2013年02月05日

 こうとう


 鼻風邪が尾を引いたものか、ともすると微熱がぶり返し
 喉が痛みます。よもやインフルエンザではないでしょうが、
 念のため今日入っていた保育園の教室を延期してもらい
 ました。申し訳ないとは思うものの致し方ありません。

昨日はそんなこんなで仕事にならず、休養を決め込み寝てばかりいました。
不思議とこういった時はいくらでも寝られるもので、夢現を彷徨いながら昼夜
通してよく眠りました。今日はおかげでずいぶん体も楽ですし熱も下がりまし
たが、喉の痛みが治まらずやはり無理をせずのろのろとやるだけのことをやっ
ていました。立春早々躓いてしまい、気落ちしています。

過去に急性喉頭炎で緊急入院して以来、ノドの痛みにはことの他過敏になって
しまいました。よほどひどい時は、かかりつけの耳鼻科へ迷わず直行するので
すが、持病ともあって付合い方も上手になり、大概無理をせず画像の薬を飲ん
でいると治まります。もちろん冬場は常備してあります。が、今日は薬が切れ
かかったので買いに参じました。ついでに風邪薬も無くなっていたので贔屓の
パブロンを探していたら、新ルルA錠(110錠)が広告の品とやらでどえらい安
く売っており、コロリと宗旨替えをしてルルを買っちゃいました。何と!メーカー
希望小売価格2,730円のところ999円、ほぼ63%引きです。

薬など飲まぬに越したことはありますまい。がしかし、患ってしまうとやはり薬
があると安心です。最近は良い薬が市販され、通販でも買える時代になりま
した。医療関係の皆様には煩わしいことでしょうが、重い体を引きずって医者
に赴き、待合で待って 『風邪ですね、お薬飲んで寝てて下さい』 では、何と
なくやりきれないものです。もちろん、風邪を侮ってはなりませんが、余程の
重篤症状でもない限りなるべくならお医者にはかかりたくないものです。

良く食べよく寝て、早いことこの症状を追出して元気になりたいです。
来週には、延期してしまった保育園にもはりきって伺いたいものです。
イチョウ組の皆さん、もう少し待っててくださいねー。

posted by かまなりや at 17:14| 養生話・献血・湯屋

2013年01月09日

 肝 臓


 最近、とんと休肝日をとっていません。が、深酒もしない
 ので至って体調は良く、連日快便です。でも、体に良い訳
 はないので献血の結果が来るたびに恐る恐る表を見ます。
 が、肝臓をはじめ、糖尿、コレステロールも全くの正常値。

この数値に甘えてまたぞろ今日も晩酌をします。お正月気分はすっかり抜けまし
たが、好きな酒は中々やめられそうもありません。まあ、細く長く付き合うべしと
いったところでせう。

画像は日本赤十字社のサイトに会員登録すると閲覧できる献血結果のグラフ。
最近5回分の肝臓に関する私の数値です。また、露悪しちゃいました、スミマセン。

posted by かまなりや at 16:23| 養生話・献血・湯屋

2013年01月02日

 献初め


 今年最初の献血に行ってきました。ホームグラウンドの
 東口ルームは駅伝コースの沿道にあり、ちょうど選手が
 通りかかる9時30分の予約でしたので、応援してからルー
 ムでまったりと成分献血をしながら、テレビ観戦しました。

横浜駅東口の沿道は流石に2区の要所だけあって、とても多くの応援の人が
いらっしゃいました。反対の車線から見ていたのでちょっと遠かったですが
目の前を走る選手に感動しました。せっせと携帯で写真と動画を撮りました
が、小さくてわかりませんねぇ。ちょうどむこう正面に東洋大学の幟を立て
た応援の一団がいて、トップで設楽選手が通りかかると、すごい声援でした。

2位集団まで見て、ビル7階のルームへ行って手続きをし、事前の問診で血圧
をはかると少し高めでした。やはり、箱根駅伝の熱気で興奮したのでしょう。
今日はベテランの看護士さんに穿刺をしてもらい、良い気分で血小板を抜い
て参りました。

日本体育大学の皆さん、強風の中、巧みなレースの組み立てで
26年ぶりの往路優勝お見事でした。素晴らしいチームワークでした!

posted by かまなりや at 15:02| 養生話・献血・湯屋

2012年12月14日

 献 納


 本年の献血納め、約して 『けんおさ』 に行ってきました。
 もちろん、成分です。今日の担当の方は手ダレ揃いの東口
 ルームではめずらしく手際が悪く穿刺もお上手ではありま
 せんでした。今頃になって針痕がこころもち鈍く痛みます。

今年はまめに献血に赴きました。数えてみたら8回、二月に一度以上のペースで
す。でも、以前にも書きましたが私の献血の動機はたいそう不純で、ただ看護士
さんにちやほやしてもらいたいがために行くのです。あまつさえお土産までいた
だいて、果報この上もありません。さらに採血した血液がお役に立つのであれば
幸甚の至りです。

来年は12回、即ち月一回を目指してみましょうか。皮切りは1月2日の初献血が
いいでしょう、箱根駅伝を見ながらまったりと血を抜いてもらい 『はつけん』 と
洒落ましょう。  上手な方に当たりますように。

posted by かまなりや at 17:34| 養生話・献血・湯屋

2012年09月07日

 第1類医薬品


おとつい、無事に上の歯の歯石除去を終えましたが、今度の衛生士さんはあまり
お上手でなく、小一時間、正に苦行でした。これほどに施術者の技量が反映する
治療もありますまい・・・歯科関係者の方のお話だと衛生士さんのご指名はして
良いのだそうですが、行きつけの医者ならともかく、二度目の通院の50オヤジが
中々できることではありません。そしてやっぱり前回もそうでしたが、しばらく
歯が沁みて、一番奥の炎症を起こしている歯が食べるとズキズキ痛みます。

 施術後はよくある症状らしく、だんだん痛みはとれるのです
 があまりに痛い時は仕方なく鎮痛剤を飲みます。以前整形
 外科でもらった痛み止め(ロキソニン)があったので飲んで
 いましたが、いよいよそれも少なくなり、歯医者さんでは薬
は出なかったので市販のものを買ってきました。第一三共のロキソニンSです。
これ、薬剤師の居る薬局でしか買えませんが市販薬です。この薬、とても良く
効きます。主成分は処方薬と同じで、一錠を水で飲むだけ、40分ほどで効果が
表れ、4〜5時間効果が持続します。あまり効くので常用は避けたいところですが、
一日2錠は飲んで良いことになっています。

とりあえず、歯科治療は一段落し、様子をみて今度は噛み合わせの治療をする
のが良いとの医者の所見でしたが・・・しばらくは歯医者には行きたくないです。
これでよほどまだ改善されないようなら考えますが、行かずに済むのであれば
避けて通りたい歯医者さんです。

かなり広い範囲の痛みに効く薬のようです。12錠入り680円でした。

posted by かまなりや at 17:19| 養生話・献血・湯屋

2012年08月25日

 し か


大嫌いな歯医者さんへ行ってきました。10数年振りです。
暫らく前から、左下の奥歯7番いわゆる第二大臼歯が鈍く痛み、ぐらついていま
した。が、せっせと歯磨きマッサージでお茶をにごしてきました。それがここへ
きていよいよ痛みが増し、我慢できないほどではないものの悪化すればひどか
ろうと、苦肉の選択、年貢の納め時、と腹を括り、歯科受診を決意しました。

 歯科医曰く、要は歯石が貯まって衛生状態が悪くなり歯周病
 が悪化して歯槽骨が衰えて歯がぐらついているので、まずは
 歯石をきれいに除去して衛生状態を回復することでしょうとの
 所見。早速、下の歯から歯石取りという段取りになりました・・・

がしかし、以前むちゃくちゃ不器用な歯科衛生士に口の中をひっかき回された苦い
経験があり、以後すっかり恐怖症に陥った私は泣きながら 『何卒何卒お手柔らか
に』 と懇願し更に超音波器具は嫌だとこれまた泣きながら駄々をこねると、今日
の衛生士さんはスケーラーで根気良く削ってくださり、所々弱くした超音波器具で
丁寧に仕事をしてくださいました。その間何と一時間! 仕事とはいえ、十年余も
歯科治療をしていない中年親父の貯まりに貯まった石をよくぞ削って下さいました。
僭越乍ら私も、不安と恐怖の60分間、口を開けっ放しで良く耐えました。おかげで
治療後は痛みも紛れましたし、きれいになった歯はつるつるして良い気持ちです。

でもね、治療の後遺症というものか、夜も更けたしさあ寝るべいと横になって目を
つぶっても今日のことが脳裏に反芻されて気が高ぶり、全く眠れません・・・
そんなわけで日付も変わった今頃にこの記事を書いているのでございます。
これも一種の過敏症でしょうねぇ。 (時間参照↓)

さて、歯周病と知覚過敏は一生付き合わねばならない持病とあきらめて、まずは
今日の首尾を喜ぶといたしましょう。が、今日はまだ下半分、次回上半分の治療が
待っています。 次回予約は9月5日・・・ また眠れなくなっちゃう。

初診の患者さんにサービスですと貰った歯ブラシ、せっせと磨きましょう。

posted by かまなりや at 01:45| 養生話・献血・湯屋

2012年08月15日

 ピロリ


 お盆終戦記念日の内視鏡検査も無事に終わりました。噂にたがわず
 経鼻内視鏡は楽で、あっという間に検査は終了し、検査時間に引き
 比べての待ち時間がじれったいほどでした。結果 『萎縮性胃炎』 と
 の所見、長年の暴飲食生活のツケが胃内膜をすり減らせたとでもい
うべき慢性症状で、すぐに危険なものではないそうです。が、楽観もできぬらしく原因は
ピロリ菌がおおいに関与していることが多く、菌が陽性なら除菌をと薦められました。が、
潰瘍が無いと保険適用にならず実費で高額だと聞き、更に成人男性のほとんどがピロリ
感染をしていて、発癌する人は確率的には低めであると聞き、じゃあせっかくだから飼っ
とくべいとピロリの検査は断ってきました。若い担当医は不思議そうな顔をしてましたが、
私はメタボだのピロリだのといったぽっと出の学説には、常に懐疑的な立場をとります。

だいたい江戸の昔から上手く付き合ってきたのであろうおとなしい菌を悪者にして何でも
かんでも除去するのは剣呑です。人の体には多くの細菌が居て、お互いに利害で共存し
ているのですからいくら清潔志向とはいえ、少々はくっつけていた方が良いでしょう。よし
んば、この菌が胃癌を助長するとしても、菌類だって宿主を失うわけですから好んで宿主
を滅ぼすような詰まらぬ悪さはいたしますまい。胃癌患者の多数がピロリ陽性だとのこと
ですが、そりゃぁこれだけ繁殖している菌なら確率は高いでしょう。菌も身のうち上手く
付き合うとしましょう。でもねぇ、ものが美味しく食べられないじゃぁ詰まらないですから、
体をいたわり養生をしてお酒も食事も生きてるうちは楽しみたいものです。そのため
にも、胃の内視鏡の検査は一年に一度受けときましょうか、とっても楽でしたしね。

ピロリーン♪ 鼻からそうにゅう〜 なんてね。

画像は全く関係ない、阿佐ヶ谷の朝焼け

私の胃の画像が見たい方はこちらから
posted by かまなりや at 16:56| 養生話・献血・湯屋

2012年08月14日

 Evis Lucera Spectrum


 てもたいそうなタイトルですが、イーヴィス ルセラ スペクトラムと
 読みます。なんじゃそりゃと思われるでしょう? まあ一言で云えば
 『胃カメラ』 のことです。明日、これを呑みます。先週から胸焼けが
 ひどく、ものを食べると食道に詰まるような感覚とみぞおちの鈍痛が
伴い且つ、食後はげっぷが頻発し往生しました。そこで、胃腸科の検診と相成ったわけ
です。どうせ呑むなら安酒より大吟醸!この界隈では最新機種を誇る 『ららぽーと横浜
クリニック』
 に行って予約をとってきました。最近のは細くなって、鼻から挿入するの
だ(経鼻内視鏡という)そうです。先週一度診察を受け、レントゲンと問診をしましたが
やはり内視鏡検査をしないと何ともいえないとの所見。で、一番すいているというお盆の
真っ只中の胃カメラ検診となった次第です。

胸焼けはすっかりもう症状が無くなり、つかえる感じもありません。でも、無症状でも何
がしかの病巣でもあれば歳も歳だし心配です。今日は午後九時から絶食、もう五時だし、
これを書き終えたら急いで晩酌しなきゃ、では皆様、楽しいお盆休みを。

胃 カメラファンの方、こちらのサイトに詳細なスペックが出ています。オーリンパース!

posted by かまなりや at 17:04| 養生話・献血・湯屋

2012年07月21日

 17G


昨日、ふた月ぶりに献血に行ってきました。
すっかり行きつけとなった横浜駅東口の献血ルームで、まったりと一時間、
成分献血をして参りました。

 献血で本採血に使う針は太いです。針のサイズはゲージという
 単位で表されますが、献血針は17ゲージ、これは1インチの
 17分の1という寸法で、およそ1.4oです。これがブスリと来る
 のですから痛いです。ところがこの穿刺が看護師さんに
よってかなり技術差があって、時々に感触が違います。昨日の看護師さん
は下手ではないのですが何かためらいがちでちびっと痛かったです。上手な
看護師さんは、狙った血管にすいっと通します。チクリとはしますが気持ちが
良いものです。いわゆるいい仕事というやつでしょうか、その手つきや穿刺の
職人芸は見ていてもうっとりしますし、すっと太針が通ると思わず 『あぁーん』 と
声が出そうになります。

東口ルームは手練れ揃いなのですが、ひと方もの凄くこの穿刺の上手な方が
いらして、密かに私はその方に針を通して欲しいと願いつつ伺うのです。が、
中々にそうそう運良くめぐりあわせるものではありません。しかしながら幸運にも
昨日は、事前の検査での採血がその方で、細い針ながら(21G)刺してもらい、
感激しました。声は出しませんでしたが、血圧は上がったと思います。

次回は8月頃にまた伺う予定です。
東口ルームの皆さん、その節は又よろしくお願いします。

山形の献血ルーム スタッフブログ
わかりやすく針の話が出ています。




posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋