ』 も贔屓に使っていこうと
思います。食感はモチモチ感が素晴らしく、のど越しもつるりとして
爽快です。やはり若干、香りがさぬきの夢に比べるとおとなしいです
が、相対評価することの意味は薄いだろうと思います。

いかんせん、今はまだ新小麦粉が出る前の端境期、もう少しで新粉
が出てきます。そうしたらもう一度打ってみて、この粉の持ち味を
生かせるように加水や塩分濃度を調整しましょう。

関東の地粉 『イワイノダイチ』 いい〜 小麦粉です。

茹でて水で締めたイワイノダイチうどん
posted by かまなりや at 17:59| そば・うどん・麺類

2013年11月07日

 かぞうどん


 昨日のこと、館林からの帰り道、埼玉県の加須
 市に立ち寄って 『加須うどん』 を食べてきまし
 た。駅からちょっと東に寄った所の有名店は、町
 の食堂といった雰囲気で中々美味しかったです。

釜揚げうどんを食べましたが、愛麺家としては少々麺が物足りなかっ
たです。好ましかったのは店内が完全禁煙だったこと!地方での外食
はこれが悩ましいのです。田舎へ行くほど、喫煙天国ですからねぇ・・・

地元に歴史のある麺文化があるのは羨ましいです。

加須のうどん文化、大切に伝承していって欲しいなと思いました。

posted by かまなりや at 17:24| そば・うどん・麺類

2013年11月04日

 ちゃんぽん


 最近、フライパンで作るチャンポンというのが
 気に入っています。日清マルちゃんのものを
 良く見かけますが、他のメーカーも出している
 のではないでしょうか。

どちらも食べましたが、甲乙つけがたいデキで両方贔屓にしています。
内容はシンプルで、蒸し麺とスープが入っているだけ。調理も簡単で、
好みの野菜やお肉などを炒めたら水とスープを加え、麺をぶっこんで
ほぐれるほどに煮たらできあがり。蒸し麺なのですぐ火が通ります。
今日はちくわを入れてみました。その名の通り色々な物を好みで混ぜ
る楽しみがあり、蒸し麺の程好いプリプリ感と軟らかさが快感です。

弱点は乾麺と違って日持ちがしないことですが、いっそ冷凍してしま
えばけっこう持つのではと思います。安売りの時に買いだめて凍らし
ておきましょう。冷し中華が売り場から消えて久しい、もの寂しい秋
の夕暮れにはチャンポンを食べて心の穴を埋めましょう。

そんなこといっている間に、暦はもうすぐ 『冬』 ですねぇ。
どうぞ皆様、季節の変わり目、ご自愛願います。

posted by かまなりや at 17:08| そば・うどん・麺類

2013年09月10日

 ハイラーメン


 久しぶりに熱い即席麺を食べました。暑かった
 間は食べたくても、ついぞ敬遠していたもので
 すが、少々涼しくなって意欲が湧きました。久し
 ぶりのインスタントラーメンは美味かったです。

銘柄は 『マルちゃんハイラーメン』 知る人ぞ知る静岡限定販売の袋麺
です。パッケージにも、なつかしの味と謳われている通りシンプルな油揚
げ麺で、尖ったところの無い素朴なスープです。お味は塩味の様にも感じ
ますが、メーカーサイトにはポークと野菜の旨みを効かせた醤油味とあり
ます。

東洋水産はマルちゃん正麺で飛ぶ鳥を落とす勢いですが、こういう素朴な
袋麺も出し続けてほしいものです。静岡限定とは言え、通販では買えます
ので有難味も中くらいではありますが、例えて云えば駅弁といった風情の
ラーメンにいくばくかの旅情を感じつつ食べた一杯は感慨深いものでした。

重陽も過ぎて、だんだんと月も満ちてきます。 秋近し! ですな。

posted by かまなりや at 17:43| そば・うどん・麺類

2013年08月03日

 ごくぼそ


 最近冷し中華の 『極細麺』 というのが売り場を
 賑わしています。もう、幾度も買っては食べていま
 すが実に美味しいです。細いので茹で時間も短く、
 できた麺はつるつると手繰りこめて快感です。

今日は日清ブランドのものをメカブでいただきました。メカブのヌルヌル
とスープの酸味があいまってたいそう美味でした。マルちゃんブランドの
東洋水産からも発売されており、食べ比べてみましたが両方とも美味しく
甲乙付け難いところです。私は酸っぱいのが好みですのでどちらのスープ
にも酢を増量してからしを添えていただきます。

いよいよ北陸東北地方も梅雨が明けました、日本全国夏本番です。さて、
今年の夏は何度冷し中華を食べるでしょう。大の好物ですから勢い頻度は
増すばかりですが、またぞろ胃炎など起こさぬように一気に三人前などと
いう無茶食いは控えましょう。

posted by かまなりや at 17:29| そば・うどん・麺類

2013年07月19日

 さんたて


 おソバは 『三たて』 が美味しいと巷では言われ
 ます。所謂挽きたて、打ちたて、茹でたてですが、
 これはどなたも異論がないでしょう、が、敢えて
 この贅言を要しない神話に異を唱えてみます。

まず 『挽き立て』 石臼製粉行程を細かく知れば玄蕎麦を挽いたものに
はそば殻が混じっていてすぐに食べられる状態ではありません。殻を除い
たヌキから挽いたとしても、甘皮が混入し野趣のある蕎麦にしかなりませ
ん。不味くはないですが、アクの強いものになってしまいます。粉は篩を
通して丁寧に調合をしてこそ美味いのです。敢えて言うなら 『篩いたて』
が良いでしょう。

次に 『打ちたて』 手打ちのお蕎麦は切ってすぐは美味しくないと言わ
れます。おソバ屋さんはこれを包丁下といって少し置いてから茹でます。
麺線から余分な空気を抜くためだそうです。私などは一晩寝かして熟成
したものを美味しいと感じます。

そして 『茹でたて』 茹でてすぐの熱々のお蕎麦はねっとりとして不味くは
ないですがどろりとしています。出雲には釜揚げソバがありますが、蕎麦
粉の多い細打ちはやはり一度水で洗い、ぬめりを取って水を切り、もりな
ら冷水で締めて、あつもりなら湯をかけて、かけでも一度洗ってから温か
い甘汁をかけるのが美味い食べ方だと思います。

さて、この三たて、製粉も打ち方も情報も流通も今のように発達していな
かった頃の神話ですから現代の暮らしにそぐわなくなってしまったのは致
し方ないことでしょう。でも、出前のお蕎麦しか食べられない状況では憧れ
るのも無理からぬこと。重箱の隅をつついて三たてに盾を付きましたが、
広義では意義はありません。きちんと挽いた粉を手打ちして、しっかりと
茹でたお蕎麦は最高です。

でもね、乾麺のおそばでもしっかりと茹でて締めて水を切っておくと茹で
置きも抜群に美味いんですよぉ。画像はお昼に茹でたよしみやさんの乾麺、
涼やかなガラスの小皿に80gほど分けてとって置きました。これからこれに
つゆをぶっ掛けて晩酌の肴にします、焼き海苔を添えてね。

ほ、ほ、果報、果報。

posted by かまなりや at 17:51| そば・うどん・麺類