2014年04月11日

 はるまき


 すっかり暖かくなって、薪ストーブも
 使わなくなりましたが明日は倅の友人
 が午後から手伝いに来てくれるという
 ので、春の薪割り大会を催します。

今日はその準備に先日仕入れた雑木を玉切りました。目見当
ですから長さは少々まちまちですが、まあ自家用ですから細か
いことは言いますまい。これだけあれば若い衆が半日ぐらい
は仕事になるでしょう、首尾よく終わったらちょうど食べごろ
タラの芽を天ぷらにして冷えたビールでも飲みましょう。

明日は夕方から家人の旧友も集まってちょいと遅めの花見と
洒落る予定、中々賑やかな宵となりそうです。明日はお月様
も早めの時間に出ますので、花吹雪と月で、さぞ風流な晩に
なることでしょう。

posted by かまなりや at 17:13| 修理・営繕・庭仕事

2014年04月01日

 たねごま


 先日たくさんいただいた雑木がとて
 も良い木だったので、 『なめこ』 の
 種駒を打ってみました。ちょうど良い
 太さと長さのナラノキを使いました。

木口8~10cmのものに、ドリルで穴を揉み、1本あたり20~30
ほどの駒を千鳥に打ちました。100個の駒で4本ほどのホダ
木ができました。たった4本ですが、一気に出れば食べきれ
ないほどでしょう。

収穫は来年秋以降、上手く菌が繁殖してくれるといいですが、
たまに水をかけて菌糸の伸張を促進するようにしましょう。

posted by かまなりや at 17:08| 修理・営繕・庭仕事

2014年02月05日

 虫喰い


 昨年、物置の中で虫に喰われてしまった
 ケヤキの臼。暖かくなってまたぞろ虫たち
 が動き出す前に、虫食い穴の消毒養生を
 試みました。

無数に開いた虫穴には幼虫ないしは卵があって冬越しをしている
のであろうと思われますが、その穴に粉状の殺虫剤を丁寧に撒き
込み、中で虫の動きを封じるべく木用パテで全ての穴に蓋をしま
した。これで穴内部の虫は孵化・羽化は難しいことでしょう。

このまま、さらにラップで臼をくるみ、根性で羽化するような強か
な虫をも撲滅すべく防虫剤を施して密封を試みましょう。その上
で夏には虫干しをし、殺虫剤の毒性がお餅搗きに影響しないよう
に洗浄乾燥をして、来年の暮れに備えましょう。

虫も生き物ですから、無益な殺生はしたくないですが大事な道具
を食い荒らされては看過することはできません。虫さんたちよ、
済まないが他の木を餌にしてお呉れ。

posted by かまなりや at 16:30| 修理・営繕・庭仕事

2013年12月03日

 煙 掃


 冬本番に備えて、薪ストーブの煙突を清掃
 しました。そうじの道具は至ってシンプル、
 古くなった竹箒です。これをばらした煙突
 の中に通してスコスコと煤を払います。

設置から丸2年経っていますが、煤は思ったほどに溜まっておらず、
クラフトマンストーブ愛称釜石君の燃焼効率の良さが証明されました。
また、薪も針葉樹をなるべく使わないように気をつけていましたので
油脂やタールが少なく済んだのでしょう。

タールなどが溜まると、煙道火災という怖い現象が起きます。所謂、
煙突に火が入るというもので、茨城で一度経験し、おっかない思いを
しました。できれば外部こそ二重煙突にすればいいのですが、いか
にせん予算がありません。マメな煙突掃除で危険を回避しましょう。

久しぶりに薪暖房の温かさを味わうことができるのは楽しみですが、
火を扱うからには、それなりの心構えを忘れぬようにせねばなります
まい。

焼き物屋が火事出したんじゃぁ恥ずかしくって、
ご近所に顔向けできませんからね。 火のよ〜じん。

posted by かまなりや at 16:48| 修理・営繕・庭仕事

2013年11月22日

 津久井在来


 春に蒔いた大豆の収穫をしました。
 随分倒伏して心配でしたが、まあまあ莢が
 付いています。もう少し乾かしたら豆を選り
 分けて保存しましょう。

さて、何升採れるかな。

posted by かまなりや at 16:21| 修理・営繕・庭仕事

2013年08月18日

 バリカン修理


 昨年10月に新しく買ったバリカンの部品が又も
 や同じような壊れ方をしました。どうもこの部品、
 設計に弱点がありそうです。もう、買うのは癪な
 ので修理を試みました。

インターネットで調べてみると、この部品に業を煮やしている人は沢山
いてやはり修理をして使っているという書き込みが頻繁に見られました。
ついには修理方法を動画でアップしていられる方までいて、その方法を
採用させていただき、ホームセンターで小ネジを買い込み首尾良く二つ
のバリカン部品の修理が完了しました。

簡単な方法でしたが、部品が小さくまたビスナットが細かいので老眼鏡
をかけ目をしばたたかせながらの格闘でした。ちょいと昔はこういった
細かい仕事が苦になりませんでしたが、最近は見えないは物はポロポロ
落とすはで随分下手糞になりました。

ともあれ修理は無事に済み、これでまたむさ苦しい髭をさっぱりと刈る
ことができます。でも、おかげで二つのバリカンが完動ということになっ
てしまいました。10月に買った手は修理部品以外は未使用、ほぼ新品
です。どなたかバリカンが欲しい方がいらっしゃればご連絡ください。
修理品ではありますが差し上げます。機種はこちらをご確認下さい。

修理完了後の部品画像

関連記事 2012年10月2日 電バリ

posted by かまなりや at 18:07| 修理・営繕・庭仕事

2013年07月21日

 おろぬき


 津久井在来大豆の本葉が出揃い、一本立ちに
 し一回目の土寄せをしました。播種から17日目
 です。折角育った苗を抜くのは忍びなかったです
 が、発芽率が解らなかったので仕方ありません。

栽培の手引きには20〜25日で本葉5枚ほどとありましたが、ウチのは
もう8枚ほどに育っています。あまり早いのも倒伏の心配があるので
芳しくないのでは・・・そういえば茨城の農家のばあちゃん達は間引き
のことをオロヌキと言ってましたっけ、『いぐらか混んでんだねぇのげ
それぇ?ちんとおろぬいたらかっぺぇ』 なんてね。

訳 『それ少し混んでるんじゃない?ちょっと間引いたほうがいいよ』

posted by かまなりや at 15:37| 修理・営繕・庭仕事

2013年07月14日

 ま め


 3日に種を蒔いた津久井在来大豆は順調に伸び、
 本葉5枚ほどに大きくなりました。そこで防鳥の
 ネットを外しました、もう大丈夫でしょう。今は
 二本立ちですがいずれ一本に間引きましょう。

なんだかとても強そうな品種です、虫を寄せ付けないような芯の強さ
を感じます。世話を欠かさず、立派に育てて豆を取りましょう。

横浜新井町は遠くでゴロゴロ雷の音が聞こえてきました、暑かった
一週間そろそろ一雨ざっと欲しいところです。

WELCOME 積乱雲!

posted by かまなりや at 16:35| 修理・営繕・庭仕事

2013年07月07日

 発 芽


 3日に蒔いた大豆の種が揃って芽を出しました。
 ピタリ、4日目です。参考にした資料・津久井在来
 『大豆栽培の手引き』 には一週間とありましたが、
 雨のあとの高気温が発芽を促進した模様です。

さて、ここからが一番ハトに狙われる時期です。ネットにたるみや隙間
ができぬようにきちんと管理しましょう。おっとウチの猫たちにも気をつけ
ないと軟らかい所に好んで排泄しますので、よく言い聞かせておきましょ
う。奴らは手が器用だし、ネットにもぐりこみでもしてハトの入口をつけら
れてしまった日には堪りません。うっかり猫に文句を言いようものなら、
そこは元より猫のトイレなのだからそこに大豆など蒔いたあんたが悪い
などと、バ飼い主の女房に叱られるのがオチでしょう。

豆一つ育てるのも、中々に難儀なことです。

posted by かまなりや at 17:56| 修理・営繕・庭仕事

2013年07月03日

 防 鳥


 地元神奈川の在来大豆 『津久井在来』 を蒔き
 ました。種は信頼の置ける方から頂いた良種、さら
 に大きくふっくらした物を選別し畝幅70p株間10p
 に、この種のセオリーどおりに蒔きつけました。

発芽から子葉の発育期はハトの食害を受けるので鳥除けのネットを張り
ました。トンネル用のフレキシブルが3本しかなく、あとは篠竹で組み立て
ました。いざ網を張ってみるといくばくか長さが足りず、さてどうするべぇと
思案すること1分ほど、その辺にあったポリ鉢用のコンテナでムリフリ開口
部に蓋をしました。職人の性分では、きちんと網を張って仕上げたいので
すがこういういい加減に作るのも始めると面白くなってしまうもので、コン
テナの横の隙間などはその辺に落ちていた竹の枝で適当に格子を組ん
で仕上げちゃいました。

大豆栽培は不得手ですので、どれほどの収量が見込めるかはわかりま
せんが、上手くできたらどんどん増やして、いずれお味噌を作ってみま
しょう。

まずはハトから守って、本葉が出揃うのを待つとしましょう。

posted by かまなりや at 16:51| 修理・営繕・庭仕事

2013年06月18日

 除 草


 里芋畑が草茫々になって、芋茎すら見えなくなって
 しまいました。そこで、ちょうどアルバイトが休みの
 倅に草取りを頼むと思いのほか嫌な顔をせず仕事
 を引き受けてせっせと働き始めました。

横浜イングリッシュガーデンでのアルバイトで庭仕事に慣れているせいか、
少々のんびりながらも丁寧に草取りをしていきます。今日は暑くて楽では
ない陽気ですし、蚊にも食われているでしょう。仕事が終わったら、冷えた
ビールでも呑ませてやりましょう。

里芋の収穫は秋も深まった頃ですが、今日のような蒸し暑い気候は里芋
にとっては願ってもない好条件。じめじめした陽気は皆が嫌でしょうけれど、
美味しいサトイモはこうした気候の賜物です。秋の収穫を期待してじめじ
めムードも喜んで受け入れましょう。

posted by かまなりや at 15:37| 修理・営繕・庭仕事

2013年04月05日

 いもばたけ


 天気が回復し畠の水気も引いたので、芋を蒔きました。
 今年はサトイモを 『土垂』 と 『八つ頭』 の二種類、
 ジャガイモを男爵一種類です。ジャガイモは少し遅めで
 すが里芋は昨年と同じ4月5日の蒔き付けとなりました。

私は昨日の腰痛を引き摺っているので倅に指図をし、義父と三人で二時間ほど
で畑は出来上がりました。今日はずいぶん陽気が良くなって野良仕事には暑い
くらいでした。きれいに畠ができて満足していると、早速猫がやってきてきれい
に作った畝を掘って用を足すのでした。業腹ではありますが、女将の愛猫です
から無碍にもできませんし、文句など書いた日には元よりそこは猫の憚りであ
るからしてそこに芋を蒔く奴が悪い!と、猫贔屓の京都の丹田さんに叱られそ
うなので、じっと堪えましょう。ともかくも、芋を植え付けて安心です。

『あたしのトイレを軟らかくしてくれてどうも』

posted by かまなりや at 16:52| 修理・営繕・庭仕事

2013年03月29日

 檜


 裏庭のヒノキを倒しました。前々から切らねばと
 思っていたのですが、それこそあすなろ的になっ
 ておりました。また今年も畑を作ってしまえば倒す
 場所がなくなるので、意を決して伐採しました。

目測では12mほどかと見ましたが倒してみると少し短く、10m位でした
がやはり倒れる時にはズシンと重く、冷やりとしました。何十年も生きて
きた木を切り倒すのにはそれなりの覚悟と緊張が伴います。

これも薪になる運命ですが、元のほうは穴でフケていて焚き付けくらい
にしかならないでしょう。それでも素性が良くて割りやすいので使いや
すいことではありましょう。

動物でも植物でも命をとるのはやはり心が痛みますが、これ以上大きく
なってしまうともう私の腕では手におえません。可愛そうではあります
が、お命頂戴しました。大事に使いますので、迷わず成仏してください。

ナームー。

posted by かまなりや at 16:30| 修理・営繕・庭仕事

2013年03月03日

 黒 松


 昨日伐採した松は、てっきり赤松だと思っていたら植木
 屋に聞いたところでは黒松だそうです。伐採は思いの他
 手間がかかり、夜7時くらいまでかかりました。今朝あら
 ためて見てみると結構フケていて、危ないところでした。

画像は今朝の6時頃のものです。ウグイスが下手糞ながらも良く鳴いていた
ので、動画を撮りました。画像はそのキャプチャーです。下のリンクでたぶん
動画も見られると思います。とりとめて面白い絵でもありませんが冒頭の空に
は有明の月、ウグイスの姿は見えませんが、庭の梅越しに囀りが聞こえます。
芋乃市場の入り口には薪が積みあがり、KINTAさん作の鳥ちゃんの看板や
酒場の行灯もちらりと映ります。終了間際にはツグミの姿もチラッと映ります。

ウグイスの声と一緒に、今朝のかまなりやの様子をご覧下さい。

ブラウザで開くと見られると思います。
DLして再生すると何故か二度同じ動画が続けて再生されるようです。

posted by かまなりや at 16:42| 修理・営繕・庭仕事

2013年03月02日

 ばっさい


 一昨年に枯れてしまった松の木を遂に伐採しました。
 さすがにこれは自分ではできず、業者に任せました。
 五社ほどから見積もりを取り、一番安くやってくれる
 ところに頼みました。それでも20万ほどかかります。

業者によって見積もりは様様で、細かく内訳を書いてくれるところもあれば
一式でドンのところもあり、一般人には分かりづらいところです。多少です
が植木屋と木こりの経験があったので作業の内容を聞いて不明点は聞き
質し、20万くらいは致し方ないだろうとこの金額で呑みました。

この木は道路に面しており、あまつさえその道路が通学路とあって、それこ
そ気懸かりでした。これで倒れる心配をすることもなくなり、一安心です。切っ
た木は処分費を浮かせるために敷地内に置いていって貰い薪にします。赤松
ですから、あな窯や登り窯なら最高の薪です。でも、ストーブで焚くには油脂
が多すぎて煤が出て不向きです。細かくして焚き付けにでもしましょうか。

松薪がお入用の方、取りに来ていただければ格安でお分けいたします。

posted by かまなりや at 16:55| 修理・営繕・庭仕事

2013年02月11日

 し ん


 長年重宝に使っている石油ストーブの燃え方が弱くなり、
 これはいよいよ芯の交換をせねばなるまいなあと思いな
 がら、春が来ると 「ま、来年でいっか」 と、そのままに
 なっていました。今年こそはと本日作業を断行しました。

替え芯に添付の説明書どおりに各部品を取り外し、外枠のカバーを取ってみ
ると中は埃が綿のように積もっていました。おお、これに引火したら何とすると
ぞっとしながら埃を丁寧に除去し、これまた手順どおりに古い芯を取り外し、
新しい芯を取り付けました。画像はちょうどその状態を撮ったものです。

買ったのは1997年ですから、丸16年も使っています。こういう器具は割合い
長持ちするもので、へえ16年も経つかねぇと我ながら感心しますが、積もり
積もった分厚い綿ボコリが歴史を物語っていたようにも思います。ともあれ、
これで一安心まめに掃除して、安全に使っていきましょう。

焼き物屋が火事でも出した日にゃぁ、恥ずかしくって表を歩けませんからな。

火の用心、さっしゃりましょう〜

posted by かまなりや at 17:10| 修理・営繕・庭仕事

2012年10月02日

 電バリ


 ヒゲの手入れに電動のバリカンを使っています。手入れと
 いうと体が良く聞こえますが、何のことはない伸びたらバリ
 カンで刈るだけのこと。長いこと愛用している物の刃が壊れ
 てしまったので、近くの家電店で新しい物を買いました。

使い慣れていた物と同じメーカーの物があったので買ってくると、何と刃の部分は
まるで同じ部品でした。(写真で白く見える部分) ここはそっくり外れて水洗いが
できる構造になっています。元のバリカンは刃以外に不具合がないので、この部品
だけを取り外しくっつけちゃいました。動作も順調です。調べてみたら部品だけの
取り寄せもできるようですが、部品代は今日買った品代よりも高かったので、一応
割り得だったようです。それもポイントが溜まっていたのでそれを使いましたから
いわばタダ。得をしたのでしょうが、バリカン本体ばかり2台になってしまい何だか
品物ばかりがさばって、釈然としないのも正直なところ。

よく「ヒゲを剃ればいいのに」といわれますが、毎日髭剃りをするなんて考えただ
けでもぞっとします。長くヒゲをはやしていると、剃ることのほうが不自然に感じ
ます。ヒゲは剃るのに、眉毛は剃らないのは片手落ちのようにも感じます。両方
とも剃るなら剃る、伸ばすなら伸ばすというのが整合性ある身だしなみでしょう。

最近頭もヒゲもめっきり白くなってきましたが、眉毛は不思議と真っ黒です。

バリカンってフランス語なんだそうです。でも、正式にはトンズーズというそうです。

テスコムのバリカン

posted by かまなりや at 18:13| 修理・営繕・庭仕事