2016年07月17日

 大胡瓜




七月も中旬となり、蝉も鳴き始めました。そうなるとやはり夏野菜が美味しくなります。そしていよいよ出始めました 『おおきゅうり』 画像手前の物が標準の大きさ、奥が大きく育ったやつです。 ゆうに40pはあるでしょう、へちまかよと云いたくなりますな。

これの糠漬けが頗る美味いのはこの陶房日報でも再三書いてきましたが、今年もまた書いちゃいます。まず、きれいに皮をむき、この大きさでは糠床に入らないので半分に切り、糠床に漬け込むだけです。今頃の気温だとだいたい24時間で食べごろ、朝に糠床に埋めたら次の朝ご飯には美味しく漬けあがります。ただ、この胡瓜の弱点は種が硬いこと・・・少々手間がかかりますが、食べる前に縦半分に切って丁寧に種取りをした方が食べやすいです。

この大胡瓜、八百屋さんでは売っていません。手に入れるには農家さんに頼むか、家庭菜園を作っている方にお願いするしかありません。幸いウチは畑をやっている方に大きくなった胡瓜を下さいと頼んであるので、皆さん喜んでくださいます。意外やこの胡瓜は皆さん召し上がらないようで、「ちょっと畑に行かないと大きくなってて困っちゃう」 と仰りながら快く譲って下さいます。こちらとしては買ってでも食べたいくらいですから、大ラッキー!

暑い暑いと嘆きながらも、この時季にしか手に入らない上手いものが食べられる幸せを素直に喜びましょう。

posted by かまなりや at 16:53| 梅干し・漬物・保存食

2016年07月09日

 ぬかよろこぶ




気温がぐんぐん上がり、糠床の乳酸菌も活性がモリモリ上がっています。糠床の乳酸菌の適温は25℃と聞いた覚えがありますが、今頃の気候は正に適温!表面には産膜酵母の膜もできて、見た目にも菌類が活発であることがわかります。

夏野菜も本番、短時間でとても良く漬かって美味しいです。糠喜びなどと云う比喩もありますが、正にささやかながら糠の喜び!

せっせと漬けましょう。

posted by かまなりや at 17:48| 梅干し・漬物・保存食

2016年06月27日

 うめず




先週22日に漬け込んだ梅干し用十郎梅は、しっかりと梅酢があがりました。今日は天地返しをして水重石をかけ、これで小梅、十郎梅共に漬け込み完了です。

昨日も夜は早々8時に床に就き、今朝5時までぐっすり9時間、眠りました。おかげで心身ともに軽くなり、一日の作業を滞りなく完了しました。疲れたときは、寝るに限りますねぇ。

さあ、今日も早寝をして明日に備えましょう。 おやすみなさーい。

関連記事 2016年 6月22日 小田原産

posted by かまなりや at 18:34| 梅干し・漬物・保存食

2016年06月22日

 小田原産




今年も曽我梅林の十郎梅が届きました。私は手が離せなかったので、女将と倅に星取りを頼みました。小梅ほど手間ではないものの、20sの梅のヘタを取るのはひと手間です。それでも午前中には終わり、午後無事に塩を振って樽に納めました。

注文をしたもののいつ届くかは業者任せ、発送の連絡を戦々恐々待つのですが、忙しいときに重なるとお手上げです。何しろ完熟の物を頼んでますから(その方が良い梅干しができるのです)来たらすぐ仕込まないと熟れすぎたりカビが来たりします。今年は忙しさに拍車がかかっているので暦とにらめっこしながらこのへんだけは勘弁して欲しいなぁなどと冷や冷やして待ちましたが、どうにか纏まりましたので一安心です。

一週間ほどで梅酢が上がることでしょう。そうしたら重しをかけ、小ひと月しっかり塩になじませて夏の太陽がクワッと照ったら干しましょう。 どうか黴が生えませんように。

posted by かまなりや at 19:45| 梅干し・漬物・保存食

2016年05月28日

 うめず




予定通り、二日で梅酢が上がりました。今日明日にも天地返しをして重しを掛けましょう。そして小ひと月漬け込んだら、お天気を見て干しましょう。梅雨明けを見越すと、ふた月後くらいになりますかな。

カビませんように。

posted by かまなりや at 08:00| 梅干し・漬物・保存食

2016年05月26日

 うめぼし2016



今年も始まりました、梅仕事。まずは小梅から、今年も10キロ小田原曽我梅林から届きました。


今年も塩分は13%。にさんにちで梅酢が上がることでしょう。

今年は秋にかけてたいそう忙しいので、梅干しは止めようかとも考えたのですが、これをせねば夏は来ないし、増してや今年の梅干しが無いなんて寂しいので無理を押しても干します。

十郎も例年通り20s予約しました。頑張ります! さて、十郎はいつ来るだらう。

posted by かまなりや at 17:53| 梅干し・漬物・保存食

2016年05月14日

 う り




いよいよ、白瓜が野菜売り場に並びました。気温も上がり、糠床も活性抜群。どんどん漬けましょう。

夏が来ます、明日あたりホトトギスの声が聞きたいなぁ。

posted by かまなりや at 17:44| 梅干し・漬物・保存食

2016年04月26日

 蕨



新潟の親類から太く長い 『ワラビ』 を、ドッサリいただきました。好物ですので、夫婦で手に手をとって大喜び!


早速、薪ストーブの灰を使ってアクを抜きました。数があるので大鍋一杯になりました。


アクが抜けたところでお浸しにしていただきました、ワラビはマヨネーズが抜群に美味いです。

相当数ありますので、凍らせておいて通年いただいましょう。保存食のストックは、薪の備蓄に負けず劣らず嬉しいものです。

posted by かまなりや at 21:08| 梅干し・漬物・保存食

2016年04月23日

 ぬかおこし




2月に冬休みに入った糠床をおこしにかかりました。気温が20℃を超える日が増えたので、もうよかろうとかき混ぜてみました。休んでいたにもかかわらず糠の状態は良く、常埋の大根葉もしっとりと良い感じ。まだ活性は上がらないものの、かきまぜることで刺激になったことでしょう。今日のところは大根を漬けてみました。

さあ、菌ちゃんたちよ、目を醒ましなさい。

関連記事 2016年2月2日 ぬかやすみ

posted by かまなりや at 18:01| 梅干し・漬物・保存食

2016年02月10日

 せんまい




久しぶりに京都の千枚漬けにありつきました、う〜ん美味しい!

聖護院大根の旨味、薄切りの食感、昆布のとろみ、何とも美味いものです。

今朝は朝ごはんの美味しさが、2割3割5割増し!

posted by かまなりや at 18:38| 梅干し・漬物・保存食

2016年02月03日

 はくさい




ご近所の白菜漬け名人フジワラさんからいただいた白菜漬けです。これが頗る美味いのです。塩加減、漬け具合、非の打ち所がありません!頂戴すると踊りだしたくなる、舞茸のような漬物です。

今日はこれを肴に新潟は 『麒麟』 の濁り酒で晩酌です。麒麟山はここいらでも流通していますが麒麟は中々手に入らぬお酒。たまさかのいただき物ですが、心して味わいましょう。

明日は立春、また一つ歳をとりますなあ。

posted by かまなりや at 18:55| 梅干し・漬物・保存食

2016年02月02日

 ぬかやすみ




この冷え込みで糠床の乳酸菌たちはすっかり活性が落ち、寝てしまった模様。四、五日も埋めれば漬からないことはないのですが、この時季はいつも休ませてしまいます。今日は去年の秋の糠と塩をたっぷり足して混ぜました。これでさらに活性は下がり、一週間ほどはかき混ぜなくても良いでしょう。

あったかくなったらまた、起こしてやりましょう。それまで菌類の皆様、ゆっくりおやすみなさい。

posted by かまなりや at 17:16| 梅干し・漬物・保存食

2016年01月12日

 やきもち




俗に搗きたての餅は旨いと言われますが、どうしてどうしてほどよく硬くなったお餅を焼いていただく美味しさも捨てきれるものではありません。それも炭火で焙ってほどよく焦げた餅の旨さは搗きたてをしのぐ滋味があります。

今年の年越しは家人の実家でお泊りでしたので、元日のお雑煮はそちらでいただきました。今日は自宅で初のお雑煮を拵えて遅まきながら焼き餅の美味を堪能しました。

すこーし、寿命が延びたように思います。

posted by かまなりや at 17:27| 梅干し・漬物・保存食

2015年12月30日

 お・も・ち・つ・き




27日の怒涛の 『餅搗き』 と、うって変わって今日はのんびり 『おもちつき』 先日同様小春日和の中、ひと臼ずつ丁寧に搗きました。画像はちょいと一息お茶の時間、左から私、叔母、奥に父、眩しそうな女将りえ子、撮影は倅。なんだか、ま〜ったりと楽しみました。

さあ、いよいよ今年もあと一日、明日は年越しそばを打ちます。若干余裕がありますので、ご希望の方はご連絡ください。然しながら、明日中に取りにいらっしゃれる方に限らせていただきます。

posted by かまなりや at 18:34| 梅干し・漬物・保存食

2015年12月26日

 製 餅




明日、餅つきをします。毎年のことですが、杵と臼を使って人力で搗きます。搗いたお餅は切り餅にして冷凍し、一年間保存食として食べます。冷凍庫ありきの保存食ではありますが、いつでもお餅が食べられるのは嬉しいことです。

今年は多く搗くことになりましたので、明日27日と30日の二段構えという日程。明日は友人知り合いとワイワイと集まり、大勢で25臼ほどやっつけてその後忘年会、30は親類でこじんまりと10臼ほど。では一緒にやっちゃえばと思うでしょうが、35臼を一日では夜までかかってしまいますのでご免です。

お天気は上々の予報、風が吹かなければいいですが・・・来年美味しい餅食生活ができるよう、がんばりましょう。

関連記事 2013年12月27日 虫 穴

posted by かまなりや at 18:00| 梅干し・漬物・保存食

2015年09月20日

 ぬかちゃん




暑さがぶり返して、糠床の乳酸菌も活性しています。漬け込む野菜も思わずにっこり!

マルちゃんのようでもあり、ペコちゃんのようでもあり、なんにもせ糠の状態が良いのは、何とも気分の良いものです。

posted by かまなりや at 16:10| 梅干し・漬物・保存食

2015年08月12日

 干 了




今年の梅干しも無事に干し上がりました。一昨日が天気が悪く、一日伸びてしまいましたが昨日のお天気で良く陽にあてて一晩夜露に充てて今朝取り込みました。早朝4時過ぎにバラバラっと雨の音で飛び起きましたが外は晴れていて事なきを得、ホッとして見上げた空に新月前の面相筆で描いたようなほっそーい月がきれいでした。



さて、梅干しも出来上がりましたし、今日は片付け仕事をしたらちょっと休んで張りつめていた神経を養生しましょう。 やっと夏休みがやってきた気分です。

関連記事 2015年 8月8日 おおうめ2015
       2015年 7月21日 こうめ2015

続きを読む
posted by かまなりや at 07:30| 梅干し・漬物・保存食

2015年08月08日

 おおうめ2015




暦は立秋となり、夏土用もおしまいですが今日からレギュラーサイズの梅干しを干し始めました。少々雲が多めながらも晴れて暑くなり順調な滑り出しです。これから三日間、お天気と梅の表情を見ながらの長期戦です。



今朝5時、まずは大まかに干し篭の上に広げて、じっくりと時間をかけて並び替えます。



およそ1時間半ほどで、20sの梅がきれいに整列。

さてさて、畑には雨が欲しいところですが、梅を干したからには雨は降らずにいてほしいところ。夕立に気を配りつつ明日から返しの作業です。

きれいに並べてお天道様が南中すると、きれいな影ができるんですよねぇ。

posted by かまなりや at 17:25| 梅干し・漬物・保存食

2015年07月26日

 ほしあがり




2015年の小梅干しが無事に干し上がりました。今年は10s、去年の倍量ですので甕に納まり切りません。豊作豊作!さて、月が替わって八月になったら普通サイズの梅干しを干しましょう。暑い夏は梅干しが捗ります。

今日は気温も上がって、庭の雑木に産卵に来たタマムシ君もピカピカ輝いていました。

posted by かまなりや at 17:00| 梅干し・漬物・保存食

2015年07月25日

 再 開




おとつい昨日と雨に祟られた小梅の干し作業を再開しました。今日は雲はあるもののお天気は安定、一日干して、きれいな色にしあがりました。一つ摘まんでみましたが、今年の小梅はとても美味しいです。

今夜一晩夜露にあてて、早朝しっとりしたところで取り込みましょう。

posted by かまなりや at 18:00| 梅干し・漬物・保存食