2018年05月23日

 こうめづけ



今年の生小梅が届き、塩漬けにしました。昨年、ちょっとした手違いで小梅干しが作れなかったので、今年はまとめて15kg買いました。


ひとつひとつ、ヘタの黒い部分をとって(今年はすべて女将がとってくれました)焼酎を軽くまぶし、塩を振りながら樽詰めをして、梅酢が上がったら水重石をかけて漬け込みます。そうしたらあとは夏土用を待つばかり、今年の夏土用の入りは7月20の丑の日、梅雨が明けたら干しましょう。


販売開始は9月〜10月の予定です。

posted by かまなりや at 18:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月14日

 こうめ




今年も梅干用生梅の注文受付が始まり、昨年漬けることのできなかった『小梅』を15kg注文しました。実は、今年は梅も開花と結実が早く、いつもより早く注文の受付が始まりました。気づいて贔屓の梅農家のサイトを確認したら『十郎』は売り切れ!辛くも小梅は注文できましたが危ないところでした。

天候が不順で、昨年も8月は雨が多く涼しい気候でしたので梅仕事は難儀しました。今年はどのような天候になるやら予想もできませんが、兎に角まずは塩漬けにして暑くなるのを待つしか手はありますまい。梅はまだ届いていませんが、生梅が届いたら早速下ごしらえをして漬けましょう。

暦は立夏を過ぎて、いよいよ夏が近づいてきましたな。

〈画像は一昨年のものです〉

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月09日

 夏 へ




連休中の夏のような気候で、糠床が見る見る活気付いて美味しくなってきました。冬場の野菜の高騰も、春の野菜が出回り始めると春風が吹き飛ばすように沈静しました。今は大根も蕪も人参もとても美味しく漬かります。

と、喜んでいたら昨日今日の寒さは一体全体何としたことでしょう?!

いちど仕舞ったストーブを引っぱり出し、お燗酒をちびちび呑りながらこの記事を書き込んでいますが、余りの気温差の激変に私の体温調節機能は破綻して、何を着ていいのかこんがらがってしまって困っています。糠床の乳酸菌たちは大丈夫なのでしょうか?

菌類と会話ができればこういう場合の対処法を教えてもらいたいところです。

posted by かまなりや at 18:21| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月05日

 カレー缶




連休の閑に任せて電子版で読んだ『めしばな刑事タチバナ』というグルメ刑事マンガに触発されてタイカレーの缶詰めを買い集めてしまいました。辛いものは大の苦手ですから食べるためと言うよりは蒐集癖に他ならないのですが、目下6銘柄が揃って満悦しています。この缶詰、侮れない美味しさ(辛さ)らしく作中の主人公も絶賛しています。缶にも『本場タイで製造』と表記されている通り現地の素材を使い、現地の工場で作られているようです。味もレモングラスが利いた本格派で常温保存可、尚且つ一缶150円ほどときてますから至れり尽くせり。

甘いものよりは辛いものの方がまだしも食べられますので、いずれ暑い時季が来たらば、がんばって食べてみましょう。それまでこつこつ他の銘柄も集めてみましょうか。


いなば食品さん、いい〜仕事です!! (食べてから言えよな。)

posted by かまなりや at 18:35| 梅干し・漬物・保存食

2018年05月02日

 あまなつ




先日遊びに行ってきた浜松の叔父から畑でとれた甘夏みかんをごっそりと貰いました。みかん農家ですから、作っているものなので持ってけ持ってけとコンテナごと車に積んでくださり、遠慮なく頂いてきました。それも二箱。厚い皮をむくのがちいと面倒ではありますが、好物ですので毎日ボリボリ食べています。甘ったるくなく酸味がたっていて実に好ましい味で、食後に剥き剥きしながらだいたい半分、多いときは1個丸々食べちゃいます。

クエン酸が豊富な夏みかんは疲労回復に効果があるそうなので、疲れた体に持ってこいです。連休中せっせと食べて草臥れた体を治しましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年04月23日

 まるだいず




最近とても気に入っているお煎餅がこれ、三幸製菓の『丸大豆ミックス』です。以前から好きで、巷での評判も良い『丸大豆せんべい』と、同社のおかきを無選別で袋詰めにしてあります。丸大豆は醤油と塩がバランスよく入っており、おかき類も塩味のものとピリ辛醤油のものが入っていて、その時の気分で選んで食べる楽しさがあります。

三幸と言えばやはり、『ぱりんこ』と『チーズアーモンド』がパッと思い浮かびますが、この丸大豆シリーズは実に美味しい!他社も同じようなものを作ってはいますが大豆の旨味がしっかりしている三幸さんのものは一味上手な感じです。

いっこでもにこにこ三幸製菓♪ いい〜仕事です。

posted by かまなりや at 18:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年04月22日

 わらび




新潟の親戚から今年も太〜いワラビがどさっと届きました。早速、冬の間に薪ストーブから出た灰でアク抜きをしました。明日の朝にはアクが抜けるでしょう、お味噌汁にしていただきましょう。

ありがたいこっちゃ。

関連記事 2017年5月2日 ptaquiloside

posted by かまなりや at 17:45| 梅干し・漬物・保存食

2018年04月19日

 さばかん




缶詰というのを考えた人はつくづく偉いものだと思います。常温で保存が効いて、保存料のような添加物も過度に必要なく、どこでもパカッと空けて食べられる上に食器要らず。一昔前は『缶切り』が必要でしたが、最近のものはプルタブで開けることができるので頗る重宝です。

色々な缶詰がありますが、サバ缶ほど使い勝手が良くて美味しいものは無いでしょう。栄養もあって言うことありません。水煮、味噌煮、オイル漬け等々、一缶あればご飯のおかずに酒の肴に大活躍です。画像は近所のスーパーで安売りしていた、ちょうした印(田原缶詰)の水煮缶。お奨め品で139円(定価165円)でした。さあ、これを肴に今日も晩酌いたしましょう。

posted by かまなりや at 18:11| 梅干し・漬物・保存食

2018年03月05日

 あんかう




相模湾の定置網に入った鮟鱇が手に入りました。その重量何と10kg!新井町の鮮魚仕入部長アンドーさん御用達の釣宿『真鶴緑龍丸』からの直送です。

さあ、今日はこれで鍋を囲んで春の宴です。アンコウをいただいて、滋養を付けて年度末を乗り越えましょう。

posted by かまなりや at 17:57| 梅干し・漬物・保存食

2018年02月03日

 やきもち



29日に、ようやっと鏡開いた正月のおあ供え餅を水に浸して保存してあったものが、程よく水を吸って食べ頃になったので、焼いていただきました。切り餅ならば七輪の炭火で焼きたいところですが、水餅はフライパンに油を強いて焼くのが乙です。



お好み焼きのようにべったりしんなりと焼いて、納豆を乗せていただけば、それは旨いB級グルメになります。ほどよい油っこさに醤油の香りがとても相性良く、納豆の旨味とからんで最高です。焼いたような、揚げたような、中庸した旨味はこの時季の御馳走です。

さて、明日は立春です。寒中が終わり、じわじわと季節の変化を感じる頃になります。まだまだ寒いですが地球は1日1日自転しながらしっかりと公転し、春分点へ近づいています。

フキノトウも、ぼちぼち顔を出すでしょう。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2018年01月31日

 はくさいづけ




ご近所の白菜漬名人フジワラさんから、今年の白菜漬けを頂戴しました、頗る旨い!です。今年は白菜の値段が高くて難儀だと仰っていられましたが、素材もさることながらシンプルなお漬物がこれほど美味しいのはその漬け方の妙味でしょう。我が家も漬けていますが、この旨さが出せるようになるにはまだまだ年季が足りますまい。道々の先達から、大いに学びたいところです。

さて、1月晦日、今日は皆既月食という天体ショーがありますが、もう、草臥れ果ててしまいましたので、起きていられそうもありません。明日は今年初の本焼き窯、早朝5時点火ですので、もう寝ます。

皆様おつかれさまでした、一足先に、おやすみなさ〜い。

posted by かまなりや at 19:19| 梅干し・漬物・保存食

2018年01月15日

 はくさい




野菜が高値で二の足を踏んでいた白菜漬けの準備を始めました。やはりこの時季に白菜のお漬物が無いのは画竜点睛を欠くというもの、スーパーでは高いので先日益子の帰りに常磐道守谷SAの直売所で買ってきたものを干しました。良い塩を使って、ずしっと重いオモシをかけて、きりっと美味しい白菜漬けに仕上げましょう。

と、こう書くとまるで自分で漬けるように聞こえるでしょうけれど、これは家人の担当。私は糠床担当ですので、今の寒い時季は一休み、今は大根の葉っぱだけを埋めてそっとしてあります。春が来て、暖かくなったら糠の乳酸菌たちを起こしてやりましょう。

posted by かまなりや at 18:21| 梅干し・漬物・保存食

2018年01月11日

 かがみびらき




1月もあっという間に11日になりました、今日は鏡開き。ですが・・・我が家のお供えは、飾ったのが4日です。年内、30日の大餅つき大会と31日の片づけで疲れ果てて終わり、年明けから三が日は『一切休み』と定め、『やらなければならないこと』も後日に送り心底安らいだ気分の享受を優先した、結果です。で、ありますから鏡開きも後日に日延べして、今日も神棚にはお供えがそのまんま。このペースだと小正月の15日くらいが我が家の鏡開きになりそうです。

ま、いっか。

posted by かまなりや at 18:07| 梅干し・漬物・保存食

2017年12月31日

 おーみそか




昨日、無事にお餅搗きを終え、本日伸し餅を切って、角餅がきれいに並びました。さあ、これでお正月の準備は整いました。実は昨日の午前中、背中の肉離れが再発し症状は軽かったので若い者に混じって餅を搗き、午後からはご参加の皆々様40名ほどとおつかれさま宴会で鯨飲し、良い気分で床に就きました。

今朝起きたら、背中の痛みは悪化、両腕は筋肉痛、右膝の半月板損傷も再発、あちこちの痛みに耐えながらどうにか1日過ごしました。でもまあ、もう明日からお正月休みですから、今日はあちこちに湿布を貼って早く休みましょう。

皆様、今年もたいへんお世話になりました、ありがとうございました。

どうぞ良い新年をお迎え願います。

posted by かまなりや at 17:22| 梅干し・漬物・保存食

2017年12月29日

 も ち




本日、今年最後の窯を焚いています。これが終われば、本年のお仕事は完全終業。明日、お餅を搗いて新年の準備が完了します。お米70kg分、搗く臼の数にして25臼ほど。けっこうな大仕事ですが、がんばります。

あと三つ寝ると、お正月です。

posted by かまなりや at 18:41| 梅干し・漬物・保存食

2017年11月08日

 冬へ




糠床の乳酸菌達がのんびりとしてきました。夏の間モリモリと活動をしていた菌たちは気温の下降と共に速度を落とし、ゆっくりと発酵します。それに合わせたように巷の野菜は蕪や大根といった冬の根菜にシフトしていきます。当たり前のことなのにちょっと感動しつつ、糠床に振る塩も夏よりもちょっと減らしてその分しっかりと混ぜてやるようにしています。これ(糠床)を発明し、定着させた先人の知恵は本当に素晴らしいです。

さあ冬野菜、かもすぞー。

posted by かまなりや at 18:40| 梅干し・漬物・保存食

2017年10月23日

 もちふ




とある物産ショップでかわいらしい『お麩』を発見、その名も『もちころちゃん』ラベルには商品名の横に『餅ふ』と併記されています。100gで500円と、少々高めのお値段でしたが、麩好きの私は迷わず買いました。早速味噌汁にしていただきましたが名前の通りふんわりもちもちとしてたいそう美味でした。

製造者は埼玉の『サイシン・セイフ株式会社』 サイシンさん、いい〜仕事です!

posted by かまなりや at 17:05| 梅干し・漬物・保存食

2017年09月09日

 なっとく




昨日、春江湯さんでお風呂を満喫したあとに近所のスーパーいなげやでここいらでは見かけない納豆を見つけました。その名も 『納得』 安かったので迷わず買ってきて今朝いただきました、旨かったです。3個入りパックのお値段何と税抜き68円!頗る良心的です。メーカーは秋田県のヤマダフーズ、じっくりと豆を蒸して軟らかく仕上げる製法を採用しているそうです。

なっちゃん印のおはよう納豆、いい〜仕事です。 あつもり!

posted by かまなりや at 21:04| 梅干し・漬物・保存食

2017年09月05日

 しまいうり




季節が変わり野菜も夏物から秋冬物へ移行してゆきます。夏の風物 『白瓜』 も、もうお仕舞いに近づいています。画像の物は地元JA北農協の直売所 『ハマッ子』 で買ったものですが、ナリは大きいものの肌は粗く終わり頃の実という印象です。でもこんな仕舞い物も乙なもので、糠床でしっかりと漬けて美味しくいただきましょう。

秋が深まってくるといよいよ楽しみは 『ハヤトウリ』 です。早ければ今月の末ごろ、遅くとも10月になればそぞろ出回ることでしょう。今年は本当に瓜をよく食べました、白瓜、胡瓜、はぐら瓜、ゆうがお、西瓜、ゴーヤー、そして今旬の冬瓜。

瓜に感謝しつつ、季節のうつろいを味わいましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食

2017年08月22日

 ばなな




お盆に釜石から貰ってきた青いバナナは、台所の下がり壁に吊るされて5日間が経ちました。(お盆期間を含めるとほぼ10日)まだ部分的に青いところはあるものの、概ね黄色く熟れてきました。

さあ、そろそろ食べようかな。

関連記事 2017年8月17日 あおばなな

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食