2019年02月23日

 かにかん




家人が夕刻より外出、畢竟私はホームアローン。

鬼の居ぬ間に命の洗濯、家宝の蟹缶をばばーんと開けて(久しぶりに缶切りを使った)贅沢な晩酌だー。

カニマヨ、美味いぜー!

posted by かまなりや at 18:17| 時事・私事・家事

2019年02月21日

 勝 訴




福島原発かながわ訴訟の判決が昨日言い渡され、地裁は国と東電の賠償責任を認めました。実は、陶芸教室の生徒さんに原告団の関係者の方がいらっしゃって、私も人事ならずこの訴訟の行方を気にかけてきました。それでなくとも避難生活という苦しい環境の中、訴訟を戦うのは更なる苦難と思うのですが、辛抱強く戦った結果が良い方向に決着し、末席ながら感慨無料でした。とは言え、汚染された故郷が元通りになるわけもなく、失った物はお金では買い戻せません。

火を使うようになって、人は火傷を負うことも覚悟しなければならなくなりました。マッチのような小さな火ならば火傷もたいしたことはありませんが、原子力の火は大火傷に加えて放射線という恐ろしい副産物まで背負わざるを得ない『大きく危険な火』です。それでも使い続けることをやめない理由が理解できませんが、政治というのは特異的思考の組織であって、庶民から遥か遠くにあるものなのでしょうか。

法的には勝ったのでしょうけれど、心の澱は澄むことはありません。

posted by かまなりや at 18:47| 哲・考・生

2019年02月20日

 いっとき




いよいよ年度末の繁忙期にさしかかりました。年度内の日程は蟻の這い入る隙間も無く(相変わらずの組み立て下手…自業自得です)今月は7日に一日休みを作れただけで、あとは無し。来月もびっしり詰まってありがたい限りです。(と、強がってみる)そんな中でも、ふとしたことで一時の息抜きはあるもので、画像は昨日の午前中江戸川への通勤途中に撮った一枚。

都内新大橋通り日本橋蛎殻町の交差点での信号待ち、ふとルームミラーを見ると後の都バスの金属の銀杏のエンブレムに私の車が写っていました。それをiPadで撮ったら面白い写真になりました。忙しい中でもほんのひと時こういったことがあると気持ちが穏やかになるもので、忙しさの渦中でも一瞬立ち止まって周りを見る気持ちを忘れないようにしたいものです。

帰宅の時間には満月が拝めるかと思って楽しみにしていましたが、残念ながら雨降りになりました。兎角侭ならぬ浮世ではありますが、この世も捨てたものではありません。いかに楽しむかはこちらの心の持ち方次第、詰まらぬ人生を送るより、いと可笑しき生き方を選びたいと思います。

posted by かまなりや at 19:33| 時事・私事・家事

2019年02月14日

 バッケ




今年はフキノトウがたーくさん出ました。アキタブキ(オオブキ)のものなので蕗の薹も頗る大きいのですが、画像では比べる物が無くてちょっと分りづらいですかな。(Lサイズの卵くらいはある)今年はそんな訳で蕗味噌をいつもの年より長く楽しんでいます。家人の郷里岩手ではフキノトウは『ばっけ』と呼ばれます、だから蕗味噌は『ばっけみそ』。語源は諸説あるようですが、アイヌの言葉に由来するという説が好きです。気になる方は調べてみて下さい。

さて、今日もばっけ味噌をアテに先日益子で買ってきた『四季桜』の本醸造を熱燗にしていただきましょう。

おつかれさまでした〜。

posted by かまなりや at 18:11| 時事・私事・家事

2019年02月13日

 しょくれぽ


11〜12日にかけて、仕入れと打ち合わせを兼ねて益子へ行ってきました。が、撮った画像は只の3枚だけ。内2枚がこれです。と、言うわけで美味しかったお料理についてレポートさせていただきます。

こちら、宇都宮市針ヶ谷町のレストラン『トモクラフト028カフェ』さんのカレーです。鎌倉アトリエenの岩本さんの元ご同僚がやっている所謂おうちカフェ。民家を改築した小体なお店は静かな住宅街の中にあり、アットホームな空間で、ランチには美味しいカレーと軽食がいただけます。カレーはスパイシーとマイルドが選べ、へなちょこな私は迷わずマイルドをお願いし、辛過ぎないカレーを美味しくいただきました。画像からも見て取れると思いますが、よーく煮込んだであろうカレーは旨味が凝縮されていて黒米入りのご飯とあいまって体にすーっと沁みこみます。洋食なのでそぐわない表現でしょうけれど、薬膳といって差し支えないと思います。インドの文化が日本で素晴らしい薬食となって根付いていることに感慨深いものを感じずには居れないお味でした。こちらは朝食の時間帯も営業しているとのこと。近くだったら繁く通いたいお店です。


こちらは益子『キッチンスロープ』さんの鹿肉のロースト。軟らか〜くてクセの無い鹿肉に絶妙な火の入れ具合で、ほんのり甘めのソースがトロリとかかってそれはそれは美味でした。スロープさんは基本、夜の営業はしていないのですがKINTAさんのご紹介ということもあって前もってお願いすると可能な場合に限りやって下さいます。この日の宵も前菜からパスタに至るまで季節の食材をふんだんに取り入れたお料理とオーガニックワインで極上の幸せを味わいました。シェフの坂口さんの食材への心配りと、安全で美味しい野菜の取り合わせの絶妙は唸るばかりです。画像はありませんが、旬のいちご(とちおとめ)とモッツアレッラとトマトの前菜はそれはそれは新鮮で美味しかった〜。

食事は裏返せば残酷な大殺戮ですが、美味しい物を食べる幸福は世界万民共通。生きるための殺生は正当化されますので、余さず美味しく有り難く頂戴いたしましょう。

お命、大事にいただきました。感謝!

posted by かまなりや at 19:09| 水・酒・食材

2019年02月10日

 どられこ




車に固定していた携帯電話から撮った画像です。動画をトリミングした物なのでバランスの悪い画ですが、ドライブレコーダーはこういった感じに映るのでしょうね。違反で停められた運転手さんはきっと、払わなくても良い税金を取られちゃったのでしょう。実は我が家の前の道路では実に頻繁に一時停止の取締りをしています。何もパトカーで追っかけなくてもよさそうなもんですが、捕まってしまっては申し開きのしようもありませんねぇ・・・一時停止はきちんと停まりましょう。

なんにもせ、お気の毒です。

posted by かまなりや at 18:16| 自動車・乗り物

2019年02月09日

 初積雪




予報どおり朝から雪が降って、日中は思ったほどでもなかったのに夕方になってまたひとしきり降った雪で庭にうっすら白く積もりました。きれいな景色ですが、寒いです。一昨日の暖かさで咲き始めた川津桜もしょんぼりしちゃいました。俳句の世界では、立春を過ぎた後の寒の戻りを『冴え返る』と表現しますが、正にそんな一日でした。

さーて、お燗酒を呑んで生き返るとしましょう。

posted by かまなりや at 17:01| 時候・紀行・鑑賞

2019年02月07日

 まきろん




昨日18時から全ての電子機器をシャットダウンしてOFF状態となった今日は、ゆっくりとした気分で献血に行ってきました。行きつけの献血ルームに午前10時着、予約をしていたので受付もスムーズ、事前問診・採血も滞りなく、本採血の機器は縁起の良いNO1号機の新型トリマ、更に私が一番信頼を置いている看護師(勝手に一目置いているだけですが本当に上手なのです)Nさんが穿刺担当でスンナリと針も通り血小板の成分献血は60分設定で、その間フロートが滞るアラームも一度も鳴らず、(だいたい採決中何回かはアラームが鳴る)頗る順調に終了しました。更に更に、記念の品に今日はマキロンのハンドソープ(これは基本、全血の献血用記念品で、成分ではあまり貰えない)をゲットしてダブルハッピーちゃん。

こういう巡り合わせもあるのだなぁと思いながら家に帰って女房にハンドソープを渡すと、『でかした!』と喜んで呉れました。そんなわけで今日は、何とも良いこと尽くめのオフでした。たまにはこういうこともあるんですねぇ。

いや〜、献血って本当におもしろいもんですねぇ。(水野晴郎さんの名台詞、わかるかな〜!?)

posted by かまなりや at 19:57| 養生話・献血・湯屋

2019年02月06日

 あめふり




関東横浜にも久しぶりにまとまった雨が降りました。冬の間休んでいた植物が目を覚ますには持って来いの天水でしょう。そんな雨の中、先月実施予定がインフルエンザで延期になっていた旭区の保育園さんへ陶芸教室に行ってきました。インフルに罹っちゃったお子さんたちもすっかり元気になり、楽しい作品を一緒に作ってきました。

さて、七ヶ所の保育園教室がすべて終わりました、あとは焼くばかりです。お正月明けからこっちそんなこんなで頗る付きに繁忙でした、が、明日は4週間ぶりに丸一日休暇をとります。今日は薪で焚いたお風呂(今焚いてます、画像はその煙突部)にゆっくり浸かって体をほぐし、明日はぼんやりして脳をほぐしましょう。

そんなわけで私、本日18時以降明日の24時まで全ての電子機器をシャットダウンして文字通り『OFF』と、なります。お問い合わせ等は、本日の午後6時までにお願いいたします。

posted by かまなりや at 17:43| 時候・紀行・鑑賞

2019年02月04日

 イモノイチバ→マシコ




今年5月は、天皇陛下の即位でお祭りムードに拍車がかかる様子ですが、そんなゴールデンウィーク陶器市の真っ只中に芋乃市場が益子に出張します。昨年の秋から、着々と、水面下で、秘密裏に、練りこんでいた企画です。詳しくはこれから詰めていくのですが、会場と日時は決定しました。そこで、主催者自らリークさせていただきます。(秘匿する理由など毛ほども無いのにリークもないもんだ)

期間は、5月3(金)4(土)5(日)の3日間、会場は益子駅から徒歩8分ほどの国道沿い、とにかく広〜い工場跡地(画像はその正面)です。詳細が決まり次第、イベント特設サイトを立ち上げます。楽しい催しにするつもりですので、お時間のある方はぜひ栃木の益子へお越し願います。

会場グーグルマップ

posted by かまなりや at 19:29| イモノイチバ

2019年02月02日

 しもばな




昨夜から雪が降るという予報でしたが、関東横浜新井町には目立った降雪は無く助かりました。が、朝、自動車のフロントグラスにはびっしりと霜の結晶が。とてもきれいでしたが、溶けるまで動けなかったのでイライラしながらも、美しいので写真を撮りました。『霜花』『霜華』『霜羊歯』などと呼ばれるようです。

日本の冬は表現もまた、美しいですね〜。

posted by かまなりや at 00:00| 時候・紀行・鑑賞

2019年01月31日

 おしまい




平成31年最初の、そして平成最後の1月の芋乃市場が終わりました。(ややこしい!)

今月の芋乃市場も大勢の方にお越しいただき、盛況でありました。ご来場下さった皆様には、誠にありがとうございました。寒いにもかかわらず冷たい『もり』のおそばも好調で、且つ、いつもはおそばに押されて注文の少ないうどんも同じくらい順調に召し上がっていただきました。やはり寒い時分にはあったけぇうどんが美味しいですよねぇ。さて明日からはいよいよ二月、立春も間近です。

春は米粒ひとつぶずつ、近付いてきていますぞ〜。

posted by かまなりや at 18:01| 芋乃市場

2019年01月28日

 ほいくえん




今月は保育園の出張陶芸教室であちらこちら廻っております。画像は一昨日伺った園でお土産にいただいたカレーを自家製のうどんにかけてみた『保育園カレーうどん』むっちゃ美味しかったです。実はこちらの園の給食の先生は腕利きの料理人さんで、保育園のカレーと侮る無かれスパイスの味がしつつも辛くなく、旨味がしっかりした逸品なのです。当日のお昼は鶏肉のお料理とヒジキの煮豆でしたがこれまた美味でした。毎日食べられる保育士さんたちがうらやましいーーー。

さて、今年は保育園でもインフルエンザが大流行で、予防接種を受けている大人でもコロリと罹患して大変なようです。長くお世話になっているベテラン保育士さんも『こんなのは初めてです』と、驚いているくらい。幸い私はウィルスに好まれぬらしく、予防接種を受けていないにもかかわらず一向発病いたしません、ありがたいことです。まあ、年度内のスケジュールはびっしりで風邪などひく隙間は無いのですから、ウィルスに好まれないのは勿怪の幸い。栄養を取って睡眠を削らず、寝る前にはしっかりと古今の妙薬『般若湯』をきゅう〜っと服用して備えましょう。

そうこうしているうちに季節は立春に近付いて、春も、もうすぐそこです。インフルなどに罹ってしまった皆様にはどうぞお大事に、お元気な方も重々お気をつけ願います。

posted by かまなりや at 18:21| 時事・私事・家事

2019年01月26日

 はくさいづけ




待ちに待った『白菜漬け』が、できあがりました。

さーひと口食べてみましょうねー、美味しいですねー、ぱりぱりしてますねー、お酒がすすみますねー、ほんとーに、うまい、うまい、うまい、白菜漬けができましたねー、びっくりしましたねー。それでは、さよなら、さよなら、さよなら。

(あまりの美味しさに淀川長治さんになってしまいました。わかるかな〜?)

posted by かまなりや at 18:43| 梅干し・漬物・保存食

2019年01月24日

 しょうが




これ、生姜です。もう何年も糠床の中に居て、すっかり痩せて小さくなりましたが、正真正銘の生姜です。ショウガの保存に糠床に埋めといた(かなり大きくて立派な生姜だった)のですが、ついぞ使う機会が無く、ずーっと糠床の主として永らえてきました。最早神々しい姿になっていて糠床の仙人様と位置づけて大事にしています。

そんな徳の高い身分になってしまわれた生姜様ですから、多分もう、食べることは無いと思います。どうぞその身が磨り減って糠床と一体となるまで、菌類たちをお守り下さい。

パン パン(柏手)

posted by かまなりや at 18:26| 梅干し・漬物・保存食

2019年01月23日

 りんごく




今日は本来、旭区の保育園さんで陶芸教室の予定でしたが、インフルエンザで園児さんたちが軒並みお休みということで延期になりました。然しながら空いた時間を調整して午前中は港北区の保育園さんに打ち合わせに伺い、午後は明後日からの芋乃市場用のうどんを打ちました。忙しく午前午後を走りぬいてホッと一息、午後三時のお茶にお土産にいただいた韓国のトウモロコシ茶と中国のお菓子でゆっくりと寛ぎました。

政治の世界ではお隣の友好国とキナ臭い小競り合いが耐えませんが、焼き物屋からしてみると隣国である韓国、中国は歴史的にもお手本の焼物王国ですので、仲良くしていきたい大先達です。中華人民共和国産のお菓子を噛み噛み、大韓民国産のお茶を飲んでゆったりした時間を過ごしながらも、外交的ほろ苦さを味わった気がしました。

ともあれ、庶民は政治的なことは措いといて、各国の食文化を尊重摂取して鋭気を養い、インフルエンザなどに罹らぬよう怠り無く予防いたしましょう。1月も下旬、がんばって行きましょー。

posted by かまなりや at 20:05| 水・酒・食材

2019年01月22日

 しゅとこう




今日は江戸川へ向かう朝の首都高速の渋滞にボックリと嵌りました。原因は事故、湾岸線大井南付近での事故で一車線規制となった湾岸線は東京に入ってすぐの湾岸環八あたりからベタッとノロノロ・・・渋滞を抜けるのに小一時間かかりました。冬場の首都高渋滞は、トイレに行きたくなったらどうしようといつも疑心暗鬼に駆られます。PAが少ない首都高で、渋滞している中お腹が差し込んだりしたらと思うとゾッとします。湾岸線東行きは大黒ふ頭を過ぎたら、大井のPAまで他の線に入らない限り用は足せません。きっと、車内で粗相をしてしまった経験のある運転手さんはけっこういらっしゃるのではと思います。

私の場合、首都高速を利用する際には入り口付近のコンビニなどで念入りに絞ってから乗り込みます。

posted by かまなりや at 00:00| 自動車・乗り物

2019年01月21日

 芹




鍋物用に買ってきたセリの根っこを水栽培しています。数日で芽が出たあとは窓辺の冬の陽に向かってモリモリ伸びてき行きます。夏場は豆苗の水栽培がぐいぐい伸びて嬉しいですが、この時季はセリがとても嬉しく感じます。

茨城に住んでいた二十代の頃、春先の田んぼの用水路の小川(茨城弁ではミーコと言う)にセリとクレソンが混生していて、よく摘んで食べたものです。野生の野ゼリは小さいながらも香りが強く、少々アクも強いのですが美味しかった記憶があります。我が家の界隈にはには田んぼが無い(50年前くらいにはあったんだよなぁ)ので畢竟ミーコも無くセリは採れません。が、窓辺の水栽培を眺めているだけでも何やら良い気分です。今年は七草粥を食べませんでしたが、もう少し伸びたらお粥にでもして食べましょう。

今夜は満月、セリは東側の窓辺においてありますので月明かりでまたまたぐっと伸びることでしょう。

posted by かまなりや at 18:40| 水・酒・食材

2019年01月17日

 不 二




この時季、我が家のお便所の建具には時折り『富士山』が出現します。寒い寒い冬の朝に、結露する窓の模様がそう見えるだけなのですが、コレが出るとけっこう嬉しいです。一月も半ば、寒の時期真っ只中です。流感の蔓延も気になるところ、どうぞ皆様ご自愛のほど。

寒中お見舞い申し上げます。

posted by かまなりや at 18:22| 時事・私事・家事

2019年01月16日

 皮 蛋




お正月に台湾土産のピータンを貰ったのですが、あまり得手な食材ではなかったので、ちょこっと敬遠していましたが『松花皮蛋』という中々に良い物だということで、おかゆと一緒に食べてみました所謂『ピータン粥』です。やはり、ピータン特有の芳香がちと苦手ではありますがお粥と一緒に食べると緩和されて美味しくいただきました。調べてみたら、ピータンは発酵食品ではないのですねぇ、アルカリで固化させる製法のピータンは熟成食品と呼ぶべきでしょうか・・・てっきり発酵だと思ってました。

子供のころ、セロリの香りが苦手でした。ごく最近まで、パクチーも苦手でした。が・・・今ではセロリもパクチーも大好物です。慣れると病み付きになるのがこの手の香り物、いずれピータンも大好物になるかもしれませんねぇ。さていつになるやら、それはそれで、楽しみです。

posted by かまなりや at 00:00| 梅干し・漬物・保存食