2017年09月17日

 もんぶらん




ひと夏使った蚊取り線香の小鉢に灰が盛り上がって、さながら洋菓子のモンブランのようになりました。もう少し繋がっていたらもっと美味しそうに見えるのになぁと内心では「惜しい」と呟きながら写真を撮りました。まだ、暫くは蚊取り線香を焚くことでしょうから、もう少しきれいに盛り上げるべく、さり気無い人知を及ぼしましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年09月15日

 さいごのすいか




この夏最後の西瓜を食べながら、今年の天候不順な8月を恨めしく振り返つつ、9月も半ばに差し掛かりお彼岸も迫ってくると、秋の到来が嬉しいやら、急速に迫り来る年の瀬が恐ろしいやら、千々に心は乱れます。季節の変わり目には自分の感情型の性格が恨めしくもありますが、今更変えることもできないので潮に流され乍ら歳をとるしかないのが現状です。やれやれ。

何やら台風18号が迫っている様子、連休は荒れそうですな。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年09月10日

 べんとう




たいそう久方ぶりに 『御弁当』 を拵えてもらい、お昼に出先で食べました。こういうと惚気に他なりませんが、かかあに作ってもらう弁当はいいもんです。私事ですが、私は母が作る弁当が(作ってもらっておいてこういうのもナンですが)口に合わず、中学・高校と昼食弁当に関しては聊か苦い思い出があります。今でも給食制度があればと恨めしく思うほどです。そんな訳で、伴侶は弁当作りが嫌いではない人をと考えていましたが、運よく家人は御弁当作りが好きらしく、ありきたりなものですが手を抜かずに拵えてくれるので助かります。

弁当という言葉は 『弁えて(そなえて)用に当てる』 がその語源であると聞きますが、まさしく備え携えて安心な糧食、御弁当はすばらしい食文化だと思います。

一粒残さずいただきました、ご馳走様でした。

posted by かまなりや at 18:33| 時事・私事・家事

2017年08月23日

 ざこしん




先月5日に庭と畑の草取りを頑張りすぎてからというもの、腰と左の尻べたから左足のふくらはぎにかけて鈍い痛みと痺れが続いていました。我慢ができない痛みではないのでそのうちに治るべいと高を括っていましたが、先週の岩手への運転往復でどうにも悪化し、仕方なくかかりつけの整形外科に行ってきました。お医者の所見は腰のヘルニアによる坐骨神経痛とか、ついに腰痛は慢性化し神経痛まで身につけてしまった模様です。

まあ、くよくよしても始まりますまい。今日は久しぶりにきれいな夏の青空でした。青い青い空を見上げて腰を伸ばし、背筋も伸ばしてコツコツいきましょう。

posted by かまなりや at 18:57| 時事・私事・家事

2017年08月16日

 うたがい




芋乃市場女将旧姓工藤里恵子の故郷は、岩手県釜石市甲子町の唄貝という地区にあります。厳密には母方の生家で今は伯父に当る方が当主です。ここは釜石と遠野を結ぶ峠道その名も 『仙人峠』 釜石側に位置する山間地でこう言ったらお住まいの方々に失礼ではありますが、山の中のド田舎です。最寄駅は銀河鉄道のモデルになったJR釜石線の 『陸中大橋』 駅舎もなければ駅員も居ない寂しい駅です。然しながら、釜石鉱山が活況だった頃には製鉄所に運ぶ鉄鉱石を載せた貨車がひっきりなしに行きかい、社員さんたちの社宅が立ち並ぶそれはそれは賑やかなところだったのだそうです。

久しぶりにお盆の時季にお尋ねして、伯父さんや叔母さん従兄弟さんとお話しをして、山の空気を吸って、日本の夏の原風景を満喫してきました。残念ながら、こっ寒い雨続きでしたが花巻の詩人宮沢賢治が詠んだ 『サムサノナツハオロオロアルキ』 とはこんな気候だったのであろうなと思いを馳せつつ、雨ニモマケズ東北道を9時間走って帰ってきました。

二泊三日ではありますが、楽しい旅行でありました。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年08月11日

 おかんざけ




今日も一日時雨れて、梅は室内待機となりました。梅を干したいのに、いかさま梅雨のような陽気で気持ちは釈然としないまま工房で作品の高台削り仕事を済ませ、晩酌しながらこの記事を書いています。涼しいので今日はお燗酒です。

仕事をしながら高校野球をラジオ観戦していますが、甲子園は陽射しが照りつけて羨ましい限り。いっそ梅を持って甲子園に行きアルプススタンドで応援しつつ干し上げたい衝動に駆られます。

無理だわなぁ・・・

posted by かまなりや at 18:35| 時事・私事・家事

2017年07月29日

 か さ




出先で雨に降り込められ、仕方なく傘を買うことにしましたが周辺にはコンビニエンスストアしかなく、渋々セブンイレブンでビニール傘でも買うべいかと入店し傘のコーナーを見てみたら、ちょっとしっかりした長い傘がありました。お安いビニール傘の使い捨ては嫌だったので迷わず黒い大きな傘を選んでレジへ行くと1,458円でした。

差してみると大きくてしっかりしていてコンビニの商品とは思えない物で少々びつくり。帰宅後調べてみたら、佐藤可士和さんがプロデュースし、きちんとデザインされた商品でグッドデザイン賞まで受賞しているという一品でした。正式な商品名は 『7ライフスタイル 風に強いワンタッチ長傘70cm』 昨年2016年度に受賞しています。

コンビニは便利ではあるもののどこか間に合わせ的な利用しかしないので、商品に関してもそういった物しか置いていないものだ、という先入観でいささか軽んじていましたが、どうしてどうして侮っては居れません。

セブンイレブンさん、いい〜仕事です!

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年07月22日

 あ め




雨が降らず、お洗濯が捗るまま7月も下旬になり空はすっかり夏の雲になりました。もう、こういった異常な気象には慣れたつもりでも水不足の影響を心配せずには居れません。先日の雷と雹にも驚きましたが、この夏は更に驚くような気象現象を目の当たりにすることになるかも知れませんねぇ。

クワバラクワバラ・・・

posted by かまなりや at 17:56| 時事・私事・家事

2017年07月12日

 ごせんぼん




100円ショップでホチキスの針を買ったら、ワンパック5箱入りでした。ひと箱1000本入りですので、都合5000本!こりゃぁしばらく買わなくて済みそうです。

まるでスナックチーズのようですねぇ。

posted by かまなりや at 17:37| 時事・私事・家事

2017年06月29日

 柔




何かを食べて、『やわらかくて美味い』 と喜んでいると、家人から 『あんたはやわらかければ何でも美味しいと言うのね』 と、呆れたように窘められます。まさかにやわらかければ何でも美味いと感じるわけではなく、苦いものや辛すぎるものはいくらやわらかくても美味しいとは言いません。が、家人の言うとおりやわらかければ大概はオーケーで、画像の煮こごりなどはプルンとして口の中でとろけて最高のご馳走です。やわらかいご飯、やわらかいお餅、やわらかい麺類、やわらかい煮物、やわらかい炊き物、などなど、考えるだけで食欲が湧いてきます。

客観的には偏重した嗜好であろうことは理解していますが、これからも私は自分の味覚と嗜好を重んじ、食においては、柔能く剛を制す 『やわら』 の道を突き進む所存です。

posted by かまなりや at 17:36| 時事・私事・家事

2017年06月03日

 はたけ




江戸川名産 『小松菜』 の、畑です。私は最初、長閑な露地栽培を想像していましたが、あにはからず大きなハウスの中で作られています。いわゆる施設栽培ですが、暑い時期は壁が開け放たれて中がよく見えますのである意味開放的です。こんなハウスが住宅街のあちらこちらに見受けますので、東京都であることをちょっと忘れそうになりますが都の東端に美味しい小松菜の名産地があり、その場所に縁ができたことを少し誇らしくも思います。

施設栽培では年間最大8回ほども作付けが出来るのだとか。品種も季節に合わせて多種開発されているそうで、新鮮な菜が一年中食べられるとのこと。季節感の無い菜っ葉ともいえますが、旬は冬。ですが、夏の小松菜も捨てたものではありません。鉄分とミネラルが豊富でシュウ酸が少ない小松菜はホウレン草に比べてアクが少なく、食べやすい野菜です。画像のハウスの中では収穫を間近に控えた菜っ葉がすくすくと伸びていました。

界隈の直売所では、一把(40株ほど)200円というお得値で売られています。お浸し、炒め物等色々な活用法がありますが最近ではスムージーに入れるという方の声をよく耳にします。江戸川区にお越しの際はぜひ、地場産の小松菜をお土産にどうぞ。

小松菜WEBサイト

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年05月28日

 にくめない




中途半端に残った蚊取り線香を繋いで使ったら顔のようになりました、何だか憎めない表情です。

蚊を、撃退する顔には見えませんねぇ、くすくす。

posted by かまなりや at 18:30| 時事・私事・家事

2017年05月27日

 よしのさくらんぼ




裏庭の桜(ソメイヨシノ)に実がなります。かわいい、美味しそうな実で、食べてみたこともあるのですが、はっきり言って不味いです。でも鳥たちにはご馳走のようで、ムクドリやオナガなどが喜んで食べにきます。賑やかに鳥が集まるのは微笑ましいのですが、鳥たちは食うだけ食って遠慮なく用も足していきます。

この木の下には、我が家の洗濯干し場があります・・・

posted by かまなりや at 18:00| 時事・私事・家事

2017年05月22日

 えんかれー




今日は、というより今日もと言うべきでしょうか、保育園での陶芸教室へ行ってきました。今年度から教室を開かせていただく川崎市内の園は新築のきれいな園です。ほとんどの保育園では午前中に教室を開いてお昼の給食を園児さんたちと一緒にいただきます。今日のお献立は何と!大好物の 『保育園カレー』 喜んで平らげてきました。

辛いものが苦手であることや、冷めたものや、のびた麺が好物であることはこの日報でも再三露悪してきましたが、この保育園のカレーへの愛着は自分で言うのもナンですが誰にも負けないと思います。(元より誰も競う相手はいないとは思いますが・・・)何よりも陶芸教室で伺った日にカレーの献立に当たる確立は概ね一年に一回あるかないかという希少なもの。更に言えばこのカレーは保育園関係者しか食べられない貴重なメニューです。今日は興奮しつつも、ねっとりと仕上がったチキンカレーを美味しく堪能してきました。

願わくば大手のカレーメーカーさんには、『海軍カレー』 のように 『本格!保育園カレー』 を商品化してほしいものです。(カレーの王子様などの既存品はちょっと園カレーとは違うんですよねぇ。)若しくは、各地の保育園さんがレトルトで商品化して販売してくださればとすら思います。食品メーカーさん並びに保育関係者の皆様には何卒ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

posted by かまなりや at 18:02| 時事・私事・家事

2017年05月21日

 か




昨日今日と暑くなりました。関東横浜も気温が25℃を超え夏日となり、そうなると湧いて出るのが 『蚊』 です。蚊が湧いてくるとなるとやはり、蚊取り線香が手放せません。

蚊取り線香の香りがすると、しみじみと夏を実感しますね〜。

posted by かまなりや at 20:12| 時事・私事・家事

2017年05月20日

 き




朝の連続テレビの舞台が茨城だそうです。テレビを見ないので、ついこんな書き方になってしまいますが、出演者の木村佳乃さんの 『いばらぎじゃなくていばらきです。』 という台詞が感動的だったとか。20代の頃、茨城県には5年ほど農村留学しましたので、茨城のお国言葉は概ね理解しています。北関東のお国言葉には濁音が比較的多いのに茨城の 『き』 が、『ぎ』 と濁らないのには留学当時にも疑問でした。例えば、若林は、わがばやしといった具合に軽い鼻濁音に訛りますし、日常とてもよく使う 『いかっぺ(いいね)』 は、いがっぺと濁ります。個人差はあるもののほとんどの方がこう発音します。いばらきにしてもぎに聞こえる方も多いので、暫くはぎだと思っていました。が、茨城の人々は自県愛からこの 『き』 問題に関してはきっぱりとした矜持を持っていらっしゃるように感じました。相手の立場になって考えてみれば、自分の住む神奈川が、『かなかわ』 なのに、かながわと発音されたらきっと神奈川県民も 『かながわじゃなくてかなかわです。』 と言いたくなるでしょうし、東京の方々にしても茨城県へ行って 『あれぇ、おめぇらとうぎょうからきだのげ?』 と茨城弁で尋ねられたら、『とうぎょうじゃなくてとうきょうです。』と、いいたくなることでしょう。

東京生まれ横浜育ちの私はお国言葉に憧れがありました。5年という短い期間でしたが、茨城に住んでそういったお国言葉に触れることができたのは幸甚でした。近所の方々には、まだまだだっぺなと言われましたが、本人は同時通訳ができるほどに体得したと思っております。茨城へご旅行の際の通訳はぜひご用命ください。

今日もあづくなっぺなこれぇ。きいつけていげよ〜。んで、まだな〜。

○ 画像は、住まわせてもらっていた分校跡地の胡桃の木の孫木、だいぶ大きくなりました。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年05月17日

 せんべい




煎餅が食べたいなあと思っていたら、あちらこちらからお煎餅の差し入れを頂戴しました。ここのところ正直に暮らしているので、天の神様が御褒美を下さったのでしょうか?はたまた甘い物を好まないという嗜好が皆々様に周知された証でしょうか?なんにしても幸福な偶然に驚きつつも、喜んでいただいております。

甘いお菓子を一切食することの無い私のお八つは決まってお煎餅ですが、中でも胡麻煎餅は好物です。今日は銀座松崎煎餅の5月限定商品 『揚丸(胡麻)』 を頂戴しました。大振りの揚げ煎餅に胡麻がたっぷりと入っている秀品です。

暫く、楽しめそうです。

posted by かまなりや at 17:55| 時事・私事・家事

2017年05月04日

 にしや




相鉄線西谷駅南側の西谷商店街は、こう言っては失礼ですが、寂れています。いつ通りかかっても閑散としていますが、今日は連休の中日とあって輪をかけて人通りはまばらでした。相模鉄道はJR線・東急線直通運転に向けてせっせと工事を進めています。西谷駅はその分岐点となる重要な拠点駅。にもかかわらず、バスターミナルもなく、乗降客も多くを見込めないこの駅を直通運転の車両は通過してしまうかもしれないとのこと。商店街の運営側は盛り返す好機と見ているようですが旗色は甚だ芳しからぬようです。

この地に住んで40年超、生まれた地ではないものの愛着はあります。できれば西谷の町も盛り返してほしいものです。相鉄さんには、ぜひ全車両といわないまでも西谷に止まる電車をダイヤに織り込んでいただきたいものです。開業は2022年になる予定だとか、西谷から真っ直ぐ東京へいけるなんて、夢のようですなぁ。

posted by かまなりや at 17:35| 時事・私事・家事

2017年04月12日

 ちりぎわ




満開の桜が散り際を迎え、はらはらと散り始めました。この瞬間が好きです。春の風が吹いて、花びらがひらひらと舞って、青い空に吹雪くのはとてもきれいです。陶器を焼いていると、何故こういった割れてしまうものをわざわざ作るのだろうという矛盾を抱えています。そして日本人は何故こういう脆いものを好むのだろうという疑問も拭えません。でもたぶん、うつろう四季の変化を肯定する美意識がその根底にあるのだろうと思います。雪月花というきれいな言葉が象徴するように美はうつろうものとして、動的に捉えているのでありましょう。

今日はそんな花の舞う青空に、ツバメの姿も見つけました。

posted by かまなりや at 18:00| 時事・私事・家事

2017年04月10日

 さくらさくら




今日はたくさんの桜を楽しみました。朝は自宅の木が咲きそろったものを久しぶりの良いお天気の中で眺め、午前中は東京江古田に自転車を譲ってくださる方と会いに赴き千川通りの桜並木をドライブ方々堪能し、午後は都筑区のタイヤ屋さんへ行く道すがら時間調整方々都筑せせらぎ公園をお散歩し、たくさんの目の保養をしました。

年度末の疲れを引きずっている上に、アレルギーの咳のストレスが重なって実はここ数日少々塞ぎぎみだったのですが、とても素敵な自転車を譲ってもらえたご縁と、仕事仲間の心優しいアドバイスと、桜の花のおかげで、心の雲はとれました。明日からまた頑張れそうです。

この春から、ィエローな自転車に乗ってあちこち回ります。ご近所で見かけた際には遠慮なくお声掛けください。

画像は、都筑区 『せせらぎ公園』 の、満開の桜

posted by かまなりや at 19:50| 時事・私事・家事