2018年03月31日

 ねんどまつ




今年度も大晦日になりました。裏庭の桜も満開、明日の日曜日は『お花見』をします。

何とも忙しいこの三ヶ月でしたが、明日は花の下で浮かれて心の垢を落としましょう。

今年度もたいへんお世話になりました。来年度もよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よい新年度をお迎えください。

posted by かまなりや at 07:30| 時事・私事・家事

2018年03月24日

 は な




春分の大雪にはたまげました。開きかけた桜の花も足踏みをしたようですが、昨日の暖かさでずいぶん開きました。画像は19日の記事の蕾と同じ枝の花です。

1月から続いた繁忙はこの年度末にピークとなり、3月は一日の休みもないままお彼岸が明けようとしています。然しながらその多忙もどうやら一段落しました。花を眺める心の余裕も取り戻しましょう。

股引とにらめっこして彼岸明け

posted by かまなりや at 07:53| 時事・私事・家事

2018年03月16日

 し ん




ウチの家族(といっても自分を除けば二人)は、お便所紙の芯を捨てるのが下手です。私が発見することしばしば、最初のうちは『芯を捨てろよ』と二人に言い聞かせていましたが一向に改善される模様は無く、相も変わらずペーパーホルダー若しくはストッカーに芯が残っています。痺れを切らして目立つ場所に置いて出たり、芯に『芯を捨てよう』と墨書したりと手を尽くしましたが、それでも改善の様子は見えません。いよいよもってどうやって啓蒙するかと思案の末『芯を捨ててちょうだ〜い♪』と財津一郎さんの真似をして歌ったり、やさし〜く諭したりしてみましたがやはり変わらず芯が残っているので最早諦めました。

万策尽きてこれはもう、逆上がりのできない人を鉄棒に向かわせるとか、自転車に乗れない人に無理に乗せるとかそういった無理筋なのだと自分に言い聞かせ、後始末は自分ですればよかろうと了見しました。

さあ、お二人とも『芯は残しておいてちょうだ〜い♪』

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年03月03日

 じゅうよねん




この『陶房日報』は2004年の3月にスタートしました。過去2度のサーバー移転をしましたが、開設当時のサイトは閉鎖されネット上に記事は残っていません。(印刷物有)その後、このサイトにもリンクされている『旧陶房日報』(2006〜2012年・エンピツ)から、さくらのサーバーに移転しブログ形式に変更したのが2012年8月でした。この三月でこの日報も満14年、年度が明けると15年目に突入します。

ここのところ忙しさに紛れて記事がまばらになっていて、ほぼ毎日更新という建前が危うくなっていますが、やめる気は毛頭なく、今後もちょっとした読み物としてまた自分の思考(嗜好)の記憶として機能することを望んでいます。

記事構築のモットーは『一笑』読まれた方がクスッと笑える一文を目指しつつ、日々千千に思うことを書きとめていきましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年02月25日

 うぉー どぉー




LS北見の皆々様の活躍には感動しました。3位が決定したときには、チームの一員のように泣きました。辛抱強く的確なストーンの配置、笑顔を絶やさない試合運び、試合を決定付けたのは英国スキップ選手の失投ですが、それを引き出して勝機を掴んだのはそれまでの一手一手が確実に効いていたからなのは英国チームが一番感じたことでしょう。見事な銅メダルでした。カーリングは試合が終わる瞬間がとても清清しく感じます。勝っても負けてもまず握手を求め、その後に喜びや悲しみを噛み締める、礼に始まり礼に終わる日本の武道に通じたものを感じます。

さて、2日続けて真夜中まで起きて観戦していたのですっかり生活のペースが乱れて疲れが増してしまいました。こんな歴史的な瞬間に立ち会えたのですから、文句を言う筋合いではありませんが、疲労は3倍付けになっちゃいました。今日は閉会式ですが、見ずに早寝をします。

では皆様、おやすみなんし。

(画像はやっとほころんだ芋乃市場の梅の花)

posted by かまなりや at 19:03| 時事・私事・家事

2018年02月22日

 競技者Mの献身




韓国で開催されている冬のオリンピックを楽しく(テレビが無いので専らラジオで)聞いています。今大会は多くの日本人選手がメダルを獲得して大いに盛り上がっており、特にスケートの人たちの活躍には目を瞠るものがあります。

数多ある競技の中で、個人的にはやはり、女子カーリングの『LS北見』の皆さんの活躍から目が離せません。選手は小柄な方が多いのに世界の強豪国と対等にプレーをし、頭脳と技術を駆使して予選を突破した姿には大いに感動しました。聞けばこのチームはトリノ五輪カーリングに出場した本橋麻里選手が発起し選手を集め、鍛え上げてきたとか。今大会で本橋さんはリザーブ選手として裏方に徹し、選手がいかに良い状態で氷の上に立てるかをサポートしているそうです。トリノ大会でおどけて見せた雰囲気は微塵も無く、コーチボックスで鋭い視線を投げる彼女からは今大会に賭ける強い思いが感じられます。

決勝トーナメントで選手の皆さんには、硬くならずに伸び伸びとプレーして欲しいと思います。そして良いゲームを作って悔いの無い試合をし、願わくば3番以内に入って皆で(特に本橋さんに)メダルを獲得して欲しいです。そんな願いを込めて、今日は『ししゃも』を食べて気合を入れました。(私が気合を入れてどうにかなるものでもないのですが・・・)

兎に角、がんばれニッポン!がんばれLS北見!

posted by かまなりや at 19:06| 時事・私事・家事

2018年02月21日

 てちょう




私の手帳は、4月始まり版です。今月初めに売り出され、購入したもののまだスケジュールは書き込まれていません。そろそろ来年度の日程の調整をして、きちんと書き込んでおかないといけない時期になります。今年度は少し無理筋の日程を組んでしまいましたので、来年度はその反省を生かしきちんと休暇を設定して働くとしましょう。

posted by かまなりや at 20:11| 時事・私事・家事

2018年02月19日

 霜 焼




今冬は寒さが一段と厳しかったせいか足の指が『しもやけ』になってしまいました。それでなくても冷え性なので車の運転は暖房を足元に集中させているのですが、暖かくなってくるとムズムズと掻痒感に襲われます。

画像は先月22日の雪の日にふざけて撮ったものですが、こういうことをやってるから、しもやけなどになっちゃうんでしょうねぇ・・・ 反省。

まあでも着実に、春は、近付いて居ります。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年02月18日

 冬の終り




じ〜んわりと季節が動きます。関東横浜新井町でも、福寿草が咲きました。季節の変わり目、年度末、色々なことが変わる時期にさしかかりますが、落ち着いて順応したいと思います。

風も、春のものに変わっていくのでしょう。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2018年02月15日

 おりかえし




逃げる二月は、あれよと半月が過ぎました。聖チョコ祭となったバレンタインデイも、最早関わり無いものと思っていたらば奇特な生徒さんが銘焼酎を散りばめた素敵な詰め合わせをプレゼントしてくださいました。家人が喜んで食べているのをすこーし齧らせてもらいましたが中の焼酎がゼリー状に加工してあり、それはそれは美味に拵えてある逸品でした。『これは良い物よ』などと頷きながら菓子を頬張る女房を見ながら『君からは無いのかね?』などとは恐ろしくて聞けず、『それは良かったねぇ』などと相槌を打ちつつ、下さった生徒さんに感謝の意を新たにいたしました。

明日は新月。海の向こうのチャイナでは春節になります、横浜の中華街も賑やかになることでしょう。季節はじわじわと移ってゆきますなぁ。

posted by かまなりや at 17:03| 時事・私事・家事

2018年02月14日

 へいせい




買い物をしたお釣りの500円硬貨がやけにピカピカしているので良く見てみたら、平成30年の新貨幣でした。何となく有り難かったので画像化してよおく見てみると、真新しい五百円は良くできていて、日本の造幣技術は素晴らしいなぁと改めて感心してしまいました。

昭和57年(1982)に登場して、平成11年(2000)にマイナーチェンジをしつつ30年間『平成』の世の中を見つめてきた500円硬貨の元号も来年には新元号の刻印に変わるのでしょう。同じ2000年に発行された二千円札と違ってすっかりおなじみの硬貨になったのには、半分という考え方が好きな日本人の気質にマッチしたことと、巧みな偽造防止技術を駆使したデザインにあるのでしょうな。

よーく見ると、両面に『NIPPON』という小さな隠し文字が刻印されているんですよぉ、(因みに『N』はここ、とてものことに肉眼では見えません)お暇な方は、探してみてください。

posted by かまなりや at 18:18| 時事・私事・家事

2018年02月05日

 ひとだんらく




年明け9日からの繁忙に一段落がつきました。自分でスケジュールを組んでおきながら、やれ忙しいの疲れたのと言っていることがそもそも本末転倒しているのではありますが、兎にも角にも体調を保ちつつやり遂げたことに、ホッとしています。まだまだ年度内は風邪を引く暇も無いほどなのではありますが、このひと月を乗り切ったことを良しとしましょう。

そんな良い気分ですから、庭の花を眺めたりする心の余裕も生まれて、ロウバイの甘い香りもいつにも増して心に沁みました。さあ、明日からもまた、がんばってまいりましょー。

関連記事 2018年1月4日 はじめ

posted by かまなりや at 18:41| 時事・私事・家事

2018年01月10日

 がじょう




2012年に年賀状を廃止し、かれこれ6年が経ちますが今年も50通近い年賀状をいただきました。ほとんどが元日に届いていますので、皆さん年内にきちんと発送して下さっていたのでしょう、有り難いことです。まだきちんと目を通していないのですが、気持ちが落ち着いたらゆっくりと拝見したいと思います。その上で遠方の方には寒中お見舞いという形でご挨拶させていただきましょう。

それにしても、手書きのものは激減しましたねぇ。

posted by かまなりや at 18:02| 時事・私事・家事

2018年01月08日

 ましこから




楽しい新年会を終えて、益子から帰ってきました。祝日(成人の日)の今日の道路は一切渋滞が無く、驚くほどスムーズに都心を首都高で通り抜け帰着しました。

造形作家のKINTAさんとは、かれこれ30年を超えるお付き合いになります。修行地であった茨城県岩間町で知遇を得、造ることを通して、生きることまでを自らの実践で示していただいているように感じています。ご本人に教えているというような押し付け感はなく、こちらが勝手に吸収させていただいているのですが、惜しみなくその哲学をさらりと実製作で開陳してくださるので、そのおおらかさに唸りながら学ばせていただいています。今日は、新しくできた『ましこ道の駅』まで道案内をいただき、夫婦でご一緒に記念写真を撮って、とても良い記念になりました。(何もごみ箱の前で撮らなくても良いと思うでしょう?実はこれ、KINTAさんの作品なんです。)

良い師と出会うことは、何よりの幸運であると、しみじみ思います。
(画像は師匠よりちょっとえらそうですねぇ・・・スンマセン)

ちょっと古めですけど、KINTAさんを紹介した記事サイト 100%LIFE

posted by かまなりや at 19:44| 時事・私事・家事

2018年01月07日

 ましこへ




七草七日の今朝の朝ご飯は、お粥でした。でも草は一種類だけ、江戸川名産の小松菜です。本来なら春の七草を炊き込むべきですが、今日は栃木へ移動する準備が忙しく手間を省きました。今日は益子の造形作家KINTAさんとお嬢さんのお誕生会にお招きいただいており、家族揃っておじゃまして、夜半のパーティでお鮨を握らせていただきます。

毎年のようにお誘いをいただき今年で7年目、恒例となりつつありますが毎年お子さん方は成長し、お正月ということも手伝って新鮮な気分で臨みます。中年の我々は加齢を思い知ることに他ならないのですが、お子達の成長は本当に見ていて眩しいほどです。

今日はきっと追記はできないでしょうから、詳細は明日にでもアップいたしましょう。では、はりきって、行ってきま〜す。

午前10時30分 記

posted by かまなりや at 14:12| 時事・私事・家事

2017年12月26日

 く れ




やっと南蛮渡来のお祭りが終わり、日本の年の瀬がやってきました。私のラップトップも箱根駅伝バージョンになりました。(何のことはないパスコの超熟のシールを貼っただけ)

陶房かまなりやも、指導の仕事はすべて終了。年越しへまっしぐらです。体は疲れていますが、心は冬空のように晴れ渡っています。さあ、残り数日、きばって行きましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事

2017年12月11日

 師 走




ここのところ忙しくて、文字通り若林先生走って仕事してます。今日は諸般の事情(実は忘年会)が絡んで、江戸川にお泊りという按配、新小岩駅前のBHにチェックインして西側の窓から首都高を見れば、中央環状線平井大橋付近は下りがびっちり渋滞中。

忙しいのに走れないストレスはいかばかりかと思いつつさて、人の心配などしている場合ではなく、次の仕事先へ向かわねば。

またもや、走ります。

posted by かまなりや at 16:03| 時事・私事・家事

2017年11月26日

 続・りくおう




陸王マグカップを買ったことは昨日の記事でご紹介しましたが、家人のfacebookでも本人画像付きで紹介されています。私個人はfbは肌に合わないので活用していませんが、出るのは大好きで、コメントが集まると満更でもありません。実はこの画像、役所広司さんを意識して役作り(てもおおげさな)したつもりが、どちらかといえば寺尾聰さんの方に似てしまいましたねぇ。でも、お二人とも大好きな役者さんです、お二人のように渋い歳のとり方ができれば申し分ありません。及ばずながらお手本とさせていただきましょう。

さて、fbのアカウントをお持ちの方はRiekoWakabayasiのfbページから友達リクエストしてみてください。運よく承認されれば、若林和正露悪コンテンツがご覧いただけることでしょう。

承認の吟味には私も参加させていただきます、お気軽に。

posted by かまなりや at 19:01| 時事・私事・家事

2017年11月02日

 ちんじゅ



子供の時分よく遊んでいた神社に久しぶりに参拝しました。周囲の家並みはずいぶん変わってしまいましたが、参道も、境内、本堂もほぼそのままで残っていて懐かしい限りです。


井戸も昔のまんまに残っていて、ポンプを漕げばきれいな水が出てきます。(現在は飲まないでくださいとの貼り紙がありますが、ガキの自分にはごーくごく飲んでいました。)

変わる街東京で生まれた事実は変えようもなく、ささやかな古里への郷愁はいつか断ち切られてしまう危うさを常に孕んでいるのでしょうけれど、この鎮守の森だけはいつまでも残っていてほしいものです。

写真を撮っている間にも数人の方がお参りにいらして熱心に手を合わせていられました。ああ、多くの方が大事にしている鎮守様なんだなぁと、とても嬉しくなりました。

子供の頃さんざん賽銭をかっぱらったので、お詫び方々少し多めにお供えしてきました。

posted by かまなりや at 19:05| 時事・私事・家事

2017年10月31日

 いちょう



ご近所の『笹山団地』の銀杏並木はこの界隈ではちょっとした名所になっています。色づく葉がとてもきれいで、車で走っていてもつい停めて写真を撮りたくなります。


一方我が家のイチョウの木はまだまだ青々として、色づく気配がありません。東向きの斜面なので温かいのかも知れませんねぇ。

さて、10月の終わりとともに、ハロインも終わります。と、なると巷はいよいよクリスマスの垂れ流しが始まります・・・

やれやれだぜ。

posted by かまなりや at 00:00| 時事・私事・家事