2013年12月15日

 きちじょうじ


 昨日、たいそう久しぶりに吉祥寺の井の頭公園
 に行きました。土曜日の昼下がりとて公園内に
 は人が多く、色々な露店が並び、池の上には
 ボートで遊ぶ人々が楽しそうでした。

そんな公園のほとりにあるキチジョウジギャラリーでの美大生の二人展
は、若々しい感性が溢れる格好いい展示でした。がんばれ現役美大生!
君たちの才能は磨けば磨くほど光るのだ。今は東京の郊外で地道に経験
値を増やして、いずれ都心へそして世界へ羽ばたいておくれ。おじさん
影ながら応援しています。

思い出すなあ小学生のクソガキだった頃を。井の頭公園でボートに乗っ
てるカップルを見つけては木の影から石をドボンドボンとボートのそばに
投げて逃げたっけ。しょうもねぇガキだったなぁ、あの頃は。

当時のカップルの皆さん、どうもスミマセン。

posted by かまなりや at 15:52| 時候・紀行・鑑賞

2013年12月07日

 おかんみかん


 日に日に寒くなって、居間では毎日石油
 ストーブを焚いています。こんな小さな火
 でもあるとないとでは大違い、お酒のお燗
 もできますし、ミカンも焼けます。

今日は少々良い?酒(昔で云う特級酒)なので、熱々の燗にし
て冷ましてから呑みます。お燗が冷めるまでの間、好物の焼き
蜜柑を堪能いたしましょう。

ミカンは鶴ヶ峰産露地物! 冬の御馳走ですな。

posted by かまなりや at 16:57| 時候・紀行・鑑賞

2013年12月01日

 しはす


 月が明けていよいよ今年も納めの月になりま
 した。昨日今日と冷えて、裏の畑には霜が降り
 ました。昨日は朝確認しませんでしたが、里芋
 の葉がしおしおになっていたので解りました。

月の暦(太陰暦)では10月の末 『霜降』 の頃です。この手の
農事暦は、旧暦のほうがしっくり来るようにも思います。

もう三十一(みそひと)寝るとお正月、楽しみですなぁ。

posted by かまなりや at 16:23| 時候・紀行・鑑賞

2013年11月12日

 冬支度


 11月も中旬になり、空気も冷えてきました。
 薪のストーブに火を入れる日も近いことでしょ
 う。南方では31番目の台風が生まれそうです
 が、もう日本には近づくことは無いでしょう。

  着膨れて里芋を掘り冬に入る

posted by かまなりや at 16:46| 時候・紀行・鑑賞

2013年11月10日

 盆 栽


 陶芸教室の生徒さんが入っている小品盆栽の会
 『一砂会』 の秋の展示会にお邪魔しました。横浜
 関内の万国橋ギャラリーには、会員さんの丹精
 込めた力作がずらりと並んでおりました。

私は盆栽を作ったことはありませんし、木の形の良し悪しなど勉強不足
でわかりませんが、小品盆栽はその小ささに驚くばかり。小さいながら
も木の風格があり、松や楓が小さな鉢の中でどっしりと構えている姿は
盆栽の詳細を知らずとも見ていて気持ちが落ち着きます。

即売コーナーで草ものの鉢を一つ買ってきました。セキショウという多
年草だそうです。盆栽の展示では添え物として使われるのだそうですが、
常緑で冬場も青々としているそうなので、これからの時季に目の保養に
なりましょう。春には地味ながら花もつけるとか。

水を切らさぬように、可愛がってやりましょう。

〈 鉢口径 4.5p 草丈 3.8p 〉

posted by かまなりや at 16:25| 時候・紀行・鑑賞

2013年11月06日

 やまぐちや!


 無事、北関東出張から帰ってまいりました。
 今朝は宿所近くの 『道の駅みかも』 に行っ
 て、お野菜どっさり買ってきました。蕪や大根
 ハヤトウリもあったので買い込んできました。

そして、やはり良かった 『山口晃展』 群馬県立館林美術館は多々
良沼公園の一角にある大きくてきれいな美術館でした。画業(ほぼ)
総覧と題された展示は、芸大時代から現在までを時系列に沿って展
示されており、あの 『すヾしろ日記』 の原画も見ることができました。

山口さんは自らを山愚痴屋諦堂という版元にたとえ、自分をも客観的な
キャラクターとして絵の中に介在させて、絵を観る人を案内します。そん
な洒落は随所に散りばめられ、俯瞰した絵には雲が漂い、今昔の時空を
ない交ぜにした不思議な空間を描き出します。そして、その緻密な書き
込みぶりは一枚書くのにどれだけ時間をかければ気が済むのかと、呆れ
てしまうほど。日本画の様でも有り、版画の様でも有り、漫画の様でも
ある絵は、隅から隅まで拡大鏡で眺め回したくなる風景画でもあります。

また、すヾしろ日記を引っ張り出して読みたくなりました。

子の字引留行形柱

posted by かまなりや at 16:56| 時候・紀行・鑑賞

2013年10月29日

 だ ん


 関東横浜は冷たい雨になりました。気温も
 上がらず、薄ら寒いので小さめのストーブを
 引っ張り出して焚いています。このストーブ、
 お爺さんが使っていたもので随分古いです。

DANRICH I 開放式石油ストーブ YS-15S という型式。製造元は、
湯浅商事株式会社(現ユアサ商事)というメーカー、創業寛文6年という
老舗です。最早骨董品のストーブですが、さすがに昭和の品物は壊れま
せん。少々熱量が少ないものの、今の時季にはこれでちょうど良い按配。

今日はこのストーブでお湯を沸かし、お燗と洒落ましょう。
酒は山梨の銘酒 『谷桜』 肴は 『冬瓜と塩豚の炊き物』 です。 

だんだんと、冬支度ですな。


posted by かまなりや at 17:08| 時候・紀行・鑑賞

2013年10月16日

 カキナラズ


 今年は裏庭の柿の木が生りません。
 昨年採りきれないほどたわわに実がついたのが
 嘘のように今年は不生りです。こういうのを裏年
 というのでしょうねぇ。

ま、なーんの手入れもしないほっぽらかしですから、毎年豊作なんて
虫が良すぎますよねぇ。葉の鑑賞でもして楽しみましょう。

台風26号が吹き荒れましたが、幸い我が家近辺は大きな被害もありま
せんでした。これで急に季節は進むことでしょう、真秋に入りますな。

関連記事 2012年10月16日 カキノキ

posted by かまなりや at 16:32| 時候・紀行・鑑賞

2013年09月19日

 そ ら


 空がすっかり変わって、絹雲が流れるように
 なりました。劇的な変化には慣れたつもりでも
 コウも急に季節が変わると面食らいます。が、
 アキアカネが戻ってきて良い眺めです。

今日は十五夜、すっきりとしたお月様が拝めそうです。

posted by かまなりや at 17:08| 時候・紀行・鑑賞

2013年09月15日

 あらし


 台風18号マンニィ(man-yi)が近づいてきまし
 た。どうやら明日午前中には上陸する見込み
 です。そこから伸びた雨雲が降らせるものか、
 明け方からどうどうと雨が降っています。

本日陶房かまなりやでは、午前中陶芸教室、午後はつくってのむ料理
教室を開催の予定。どちらも室内開催の教室ですから雨天決行します。
今のところ雨だけですが、風も吹いて荒れるようならば午後の教室は
延期を検討せずばなりますまい。

この低気圧が秋を深めてくれることは疑いないのではありますが、
安普請のボロ工房の雨漏りが心配です。

posted by かまなりや at 08:35| 時候・紀行・鑑賞

2013年09月12日

 気 象


 暑かった夏が終ろうとしています。今日は夏に
 戻ったような陽気でしたが、からりとした晴天で
 洗濯物も捗りました。まだ陽の残る午後の南天
 に、ほぼ上弦の白い月が浮いておりました。

今年は30年に一度の異常気象だと気象庁が発表しました。馬鹿にはっ
きり言い切るのではてなと首を傾げたくなります。梅雨の入りと明けは
あれほど曖昧な表現をするのに、統計的な事は切れの良い発表です。
2010年には20年ぶりの猛暑だといっていたように思います。20年や
30年に一度あるかないかの天変が、たった4年の間に詰め込まれた
日には堪りません。元より、気象庁の云うことなど話半分くらいにしか
聞いてはいませんが、異常な気象を予測するのもまた至難であろうと、
多少の同情も禁じえないのが正直なところ。

さて来年の夏は40年に一度の何かがやってくるのでしょうか?
もう何が来てもそうそう驚くものでもありません。

矢でも鉄砲でも宇宙戦艦でも持ってきやぁがれ、唐変木め。

夏の疲れで、わかさん少々こわれ気味です。 (゚Д゚)

posted by かまなりや at 17:00| 時候・紀行・鑑賞

2013年09月07日

 大いに笑う


 削り仕事などしている時はラジオを聴いています。
 今日は久しぶりにケーシー高峰さんの漫談を聴い
 て可笑しかったです。黒板が見えないのに、雰囲
 気だけで大爆笑しました。 素晴らしい話芸です。

79歳現役の芸風は山形弁になり、少々毒舌がまろやかになったよ
うにも思いましたが、間といい、お客さんの掴み方といい、円熟味を
増して最早名人級でしょう。会場の皆さんもひっくり返るほどに笑っ
ているのがラジオからでも解りました。そんなお客さんに、「何を
涙垂らてしんだ、年取ったら泣くほど笑うとションベンも漏らすから
気ぃつけろ」 と渇を入れて会場は笑いの坩堝と化していました。

福島県いわき市に移住して20数年が経つそうですが、福島の皆さん
を笑いで励ますその姿に敬服します。私の世代はものごころ付いた
時にはもうすでにケーシー高峰さんは寄席の人気者で、その時分か
らあの漫談で笑っていましたので、懐かしくて堪りません。

大病も経験されたと聞きますが、寿命の続く限りお元気で日本中を
笑わせて欲しいと思います。笑うのは一番の栄養、薬だと思います。

posted by かまなりや at 16:55| 時候・紀行・鑑賞

2013年08月17日

 送 盆


 お盆が終りました。堅気の皆々様は明日で休み
 もお仕舞い、明後日からはまたお仕事でしょう。
 素っ堅気とはいえない自由業にはお盆も夏休み
 もありません。 坦々と日々を生きるのみです。

ささやかな楽しみは一仕事終えて汗を流し、Uターンラッシュのニュース
など見ながらいただくお酒です。夏はやはりまずビールなどきゅうっと
やって、肴に合わせて清酒や焼酎を楽しむのが定石でしょうか。暑い時
には暑い国のお酒もうまいものです、芋焼酎や泡盛なんかも楽しみたい
ですな。おかげで暑さにもずいぶん慣れて、初旬の頃のようにはバテなく
なったようにも思います。

残暑はまだまだ続きますが、上手に付き合っていきましょう。

posted by かまなりや at 17:14| 時候・紀行・鑑賞

2013年08月13日

 おぼん


 岩手釜石に行っている家人からお盆の段飾りの
 写真が届きました。立派な盆棚に栗の枝がきれい
 です。明日から、多くのご近所ご親戚がお参りに
 来るのでしょう。 お盆ですなぁ〜。

東北はさぞや涼しいのかと思いきや、釜石も日中は30℃を越えている
そうです。都会と違って夜には気温が下がるそうですが、一昔前には
お盆を過ぎたら海は冷たくて入れず、朝晩気温が下がると暖房を使う
こともあったとか・・・その東北がコウですから温暖化も深刻です。

人間と地球はどこへ向かって回っているのでしょうねぇ。

posted by かまなりや at 18:19| 時候・紀行・鑑賞

2013年07月31日

 ガラス展


 石川県のガラス工房 『蕾』 さんガラス作品展
 を観に、聖蹟桜ヶ丘の京王百貨店に行ってきまし
 た。毎年このギャラリーで開かれている展示です
 が中々伺えず、今日は張り切って伺いました。

7階のギャラリーはすっきりとしていて入りやすく、整然と並んだガラス
作品はどれも涼やか。季節がら風鈴などもあってよい展示でした。画像は
頂戴してきた 『双葉ぐい呑み』 と 『八寸のお皿』 ぐい飲みは底部分に
淡い緑の双葉模様があり、冷たいお酒に良さそうです。お皿は浅鉢といっ
て良いくらいの深さがあり、サラダや冷麺にまた枝豆などにも良さそうで、
シンプルなだけに色々に楽しめそうです。

ガラスは夏が勝負だと内藤さんのご主人は言っておられました。確かに冬
場には購買意欲が沸かないのも無理からぬことでしょう。でも、お二人は
寒い寒い石川の白山麓で雪に覆われながらガラスを吹いているのかと思う
と、この仕事も大変だなあと頭が下がります。

会場でばったり懐かしい友人レイコちゃんとお嬢さんにお会いして、お昼
をご一緒しながら近況など伺って、お互いの子供の成長に驚きつつ再会
を約して分かれてきました。茨城の分校で知り合った皆さんと、こうして永
のお付き合いをさせていただけるのも何かのご縁。これからも作り手として
お互い頑張れるように末永くご別懇を願いたいものです。

機会があれば石川にお邪魔して、仕事場など見せていただきたくその折
には蕎麦道具も持参して加賀・越前のそば粉で打ちましょう。酒は加賀鳶
か黒龍あたりがよろしかろうと勝手に算段しております。

真冬のドカーンと雪のあるときに伺いますかー。 さぶそー。

晩酌で早速
posted by かまなりや at 17:03| 時候・紀行・鑑賞

2013年07月18日

 どよう


 暦の 『土用』 は各季節の間にありますが、夏の
 土用だけが一人立ちして他の土用は忘れ去られ
 ているようにみえます。まあ、元より五行説に基く
 古代中国の暦法で、現代人には不向きでしょう。

あまつさえ、土用の丑に鰻を食べようなんてのはバレンタインのチョコと
同様利害に結びつけた商法に他ならず、この日に何が何でも鰻を食べ
なければいけないわけではありません。こういう商法にはトコトン逆らい
たくなる天邪鬼は土用の丑に特別なことは一切しません。恵方巻きもし
かり、バレンタインなどはもっての外、マスコミに煽られなびく御連中を
横目に、このくそ暑いのに値の張る熱い鰻の照り焼きなどに行列を拵え
て阿呆なことよと、涼やかに活きの良いカツオやイナダなど食べるのが
乙な夏の過ごし方と心得ます。

とは言え、鰻は大好物!夏の痩せた鰻(養殖は措いといて)などには目
も呉れず、晩秋から初冬のそれこそ油の乗った奴を熱い酒と一緒にいた
だきたいものです。でもねぇ、天然物の国産鰻なんてそうそう庶民の口
には入りませんよねぇ・・・

暑い夏を乗り切ったなら、ゆっくりと安価な鰻でもつつきましょう。

※ 画像は、北斎漫画 『鰻登り』

posted by かまなりや at 17:54| 時候・紀行・鑑賞

2013年06月09日

 少 雨


 梅雨入り宣言は早すぎ、最早空梅雨だなどといわれ
 ても聞く耳を持たず、気象庁に対する不信感は募る
 ばかりです。然し乍ら植物たちの不平も言わず日々
 精一杯生きている姿に、人も学ばねばと思います。

梅の木に着生させたセッコクも今年は花芽をたくさんつけました。あと二、
三日で桃色の花が咲くでしょう。ランの仲間ですから、咲けばとても良い
香りがします。もう少し株が増えたら、鉢に上げて小品盆栽でも作ってみ
ましょうか、多肉茎で水遣りが頻繁でなくても良いランですから世話も楽
でしょう。 手ごろな鉢を焼いときますかな。

posted by かまなりや at 16:01| 時候・紀行・鑑賞

2013年04月21日

 葉冷え


 花も終わり、すっかり新緑の風情となった横浜かまな
 りや界隈ですが、昨日今日の寒さに震えています。土
 から出てきた虫たちも慌てて葉の下に隠れたのではと
 思わせる陽気です。 いや、寒い、寒い。

今頃は小田原の梅が小さな実をつけてこれからどんどん大きくなる時季です。
美味しい梅の収穫を望むならば、この時季の寒さは大敵!何時だかこの時季
に寒い霙が降って小田原の梅が壊滅的な被害を受けたことがありました。そ
の年は仕方なく紀州の南校を使いましたが、やはり地元産の梅でないと釈然
としませんでした。

どうぞお天道様、今年も美味しい梅干しが作れるように
地球を冷やさぬようにお願いします。

posted by かまなりや at 16:32| 時候・紀行・鑑賞

2013年03月05日

 二人展


 中村竹尊さんと秋山薫さんの作品展を見に行ってきまし
 た。渋い竹とカラフルな染めのコラボレーションは予想
 以上にマッチングが良く、楽しい展示になっていました。
 自分用にお箸と箸置きを一膳求めてきました。

鶴ヶ峰本町のホームギャラリー 『ふらり』 さんで、9日(火)まで開催中です。

posted by かまなりや at 17:25| 時候・紀行・鑑賞

2013年02月14日

 五日月


 立春から10日あまり、陽もずいぶん伸びました。
 午後5時を回ってもこれだけ明るいです。でも、寒さは
 まだまだ緩まず、花は一向に開きません。梅の枝先の
 空に旧暦5日の細月が浮かんでいました。

え? 今日は、バレンタインデーですと? 何だか知りませんが南蛮の風習を
菓子会社が儲けに結び付けたような頓馬なお祭りは祝う気も起こりません。
増して甘い物が嫌いな人間にはどこ吹く風。こういうものはお若い御連中に
おまかせをして、我が家はいつもどおりの和肴で晩酌です。 アーメン。

posted by かまなりや at 17:42| 時候・紀行・鑑賞