2019年08月12日

 いじゅう




栃木県の益子町に移住することは、昨日の記事で初めて公に開示をしました。移住については3年ほど前から夫婦で話し合ってきたことですが、移住先の選定で合意せず、話し合うごとに侃々諤々主張をぶつけ合い、昨年の夏やっと『益子町』に合意をしました。決め手になったのは、その土地柄です。関東最大の窯業地でありまた、蕎麦粉が頗る美味しく、野菜はこれまた抜群に美味しい、お米の味は平均点(あくまで私の主観)ですが、川沿いに広がる田んぼのその清々しさは絶景です。そして何より、素敵な陶器のお仲間がたくさんいらっしゃること。長年お取引している材料屋さん、茨城修行時代からお世話になっている先輩方、地元窯元の二代目当主さんなどなど。今年の春は陶器市にも参加させていただき、作家さん窯元さん観光協会さんと行政のチームワークも肌で感じることがができました。

移住先を決めた1年前からせっせと物件探しをはじめ、色々な物件を見ました。益子の冬はとても寒いので、北向きの家は避け、客商売をするのにお客様に分かりやすい地の利を模索し、広くて自由にリフォームできそうな家を探してきました。そして巡り合ったのが昨日の記事の物件です。この物件は益子の中心地からは離れているものの、笠間と宇都宮を結ぶ主要幹線道路に面し、東の町『茂木』にも便が良く、北側2.5kmの七井駅(真岡鉄道)は近年開発が進み大型のショッピングセンターなどが出店しています。

道路に面しているので大型車が通ると少し走行音が気になりますが、ご近所は建て込んでおらず南側は畑が広がっています。西側には大羽川が流れ田んぼが広がり、その向こうには綺麗に植林された杉山が見え、心持ち東よりの立地なので朝から明るく、早い時間からお月見ができるでしょう。夜が更ければ星も降るように見えるでしょう。私達夫婦もあと3〜4年で還暦を迎えます。その時には益子の地にしっかりと足をつけて、太陽と月の動きに同調し、横浜、鎌倉、東京(今までの活動拠点)と程よい関係を保ちつつ、日本全国にいらっしゃる素敵なクリエイターさん達に益子にお出まし願い、今まで以上に太いご縁を紡ぎながら商売をしていければと思っております。

いい年をして夢見がちなことを云っているように聞こえるかもしれませんが、夢は毎晩見ていますのでもう充分。現実的且つ戦略的に老後の将来設計をイメージし、着々と『新かまなりや』と『シン・イモノイチバ』を益子町大沢でアップグレードしていく所存です。

ココです。(グーグルマップ)

〈画像は春の陶器市の時にお借りした『益子移住お試し住宅』のお隣さんから頂いた益子焼の花入れ〉

posted by かまなりや at 00:00| 哲・考・生

2019年08月11日

 むしぼし



益子町に家を借りました。農家だった大きな家で平屋部分は築60年の木造、お座敷には回り廊下が鍵の手に作られて、雪見障子が入った真壁の純和風建築。二階建ての増築部分は木造ですが昭和の香り漂う文化住宅風大壁造り、どちらも入母屋の瓦屋根(3.11前に葺き替えたそうですが、地震でも崩れなかったそうで、とてもきれい)です。平屋の母屋と増築の二階屋は繋がっていて、間取りは『9LDK+2ケ所の納戸と裏に風呂焚き土間』更に納屋もあり、庭も広々敷地面積700u(約200坪)という物件です。


とは言え、かなり老朽していて相当手を入れないといけなそうです。これからこつこつとできるところは自分たちで営繕していこうと思います。今日は日帰りでお掃除方々畳の虫干しをしてきました。何しろお座敷が八畳、六畳、六畳と二十枚の畳が入っています(もう一部屋掘り炬燵の四畳半があるのですが今回はパス)ので奥の八畳間をメインに干してきました。

賃貸の契約は10月からになりますが大家さんがとても寛容な方で、もう鍵をお預け下さり『いつでも入っていいですよ』と仰って下さっています。お言葉に甘えて時間ができたらこつこつとお掃除に行きましょう。

ゆっくり、ゆっくり、移住計画を進行して参ります。

航空写真(グーグルマップより)

posted by かまなりや at 00:00| 修理・営繕・庭仕事

2019年08月10日

 なつやすみ




今日から夏休みをとります。と言っても、教室がないだけでやることは山ほどあります。それにやりかけのことも多々ある(いわば夏休みの宿題)のですが、8日間休みが作れましたのでほどほどがんばって、ほどほど怠けようと思います。

今日は梅干しを干す台を拵えました。明日は益子へ行くので、明後日から干す予定。台風10号の進路が気になるところですが、ちょっとのんびりめに進んでもらって、月火の2日間、晴れてくれると助かります。お天道様、何卒よろしくお願いいたします。

posted by かまなりや at 17:08| 梅干し・漬物・保存食

2019年08月08日

 みぎうしろ



先日とある駐車場で切り返しをして、うっかり右後をブロック塀にぶつけてしまいました。ゴリッと車内にも音がして、『あちゃー』と思いましたが急いでいたのでそのまま目的地まで走り、降りてから確認したら右側後のバンパーがこすれて、更にテールランプも割れていました。このままでは整備不良違反になるので、赤い色のビニール(ポンパドールさんの袋)を貼って補修し、急いで部品探しに取り掛かりました。


古い車種なので部品探しが難航するかと思いきや、ちょうどヤフオクに該当する部品が出ていたので、形状、年式、品番等細かくチェックして落札し、先ほど無事に部品交換を済ませました。古い車なので部品の交換はシンプルで、ネジ2本を外すだけで交換ができます。(実はこの部品を交換するのは2度め)


ランプ類も無事点灯、オーケーです。さてさて、今後だんだんとこの車の部品調達は困難になりますので、なるべく事故は避けたいところです。ちょっとした接触事故でも部品代金はバカになりません、因みに今回の修理費用は送料込みで、8,310円でした。ちと、痛い出費でした・・・orz

posted by かまなりや at 10:18| 自動車・乗り物

2019年08月05日

 もも


F376B2F2-B3B7-46C4-86F7-954ECAD1EB4A.jpeg

桃が生っているのを初めて間近で見ました。場所は福島県石川町、山あいののどやかな田畑の中に桃の畑はありました。今年は長雨で熟すのが遅くなったということですが、赤ーく熟れた桃がなる枝はその重さで枝垂れ、良い景色でした。その桃をぶりっと回してもぎ、皮ごと畑でモリモリ食べましたが、冷えてもいない皮ごとの桃のその美味しいこと。皮を剥いて切って食べる桃とはまるで風情が違い、野趣あるその味は畑でしか味わえないものだなぁと、しっかりと噛みしめました。

福島もことのほか暑かったですが、暑いからこそ生るその果実の旨さは正に『旬』今しか味わえないその味をしっかりと身に染み込ませて、この暑い夏を乗り切りましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 時候・紀行・鑑賞

2019年07月28日

 まなつ




台風6号が去って、関東横浜にも夏空が広がりました。途端に気温はぐいぐいと上がって、一気に真夏の陽気になった今日、因果なことに本焼き窯を焚いています。工房の寒暖計は窓を開け放っているにもかかわらず、37℃を示しています。暑いです。が、長雨にうんざりしていたので、スカッと晴れた青空と流れる雲を眺めるのはそれはそれは清々しい気分です。

さあ、夏土用も真っ盛り、早く梅を干したいです。が、8月の10日まで予定がびっしり、土用の内には干せそうもありません・・・ お盆期間中に干すことになりそうです。

もうちい〜と、辛抱ですな。

posted by かまなりや at 16:51| 焼きもの

2019年07月22日

 ピッツア




久しぶりに石窯に火を入れました。昨日は『薪割りとピザの会』野外では有志による薪割り仕事が、室内では作って呑む料理教室が催されました。ピザの講師は本場北イタリアからバラルディ・エマヌエレ先生をお迎えし(おなじみ留学生のエマ君)本格生地の作り方を教わりました。また、留学生仲間の方々にもご参加いただき、とても国際的で楽しい会となりました。

本場の生地は、イタリアのファリーナ00(ゼロゼロ)粉をゆっくりと発酵させ、加水は多め、伸ばしてみると手触りはふんわりと軟らかく職人さんのように回してみると遠心力でフワッと伸びる生地でした。焼くとこれがモチっと仕上がってそれはそれは美味しかったです。ナマ生地を少量食べてみましたが、まるで糀のような風味のしっとりとした歯ざわりでした。

私のうどんもかなり多加水ですが、本場のピッツァ生地はそれはそれはふわふわと優しいモチモチ感。やはり本場は違うな〜と思いながら、とても勉強になった一日でした。バラルディ先生、薪割り有志の皆様、ありがとうございました。

posted by かまなりや at 17:23| 水・酒・食材

2019年07月18日

 ぼうぼう




長雨で、庭の草は伸び放題です。草取りをするにも、ちょっと時間ができると雨降りで、あまつさえ月初めの入院騒ぎで日程が狂い、病み上がりに無理をして再発などすればいかんぞと自分を労わることを言い訳に、ずるずるーっと伸び呆けの状態です。

だんだん歩きにくくなってきたし、体もすっかり良いので、お天気のイイ日を見計らって嫌々ながら草取りをしましょう。

posted by かまなりや at 19:00| 時候・紀行・鑑賞

2019年07月15日

 ウミノコドモ




東京仙川にイチハシハルナさんの絵画展『海の子供』を観に行ってきました。陶器作品の焼成をサポートさせていただいたこともあり、楽しみに伺いましたが、カラフルな抽象画が並ぶギャラリーはそれはそれは賑やかなハルナさんワールドになっていて良い感じでした。彼女は、友人の娘さんであり小さな頃から一緒に過ごしてきましたので気心は知れています。幼少時から明るく絵の上手な女の子でしたが、長じて美大へ進学し、この道で生きていくことを決断した勇気には感服します。会場では壁画の完成レセプションやトークライブ等々楽しい企画も満載で、父親である友人の出身地佐渡島の海から力を授かり、海の生き物の生命力から創作意欲を発露し、製作の糧としている姿勢もよく理解できました。

若いその姿は眩しいほどで、ああ自分もあのくらいの年には茨城で焼物を覚え、横浜に戻って一生懸命その道で口を糊することを夢見てがんばっていたなあと思い出しました。私もうっかり歳をとりましたが、まだまだ枯れている場合ではありません。これから一旗も二旗も揚げて見せましょう、そして若い作家さんともコラボレイトして、哲学を深めてゆきたいと思います。

市橋晴菜『海の子供:ウミノコドモ』展 絶賛開催中です。

posted by かまなりや at 18:49| 時候・紀行・鑑賞

2019年07月13日

 なつがきた




今年も江戸川区の銭湯スタンプラリーが始まりました。これが始まると『ああ、夏だな〜』と実感します。期間は年内なので半年楽しめるのですが、積極的に銭湯を巡るのは陽の長い暑い時季なので、いきおい夏の風物詩的な印象です。

さあ、これからもりもり仕事の帰りに銭湯を巡りましょ〜う。
(実はもう3軒廻ってます。)

ぶらり 湯らり スタンプらり〜

posted by かまなりや at 18:11| 養生話・献血・湯屋

2019年07月11日

 ぶんこ




入院中に家人が差し入れてくれた池井戸潤さんの『陸王』ずっと読みたいと思っていた小説ですが中々文庫に降りずじりじりしていた本です。閑な入院中貪るように呼んでいましたが読み終わらず、退院後に自宅で療養しながら読み終えました。テレビドラマを見て感動し、マグカップまで購入した大好きな物語ですのでとても楽しく読みました。やはり活字で読むのは良いもので、行間に読み手の気持ちを素直に織り込んで膨らませつつ、感動で洟をたらしながら泣き泣き読みました。

零細な中小企業が悪戦苦闘の末新規事業で活路を見出すというストーリーに、故障で再起を図るアスリートの人生が上手く織り成されて飽きさせない展開は流石小説巧者の池井戸氏、ずぶずぶとのめりこんで小説世界に浸りました。吹けば飛ぶような個人工房の私達も、新天地を模索して活路を開こうとしています。そんな気持ちにも同調して、こはぜ屋さんの奮闘振りはとても励みになりました。

勝ち虫と呼ばれるトンボにあやかって、かまなりやも一層の飛躍を目指してがんばりましょう。

関連記事  2017年11月25日 りくおう

posted by かまなりや at 19:18|

2019年07月06日

 青 蛙




久しぶりにアオガエルを見つけ、観察をしました。場所は横浜ではありません、栃木の益子です。茨城に住んでいた修行時代(廻りは田んぼだらけだった)には当たり前のように居た蛙なので珍しくもない生き物でしたが、改めて見ると可愛いものです。モリアオガエルだろうと思って見ましたが、よく調べたら『アマガエル』でした。目の前後の黒い線で同定するそうです。一口に、あおがえると総称する緑色の蛙たち、歳時記では夏の季語になっています。

可愛いアマガエルですが、体の粘膜には毒性のあるたんぱく質が含まれるそうで、人間の傷口や目などに入ると痛みや刺激を伴うそうです。触ったあとは良〜く手を洗いましょう。

posted by かまなりや at 00:00| 自然・花・虫・鳥

2019年07月02日

 たいいん




無事に退院しました。と、書くと顛末を知らない人は驚かれると思いますが、一部のSNSでは拡散され、多くのお見舞いの言葉を頂戴しました。ありがとうございました。前回の日報で喉の不調を書きましたが、その翌日の27日は大事をとって自宅の教室を休講とさせていただき、一日安静にしておりました。が、その夜から熱発、痛みも増し、夜中に痛み止めを飲んで凌ぎましたが、翌日痛み止めが切れると唾も飲めぬほど悪化し、朝一番でまたかかりつけ医に飛び込みました。診察の結果悪くなっているというので大きな病院への紹介状を依願し、新横浜の横浜労災病院に緊急扱いで受け付けてもらうよう計らってもらいました。その足で労災病院へ行くと診察後そのまま緊急入院抗生剤点滴治療と相成り、4泊5日入院して本日目出度く退院しました。

いやはや、急なことで泡を食いましたが、さすがに大病院の治療はぬかりなく、看護師さんたちもそれはそれはかいがいしくお世話下さり、予定よりも短い期間で退院許可がいただけました。まだ、薬は飲み続けなければいけませんが、チューブがつながっていない生活はとても楽です。薬の副作用で舌が黒っぽくなってしまいましたが(黒毛舌というらしい)そのうち治るでしょう。さて明日から平常モードに戻ります、体が鈍っているので、コケないように注意して体を運びましょう。

画像は病棟のデイルームから見たお隣の日産スタジアム。絶景でした。

posted by かまなりや at 20:16| 養生話・献血・湯屋

2019年06月26日

 なつかぜ




昨日の午後から急に喉が痛みだし、一晩経っても軽減しないので慌てて掛かりつけの耳鼻科を受信しました。実は若い頃、急性喉頭蓋炎という病気で緊急入院した苦い思い出があり、喉に関しては些か過敏になっています。医師の所見は夏風邪を引いて喉に炎症を起こしていて、古傷の部位も赤く腫れているが、あの時ほど悪化はしていないとのこと。咳も長く続いていると愁訴すると、それ相応の薬を処方してくれました。私はこの掛かりつけの耳鼻科医に全幅の信頼を置いていますので、この薬の多さにも驚くことはなく、きちんと飲むべいと覚悟を決めていますが、いかんせんここの医院は旧弊で、お薬の細かな情報を記載したものは呉れません。薬品名が書いてあるものはそれなりに調べようもあるのですが、謎なのは左側の粉薬、名前も書いてなければ特に説明もありませんでした。飲んでみると頗る苦くて美味しからず。

良薬は何とやら・・・ 平癒を信じて飲むしかありますまい。

posted by かまなりや at 00:00| 養生話・献血・湯屋

2019年06月22日

 オマケ




夏向けの肌着を通販で買った荷物が届きました。開けてみると、何か頼んだ覚えのないものが入っています。はて、と思いながら老眼を見開いて睨むと何かでんでんむしのようなカラフルな画像が載っていますし、何やら良い香りもします。おお、何か菓子のような物か?と更に目を凝らしてよく見るとどうやら洗剤のようです。ちょっとがっかりしつつ(意地汚い)添付のチラシをよく読めば、何がしかのキャンペーンとかで試供品をお送りしますとか。なーんだ、おまけか、余計なサービスしゃぁがってとひとりごちつつ、満更でもない気分でした。

それこそむかしむかし昭和の頃にブルーダイヤという洗剤を買うと、金銀パールプレゼントというキャンペーンがあって、母親にねだった覚えがあります。当ったためしは無いのですが、あの頃はそういったものに本気でワクワクしていた気がします。歳を食って、時代も良くなって物が溢れ、ちょっと贅沢になっちゃって、あの頃の嬉しさやワクワクが枯れてきているようです。いけませんねぇ、あの気持ちを忘れないようにしたいものです。ケロッグのおまけとか、おもちゃの缶詰めとか、アイスの当たり棒とかね。

posted by かまなりや at 18:15| 時事・私事・家事

2019年06月19日

 おちゃ




映画『日日是好日』を観ました、とても良い映画でした。仕事がら茶道のことは一応の知識を持ってはいますが、お作法をきちんと習ったことはありません。然し乍ら、お茶の文化もお抹茶の味も大好きです。映画は一人の女性が茶道のお稽古を通して、色々な日常の気付きを綺麗な映像で見せてくれる趣向ですが、主演の黒木華さんが軽妙に、それでいて情感豊かに演じていて飽きません。陶器屋としてはやはりお道具が気になるところですが、市井の茶道教室という設定もあってそれなりのお道具でしたが、季節感はとても良い感じに道具立てがされていました。

神奈川県が舞台で、主人公は相鉄沿線に住まいがあり、江ノ島の海なども出てきて、とても身近に感じる映画でした。何より、樹木希林さんの所作の美しさには驚きました。演じるっていうのは、凄いものですねぇ。今回はレンタルでしたが、買っちゃおうかな〜DVD。

公開を待たずに他界された樹木希林さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

画像は、映画公式サイトから拝借しました。

posted by かまなりや at 00:00| 時候・紀行・鑑賞

2019年06月17日

 まくずやき




眞葛ミュージアムの鑑賞券をいただきました。横浜の東口にある美術館です。横浜眞葛焼きは、京都出身の宮川香山(みやがわこうざん)が横浜で薩摩焼の技法を駆使しながら輸出用の陶磁器を生産していたという、頗るミックスな焼き物です。戦争の影響で現在は続いていませんが、戦前には隆盛を極めた窯場であったようです。そして四代世襲された陶工銘『香山』は、いずれも名工と謳われその精緻な技法は現在でも高く評価されています。

あまりにもリアルな造形なので、好き嫌いは分かれるところですが、個人作家の草分けとして、地元の偉大な先達として、きちんと鑑賞して学んできましょう。

posted by かまなりや at 17:28| 焼きもの

2019年06月15日

 4k減




半年間の繁忙で体重が4kg落ちてしまいました。肯定的に解釈すれば減量に成功したとも言えるでしょうけれど、ヘロヘロに疲れての体重減は、不本意です。気がついたのは先月末、江戸川の銭湯で体重計に乗った時ですので、以来せっせと過食気味に食べていますからある程度は復旧したことと思います。が、我が家には体重計がないので確認はできておりません。一丁、買うかな体脂肪も計れるやつを。

女房(肥満)には、蓋し反対されるでしょうな。

画像は先日久しぶりに見た阿佐ヶ谷駅前のメタセコイヤの木。随分大きくなりました。

posted by かまなりや at 06:48| 時事・私事・家事

2019年06月13日

 となりのバナナ




お隣の方からバナナを頂戴しました。町内にお持ちの畑(ハウス)で採れた物だそうです。早速食べてみたらいや、美味いこと、美味いこと。ビツクリしました。温暖化するとこういった良い面もあるのかなと、少々楽観しています。

自作の緑釉の角皿に盛ってみました。意外とケンカせずに受け止めているように思います。この意匠を発案した織部さんはやはり偉かったですな〜。

posted by かまなりや at 18:58| 水・酒・食材

2019年06月12日

 キーボード




iPad用のキーボードを購入しました。短文の入力はフリックで充分なのですが、少し長い文章を打ち込みたいときにはやはり物理キーボードが欲しくなります。ネットには多種多様な機種が網羅されていますが、シンプルで比較的口コミ評判の良い物を選んでみました。早速使ってみたところ、小型なので配列に慣れるのに少し時間がかかりそうですが中々打ちやすく良い感じです。マウスはありませんが、そこはそれタブレットですからタッチパネルでさくさくと動作、小さなノートパソコンに早代わりといった風情です。

普段自宅で使っているPCは旧弊なWin機で、OSは7ときていますからサポートは秒読み状態・・・ またぞろOSのアップグレードなどという手間が億劫ですが、いずれは避けて通れないところ。でもまあ、持ち歩き用はこのiPadノートで遜色はありません。この際いっそ自宅用もアップル社の物に差し替えようかという誘惑にも駆られますが、Win機も必要になるのは明白。

上手に使い分けていく。と、いうことですかな。

posted by かまなりや at 17:16| パソコン・デジカメ