2017年12月27日

 じてんしゃ




今年一年を振り返ってみると、自転車に乗り始めたことが一番の環境変化でした。デザインの良い自転車を譲ってもらったことが大きな転機でしたが、ずいぶんと移動の幅が広がりました。今では常に車に積んで持って歩き、事あるごとにひょいと降ろして使っています。これからも大事に使っていきましょう。

今日は久しぶりに散髪をしてもらいました、さっぱりしました。(画像は昨年のもの)さ、あと4日、うっかり自転車で転んだりしないように気をつけて過ごしましょう。

関連記事 2017年4月11日 えろちゃり

posted by かまなりや at 17:27| 自動車・乗り物

2017年12月09日

 はつごおり




今朝は冷えました!横浜新井町ではうっすらですが初氷がはりました。そんな12月9日土曜日、営業車スバルサンバーのリコールを受けて、新横浜のスバル販売店まで赴き修理してもらってきました。先日車検を通したばかりで又もや車屋へ行くのは面倒ではありましたが、この際きっちりとメンテナンスをしておくのも良かろうと、事前に11時に予約を入れておき、きっかり11時に販売店に着きました。



リコールの問題箇所に異音異常は見つからなかったものの、当該部品はきちんと無料で交換してもらい、更にいくばくかのお詫びの品などいただいて機嫌よく帰ってきました。さあ、これで安心です、お正月は空いている東京の銭湯へ初湯ドライブにでも出かけましょう。

posted by かまなりや at 18:54| 自動車・乗り物

2017年12月04日

 メンテナンス


陶房かまなりやの営業車スバルサンバーが車検から戻ってきました。今回は前々から懸案だったプラグの交換やエアコンコンプレッサーの交換修理等が重なって時間も費用も嵩みましたが、不安を抱えて運転しているのも嫌ですから一安心です。


画像右側の新しい部品(とは言えリビルト品)がエアコンのコンプレッサー、この夏はどうもエアコンの効きが悪かったのですがこれで来年の夏は快適でしょう。


サンバーのクローバーエンジンは軽ながらも4気筒です。あまつさえウチの営業車はスーパーチャージャーという過給機付き、軽自動車にそんなもん要るんかいなという気もしますが、エンジン音と共にヒュゥーっという小気味の良い音がしてちいとイイ気分ではあります。

サンバーという車種は自社での生産を止め、他社のOEM所謂委託ブランドでの販売となってしまいました。現行サンバーは言ってしまえば、名ばかりの車です。(現行の他社OEMも良い軽自動車であることは勿論のことですが。)スバルサンバーの特徴は4気筒リアエンジンリア駆動(RR)ですので、現行の3気筒FRはサンバーという名を冠するには少々の無理を感じざるを得ませんねぇ。

我が社(いつ会社なったんだ!?)の営業車もいつまで走り続けることができるかは不明です(只今117000km)が、当面15万キロを目標にがんばりましょう。

たのむぜ、相棒。

関連記事 2017年11月20日 束 子

posted by かまなりや at 18:54| 自動車・乗り物

2017年11月22日

 おきのどく




先日、営業車スバルサンバーを川崎高津の整備工場へ車検に預けるべく、第三京浜道路を東京方面に走っていました。色々と不安のある車ですから三車線ある道路の一番左側の車線を制限速度より若干遅めの時速75kmほどで走っていると後ろからサイレンの音が聞こえました。はて、何がしかの緊急自動車かとミラーを覗けば斜め後ろのプリウスらしき車の後方から赤灯を光らせた覆面らしき車両が走ってきます。見る見るうちに追い越し車線を走った覆面はプリウスの前に出て速度を落とし、覆面のリアガラスには『パトカーにつづけ』の電飾が点滅しています。更にスピードを控えた私の車の右横を覆面パトカーに先導されたプリウスは暫く走り、左側の広くなったところに寄せられて停車させられてしまいました。多分スピード違反でしょう、失礼ながらちょいと写真を撮らせていただきました。

何キロのオーバーかはわかりませんが、覆面に停められたからにはタダでは済みますまい、お気の毒なことです。いよいよ日に日に歳は押し詰まってまいります、詰まらない納税をしないようスピードは控えめに安全運転をいたしましょう。

posted by かまなりや at 17:17| 自動車・乗り物

2017年11月20日

 束 子




我が社(いつ会社になったんだ?!)の営業車スバルサンバーの車検が迫り、あまりに小汚いので、このまま整備工場に持っていくのは忍びねえなあと、大嫌いな洗車に踏み切りました。かるーく水洗いでもすんべいと水バケツとスポンジを用意してさて擦ってみると何と!全然汚れが落ちません。そういやぁ前回の車検から2年も洗ってないなぁ無理もねえかと、亀の子タワシを出してきてゴシゴシ洗いました。おかげできれいになりました。

いや〜、うちの営業車は白い車だったのだと思い出しました。

posted by かまなりや at 18:31| 自動車・乗り物

2017年11月01日

 ぴーじー




隣接の月極駐車場が時間貸しを始めた模様。スマホで予約して、クレジットで決済、1時間100円だとか。いよいよ細かいサービスをする業態ができたものだとビツクリしています。その名も『Peasy』催し物の時には借りてみましょう。

posted by かまなりや at 18:12| 自動車・乗り物

2017年09月23日

 りこーる




陶房かまなりやの営業車スバルサンバー号にリコールのDMが届きました。何やらエンジンのクランクプーリという部品の不具合のようです。(詳しくはスバルのサイトをご覧ください。)

6年前の春に八王子の妖しげな中古車屋さんで35万円で買ったボロ車ですが、元来が丈夫な設計の上にリアエンジンというセッティングのため整備も容易で、簡単な部位ならば素人にも整備が可能なことから、ちょっとした不具合は自分で直し直し大事に乗って12万キロにもなっている車両ですので、今更リコールもスコールもないもんですが、無償で修理していただけるものならばお願いをしましょう。(長い文節でスミマセン)

そんなボロ車ではありますが、すっかり愛着の染み付いた営業車ですので、この11月にまた車検を通して寿命まで大事に乗り続けていきましょう。目指せ20万キロ!

関連記事 2017年 8月2日 直

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物

2017年08月14日

 Vanning




東北道を岩手に移動中、真っ黒いバニングハイエースを見つけ、追い抜きざまに動画を撮らせていただきました。画像はそのキャプチャです。久しぶりに走っているバニングカーを見ましたが、まだまだこういう車を使う人たちが居るのかと思うと同じハイエースオーナーとして少し気恥ずかしいような嬉しいような気分でした。でもなんでしょう、クスッと可笑しさがこみ上げるのは、多分この悪戯に過大装飾の車の滑稽さが侘びた一笑を誘うのでしょうねぇ。げに、乙な車ではあります。

お盆の東北は寒い雨で、お米のデキが気になる陽気です。田んぼは青々としていますが、これから穂が実り種をみっしりつける時季ですが遠目に見ても穂の付きが悪そうに見えました。このまま梅雨のようなお天気が続くようであれば秋の実りは期待薄でしょう。米不足が懸念されます、皆様今のうちにお米の買占め買い置きをお勧めいたします。

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物

2017年08月06日

 そうてつ




地元私鉄の相鉄線が車両の色を紺色にするそうで、一部車両はすでに紺色になって使われているとの情報は耳に入っておりましたが、ちょうど西谷駅の踏み切りで遭遇しました。中々渋いカラーリングです。相鉄線は従来銀色の車両に型式によって赤や青のラインが入っている印象でしたががらりと雰囲気を変えてきたのは、都心部への延長乗り入れを視野に入れてのことであるそうです。因みに画像の車両は9000系という車両で、最新型の1000系統より少々旧式の車両ですが、色が変わるとずいぶん雰囲気が変わるものです。いずれ全車両をこのカラーで統一するらしいので、逆に考えれば銀色の車両は見納めでしょうから良く見ておきましょう。

画像を撮影した 『西谷1号踏切』 は廃止となり、いずれはここも通れなくなるとか。時代が進むにつれて通いなれた道もその周りの景色も変わっていくんですねぇ。便利になるのは良いことですが、一抹の寂しさも感じずには居れません。

画像の元動画 (3G2形式丸揚げです)

相鉄ファン 車両図鑑

posted by かまなりや at 18:00| 自動車・乗り物

2017年08月02日

 直




先日見様見真似で部品交換修理をした我が社の営業車(いつから会社になったんだ!?)スバルサンバーはその後エンストをしなくなりました。修理からかれこれ2週間、症状が治まりましたので、修理方針は概ね間違っていなかったのだなと判断するに至りました。オンボロ車ではありますが、あちこち修理をしながら乗っていると弥が上にも愛着が増します。

もう10万キロを超えていますがはて、どこまで走り続けることができるでしょう。

関連記事 2017年7月17日 センサー

posted by かまなりや at 18:28| 自動車・乗り物

2017年07月17日

 センサー


陶房かまなりや営業車 『スバルサンバー』 がエンストを起こすようになって、さて困ったぞと修理業者への依頼を勘案しましたが、それでなくとも先日ハイエース号のバックドア修理に散財をしていますので、一応インターネットで原因と対処を検索してみると、どうやらエンジンのカムセンサーなるものを交換すると直りそうで且つ部品もそれほど高価ではない旨の記事を見つけました。そこで、まずは駄目元で部品を取り寄せ交換を試みてみました。


画像中央の黒い部品がその部品です。正式名称は 『カムポジションセンサー』 何やらガソリンの噴射タイミングを計るために必要なセンサーであるとか。右側のコネクターを外して10mmのボルトを抜くと簡単に外れます。


右、古い部品。左、新品純正品、お値段送料込みで2500円なり。どこが故障しているのかは判然としませんが、汚れているので読み取りに支障が出たのだろうと勝手に判断。


新しい部品を組んで修理完了。私のような素人でもスパナ一本でできる作業でした。さて、エンジンをかけてしばらく走ってみると、とりあえずエンスト症状は出ず。しばらく様子を見てみましょう。

自動車の維持には色々と手間とお金がかかりますが、便利な機械ですので手放せません。ボロい車ですが、直し直し大事に使いましょう。

posted by かまなりや at 17:23| 自動車・乗り物

2017年07月08日

 ぼきっ



愛車ハイエース号の後ろの扉が開かなくなってしまいました。先日、開けようとしてノブを握るとボキンという音がしてカランカランとドアの中で何やら落ちるような音がしました。それぎりいくらノブを握っても手ごたえは無く、内側からは開けることができない構造なので万事休しました。


トヨタのお店に持っていくと、正式な部品名称は 『バックドアアウトサイドハンドル』 ということがわかりました。部品在庫を調べてくれて、部品はあるとのことでしたので早速修理見積もりを依頼しました。すると、部品台はたいしたことは無いがいかんせん古い車だからバックドアを分解再組立する際に、他の部品にも破損が出る恐れがあるのでその場合その部品交換も派生する可能性があるとのこと。さらに、ナンバーを一度外すので再度取り付けの際に陸運支局の封印代が必要とのこと。修理代金は3万円から場合によってその倍以上になるかもしれないとの見積もりが出ました。

う〜んと唸りましたが、直さないことには仕事になりませんので、お手柔らかにお願いしますと修理を決断しました。バブル時代に設計された車はこういうところが融通が利きませんねぇ・・・ともあれ、安くあがることを祈るばかりです。

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物

2017年06月11日

 ちゃりんこ




自転車に乗るようになってふた月が経ち、運転にも大分慣れました。サドルやハンドルの高さの調整もわかってきましたし、道の走り方も学習しました。悩ましいのは車に乗っていると自転車が邪魔に感じ、自転車に乗っていると車が煩わしくてなりません・・・勝手なことを言うようですが、自転車に乗る気分と車に乗る気分とでは、ずいぶんと差が生じます。

自転車に乗る操作技術には慣れてきましたが、乗り手としての心構えはまだまだこれから鍛えねばならないようです。

関連記事 2017年4月11日 えろちゃり

posted by かまなりや at 20:43| 自動車・乗り物

2017年05月06日

 カート




出稽古先の江戸川区から、たまさか一般道を使って帰宅します。コースは京葉道路〜清澄通り〜新大橋通り〜日比谷通り〜第一京浜という東京観光のようなコース。陽が延びて、帰路につく時間はまだ明るく、京葉道路から見る夕暮れのスカイツリーはとてもきれいで、都心部を抜ける頃にはとっぷりと暮れ、東京タワーのライトアップを眺めながら運転するのは中々良い気分です。

そんな芝三丁目あたりで噂の公道版 『マリオカート』 を目撃しました。5〜6台のカートのドライバーは皆それぞれにマリオブラザースキャラクターの装束を着て、左側の車線を一列になって走っていました。調べてみると貸し出す会社は北品川にあって、外国の観光客に人気があるようです。中々楽しそうではありましたが、車側から見るといかんせん邪魔だなとも感じました。このあたりを走るタクシーの運転手さんには少々気障りな存在でもありましょう。

何にしても、事故の無いように楽しんでほしいものです。

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物

2017年05月03日

 折りたたみ




先月来重宝に使っている自転車(Ero-chari)を試しに折りたたんでみました。何と!こんなにコンパクトになります。今のところ江戸川に持っていくときには畳まずに、ハイエース号の後部座席にそのままボンと乗せていってしまうので畳む使い方をしていませんが、時と場合によっては自転車に乗って行き、出先でお酒を飲んでちょいと畳んで電車に乗って帰ってくるといった活用法もできそうですねぇ。

楽しみの幅が広がりそうです。

関連記事 2017年4月11日 えろちゃり

posted by かまなりや at 18:07| 自動車・乗り物

2017年04月22日

 メンテ




先日手に入れた自転車 『ERO-Chari』 を、快適に活用しています。横浜は坂が多いので、主に江戸川区の出稽古先で使っています。乗っていて、少〜し前輪の回転が重いようなのでブレーキでも引っかかっているのかとよく見てもそのようなことはなく、はてなと思い自転車のメンテナンスサイトで調べてみたら、前輪の回転軸は(後輪も同じく)ハブと呼ばれ、内部にベアリングが入っているとのこと。分解整備もそれほど難しくなさそうなのでトライしてみました。

分解してみるとなるほど回転軸の両側にベアリングが入っていましたがいくらか磨耗してこころもち滑りが悪くなっているようでした。せっかくバラしたのだから部品を交換してみるべいと思い、ベアリングの径を調べてネットで探し安価なものを通販で買い求めました。そしてグリスをたっぷりと打って新しいベアリングに交換すると、つーっとよく回るようになりました。こういうときは、本当にインターネットというものを有難く感じます。

さあ、これでまた江戸川区を走り回りましょう、いぇい。

関連記事 2017年4月11日 えろちゃり

posted by かまなりや at 18:52| 自動車・乗り物

2017年04月11日

 えろちゃり


前の記事でも触れましたが自転車を買いました、折りたたみ式16インチです。物々交換系のサイトで発見し、一目惚れしてメールでお願いし、めでたく交渉が成立しました。中古ですが、前のオーナーさんがとても丁寧に使っていたので機能的には申し分なく、いっそほどよく使い込んだ車体には良い感じに時代がついており、アンティーク感も抜群です。家人もこれはイイとめずらしく気に入ってくれました。(普段は私のチョイスするものは頗る評判が悪い・・・)




サイトに散見される情報を集約すると、2000年代初頭にデザインされ、国産折りたたみ自転車の嚆矢と言えるものだとか。設計したのは 『エロティックデザインワークス』 というデザイナー集団、渋谷を拠点に幅広いデザインを手がけていた模様です。ひと目、実用的で且つカッコイイ感じに仕上がっていますし、何より 『カワイイ』 この形容詞は今や世界的に通用するようですが、この時代にこのニュアンスを盛り込んでいたのには先見の明を感じます。商品名はその名も 『ERO-chari』 名前も洒落ています。

さて、もう自分の名義なので、あまり誉めそやすのは自画自賛になってしまいますので慎みましょう。まずは、久しぶりの運転なので練習をせねばなりますまい。鶴見川沿いのサイクリングコースにでも持ち出して、一人キコキコ乗りましょう、うまく乗れるかな・・・

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物

2017年03月22日

 みらい




昨日、江戸川への出勤途中首都高速湾岸線東行きの東海ジャンクション手前で渋滞中に変わったデザインの車を見かけました。近づいてみるとトヨタのマークがはいっており、車体には 『MIRAI』 の文字が。おお、これが噂の燃料電池車かと急いで写真を撮りました。市販されているとは露知らず、何かイベントの為に車体を販売店等へ移動中なのかなと運転手さんを良く見たら、ごく普通のおじさんが運転しておりました。

トヨタのサイトで確認すると、車両の価格は700万越え!まだまだ庶民の手の届く車ではありません。が、しかしいよいよ水素で動く車が隣を走る時代がやってきたかと感心しました。水素満タンで650km走るのだそうですが、そもそも水素1kgはガソリンの何リッターに当たるのでしょうか?数字音痴には燃費の計算が判然としません。

ま、ともあれいよいよエンジンカーは古い技術となって、木炭自動車のように消えていくのが車社会の未来の姿なのでしょうかねぇ・・・因みに我が家のトヨタハイエースワゴンは平均燃費リッター8.5キロぐらいです。満タンでも500km走るかなぁ・・・いずれハイエースの文字の後ろに 『KAKO』 と貼っておきましょう。

posted by かまなりや at 19:29| 自動車・乗り物

2016年07月24日

 えんこ




愛車スバルサンバーが冷却水漏れを起こして緊急停止しました。あわやメルトダウンかと青ざめましたが、落ち着いて考えれば原子炉は積んでおらず、比較的単純なオーバーヒートでした。

我々の世代はこういったトラブルを 『車がエンコした』 と言っちゃいますが、最早死語でしょうか・・・知らない方のために解説すると 『エンジン故障』 約してエンコ、と云う訳です。

現場からレッカーで真っ直ぐ修理工場へ運んでもらいましたがさて、高い修理代にならないと良いのですが。

やれやれです。

posted by かまなりや at 21:03| 自動車・乗り物

2016年05月20日

 くるま




愛車の点検整備に池辺町のトヨペット店へ行って来ました。平成10年式・100系ハイエースワゴン・スーパーカスタムリミテッド (長い!) は、すでに生産が中止された旧弊なワンボックス車ではありますが、広さと頑丈さが取り柄の働く車です。私にとって車は、積んで運ぶことが第一義、これは荷物も人も同じです。幸いバブル時代の設計のハイエースは古いながらもデラックスなシートでありながら荷室は広く、7人乗れて荷もたくさん積めます。

トヨタのお店には新型のプリウスがどどんと真ん中に展示されていましたが、最先端のハイブリッド車もワンボックス乗りには窮屈な限り。荷室は広くとってあるものの、やはり物足りません・・・燃費性能は垂涎の数値ですが、所有欲は湧きません。

古い車はだんだんに高額な修理が必要になるものですが、整備点検おさおさ怠らず大事に長く乗りたいものです。今の忙しい仕事が一段落したら、ドライブ方々家族で温泉にでも行きましょう。

どこがいいかな〜、やっぱり 『箱根』 かな。

posted by かまなりや at 18:07| 自動車・乗り物